挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

23 セルロア王国式典篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

801/1734

23-37 再考/マキナ出動

 仁は、ここで『デウス・エクス・マキナ』を登場させることにし、老君に連絡を取る。
「老君、『ペガサス1』にマキナを乗せて出撃させろ」
 だが、老君から返ってきた返答は、仁が予期しないものであった。
御主人様(マイロード)、マキナ出動は問題ないと思いますが、『魔法無効器(マジックキャンセラー)』の使用はご再考下さい』
「どうしてだ?」
『はい、その場には各国首脳が集まっています。彼等の前で、例えマキナが、とはいえ、『魔法無効器(マジックキャンセラー)』を使ったらどう思われるでしょうか?』
 仁ははっと思い至った。隣で聞いていたエルザも同様だ。
『リヨン』のみならず、魔力素(マナ)タンク仕様の魔導具は全て停止することになるのだ。
 それはつまり、今の世界秩序を破滅させられるということでもある。
 もちろん仁は乱用するつもりはないが、他人はそうは思わないだろう。
「……確かにな」
 現場におらず、広い視野で現状を分析できる老君ならではの意見であった。
「そうすると、現状の打破には……」
 仁は、眼下の様子を再確認した。
「もう逃げ遅れたものはいないようだな……」
『リヨン』の動作は、仁から見れば鈍い。人々が避難する時間は十分にあったのだ。
 だが。
「……やっぱりか」
 リシャール王の発した『暴れろ! 壊せ!!』は、周囲全てに適用されるらしい。明確な目標を設定していないのだから当然の帰結とも言える。
 暴走した『リヨン』は、ギョーム離宮のみならず、周辺施設にも襲いかかっていたのである。
「放っておけば、町にも被害が出るだろうな」
「……ジン兄」
 エルザも心配そうだ。仁はそんなエルザを安心させるように、別の策を説明した。
「大丈夫だ。既知技術で『リヨン』を止める方法はもう1つある。老君、マキナの準備は?」
『はい、御主人様(マイロード)。準備完了しています』
「よし。ランド部隊は?」
『はい。ランド11から20まで、出動準備が整っています』
「それならいい。いいか、今から俺は蓬莱島へ行く。全属性の魔結晶(マギクリスタル)10個を用意しておいてくれ」
『わかりました』
 今度は理由を聞かず、老君は仁の指示を受けた。仁はエルザに声を掛ける。
「エルザ、今から俺は蓬莱島へ行ってくる、多分数分で戻れるだろう。詳細は戻ってから話す」
「うん、わかった。その間、操縦室には誰も入れない。行ってらっしゃい」
「礼子も頼むぞ。それじゃ、行ってくる」
 操縦室内にこっそりと設置されている転移門(ワープゲート)を使い、仁は蓬莱島へ飛んだ。
御主人様(マイロード)、準備は整っております』
 司令室のテーブル上には、10個の全属性魔結晶(マギクリスタル)が乗っていた。
「ご苦労」
 一言老君を労った仁は、時間が惜しいとばかりに、早速工学魔法を使い、加工を開始した。
「……『書き込み(ライトイン)』」
 そうして出来上がる、10個の魔導具。仁はそれを老君に託した。
「これをランドたちに持たせて出動させてくれ。俺は『コンロン2』に戻る」
 慌ただしい帰島であった。
「ジン兄、お帰りなさい」
 きっかり5分で『コンロン2』に戻った仁をエルザと礼子が出迎えた。
「お父さまの留守中、異常なしです」
「わかった。もうじき、ランド隊が転送されてくる」
 どこから、というのがわからないように、『不可視化(インビジブル)』を使いながら、である。
 傍目には、どこからともなく現れたように見えるだろう。
「お、来たな。よしよし」
 そのランド隊が暴れている『リヨン』に近付くと、一瞬で『リヨン』が停止した。
「……どうして?」
 エルザの当然ともいえる疑問。
「エルザも知っている……というより、酷い目にあった魔法さ」
 ヒントを出す仁。エルザはそれを聞いてすぐに気が付いた。
「……あ、もしかして、『消去(イレーズ)』?」
「正解だ。『消去(イレーズ)』なら、同類の『隷属書き換え魔法』を統一党(ユニファイラー)が使っていたしな」
 怪しまれること無く『リヨン』を停止させることができるというわけだ。
「……やっぱりジン兄、すごい」
「いや、俺だって、はじめは『魔法無効器(マジックキャンセラー)』を使おうと思ったさ。だけど老君に言われて気が付いた。気軽に人前で使っていいものじゃないよな」
「……ん、確かに。『重力制御魔導装置』とか、『結界爆弾』とかも……」
「だな」
 眼下では、23体目の『リヨン』が停止するところであった。

*   *   *

『リヨン』による被害を少しでも減らそうと、フリッツは『ゴリアス』で対抗していた。
 彼が相手取っていた『リヨン』は12体。
『リヨン』の素早さは体躯の大きい『ゴリアス』に勝っていたが、単に『暴れろ』という命令を受けただけなので、詳細な指示を受けて動く『ゴリアス』に及ばなかったのである。
 とはいえ、12体と5体、数の差は歴然としている。
 2対1なら何とかいなせたが、3体に囲まれると『ゴリアス』の分が悪い。
 そしてついに、『ゴリアス4』が倒されてしまった。
「くっ……! そろそろまずいか……」
 フリッツが残る4体の『ゴリアス』に退却を命じようとしたその時。
「ん?」
『リヨン』が突然停止したのである。 
 動作途中で停止した『リヨン』も3体あり、ゆっくりと倒れていく。
 それらが地面に倒れ込んだとき、大きな音を立てたが、その後離宮周辺は不自然なほど静かになった。
 23体の『リヨン』全部が停止していたのである。
 地上にいて、停止した『リヨン』を見たフリッツは、驚きながらも現状を把握しようと努めた。そして。
「いったい何が起きたんだ?」
 その時、フリッツは、小さな影……『リヨン』に比較して、という意味である……が、『リヨン』から飛び降りるのを見た。
「あれは……いったい?」
「私のゴーレムだ、フリッツ殿」
「うおわっ!?」
 いきなり背後から声を掛けられ、フリッツは文字通り飛び上がった。
「すまんすまん、驚かせてしまったようだな」
「マキナ殿……?」
 以前、フリッツとグロリアたちが『もどき』相手に苦戦していた時に助けてくれたデウス・エクス・マキナがそこにいた。

*   *   *

「あ、あれはマキナ殿のゴーレム!」
『コンロン2』の窓から地上を見つめていたグロリアが叫んだ。
 彼女が『アルシェル』と名乗る魔族の少女が操る『ギガントーアヴルム』、巨大ハサミムシに襲われた時に助けてくれたゴーレムであった。
「マキナのゴーレムだと?」
 グロリアの言葉を聞いた面々は地上を注視した。が、マキナとそのゴーレムが何をやったのかまではわからない。
「皆さん、危機は去ったようです」
 その時、操縦室の扉を開け、仁が顔を出した。
「ジン殿、『リヨン』が止まってしまったようだが、どういうことか貴殿にはわかるだろうか?」
 すかさず、ブルウ公爵が質問を投げかけた。それはこの場にいる全員の疑問でもあったろう。
 仁は少し考える素振りを見せてから返答した。
「おそらく、『隷属書き換え魔法』の一種、『消去(イレーズ)』ではないかと。ここからではそれしか言えません」
「そうか……」
 ブルウ公爵は、エゲレア王国での『ゴーレム園遊会(パーティー)』の折、統一党(ユニファイラー)が使った『隷属書き換え魔法』の恐ろしさをまだ覚えていた。
「エルラドライトを使っていないようですから、距離があっては効果が無いため、『リヨン』に接触して使ったのだと思われます」
「なるほどな」
 仁の説明に納得する人々。そしてこれでようやく騒動も終わりかと、皆、胸を撫で下ろしたのであった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20150508 修正
(誤)23対の『リヨン』全部が停止していたのである
(正)23体の『リヨン』全部が停止していたのである

(誤)地上にいて、停止した『ゴリアス』を見たフリッツは
(正)地上にいて、停止した『リヨン』を見たフリッツは

(誤)明確な目標を設定していないもだから当然の帰結とも言える
(正)明確な目標を設定していないのだから当然の帰結とも言える

(旧)エルラドライトを使っていませんから、『リヨン』に接触して使ったのだと思われます
(新)エルラドライトを使っていないようですから、距離があっては効果が無いため、『リヨン』に接触して使ったのだと思われます
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ