挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

22 新たな展開篇

745/1622

22-13 北限の地へ

 蓬莱島に戻った仁は、さっそくエルザとサキに詳しい報告をした。
古代(エンシェント)(ドラゴン)の抜け殻だって!?」
 サキが食い付いた。
「ジン、探しに行くんだろう? 行くよね!」
「あ、ああ」
 サキの勢いに気圧されつつ仁は返事をした。
「でも、準備をしないと。問題は凍結竜(フロストドラゴン)
「そうなんだ。おそらく、『超冷却(アブソリュートゼロ)』に近い魔法を放ってくると思われる」
 仁の分析。おそらくそれは正しいだろう、とエルザも頷いた。
「と、すると対抗策だな」
「お父さま、今まで作った武器では不十分なんでしょうか?」
 不思議そうな顔をする礼子。
「いや、適切な武器が欲しいんだ。単体相手なら、『光束(レーザー)』でも『魔力砲(マギカノン)』でもいいと思うが、威力が強すぎる。凍結竜(フロストドラゴン)だって数が少ないだろうし、生態系に影響を及ぼしたくないし」
「くふ、なるほどね。ジンらしい考え方だね」
 サキも微笑みながら賛成してくれた。
「そうすると、寒さに対抗して火属性魔法と言うことになるのかい?」
 だが、仁はサキの意見を否定した。
「いや、それは効率が悪すぎる。対抗するんじゃなく、影響を受けにくい属性を使った方がいいと思う」
「……わかる。そうすると、雷とか光とか?」
 エルザも理解を示す。
「そうだな……」
 そこへ礼子が発言。
「お父さま、追い払うだけでよろしいなら転送銃で十分では?」
 転送銃は転送機の原理を用い、対象を遠くへ転送してしまう銃だ。発射するのは魔力の波動であり、弾丸ではない。
 その性質上、転送先は決まってしまうし、消費エネルギーの関係で単発式か、せいぜい2発までしか撃てない。
「それもそうだな。転送銃を少し改良して、魔力素(マナ)はカートリッジ式にして使い勝手を上げればいいか。あとは効果範囲を広げて、巨大な竜に対応する、と」
「ん、いいと思う」
「非殺傷だしね、ボクもいいと思うよ」
 ということで、仁はさっそく改良に取りかかることにした。
 場所は1階の仁の工房に移し、検討を再開。
魔力貯蔵庫(マナタンク)の形を決めて規格化し、空になった物には再チャージすれば使えるようにする、でいいかな」
 イメージは単4型の充電池である。
「……こういうところも規格化した方が、いい」
「そうだな」
 エルザの助言に従い、思いつきで作るのでなく、後々のことを考えてみることにする。
「そう考えてみると乾電池ってそれなりにうまく使われてるな」
 ただしボタン電池は除く、と仁は追加で考える。あれはややこしすぎる……と。
 Ⅰ型として、大体単4電池大のものを作り、以降の標準とすることにした。Ⅱ型以降はまたその時考える。
「いいと思う」
 エルザも賛成してくれた。
 魔結晶(マギクリスタル)を円筒形に整形し、魔導式(マギフォーミュラ)を刻む。
「……何、それ」
 今回、仁は魔結晶(マギクリスタル)の内部に刻んでいたのである。クリスタルガラスなどの内部にレーザーで3D彫刻をするイメージだ。
 さすがに表面に刻むときほどの精度は出せなかったが、魔力貯蔵庫(マナタンク)としての用途であるから十分である。
「ん? こうすると摩耗で魔導式(マギフォーミュラ)が消えたりしないだろう?」
「……言っていることはわかる。でもそれを実行する、ということが凄い」
「まったくだね。やっぱりジンは『魔法工学師マギクラフト・マイスター』なんだなあ、って思うよ」
 サキにもその技術の高さは感じ取れた。

 こうして、まず20個ほどのカートリッジ式魔力貯蔵庫(マナタンク)を作った仁は、続いて転送銃にとりかかる。
「どうせなら、他の機能も付けた方がいいかなあ」
 気が多い仁に対し、エルザが忠告する。
「でも、いざという時に転送銃として使えないとまずいと思う」
 専用の使いやすさと汎用の便利さ、どちらを取るかと言うことになる。
「そうか……そうすると……」
 仁は、普通に使うと転送銃、特定の操作をすると麻痺銃(パラライザー)やレーザーガンになる様にしたらどうだろう、と提案する。
「最初に設定をしておいて、設定を変えるには一定の操作が必要になる様にしたらどうだろう?」
 うっかり別の設定になっていたらまずいのでセーフティをしっかり掛ける、ということだ。
「ん、それなら」
「うん、じゃあそれでいこう」
 こうして仁は、本格的な加工を始めた。
 エルザは仁の技術を学ぼうと注視している。
 サキは単純に仁の手際の良さを鑑賞している、といった風情だ。
 礼子は素材を準備し、作業に見落としがないか、全体をチェックしていた。

 1時間後、5丁の新式転送銃が完成した。デザイン的にはルガーP08に似ていなくもない。
 カートリッジはグリップ先端の蓋を開けて、電池交換の要領で入れ替える。薬莢式ではない。
「このボタンを押しながら、後部のダイヤルを回す。1が転送銃、2がレーザーガン、3が麻痺銃(パラライザー)だ」
 ボタンを押さないとダイヤルは回らないのでセーフティになっている。
「もう1つ安全装置があるんだ」
 仁は銃の先端近くに付いた小さな魔結晶(マギクリスタル)を指し示し、説明をする。
「これに魔力パターンを記録しておくと、その相手に向けて撃とうとしても銃は作動しない」
「それ、いい」
 エルザが絶賛した。間違ってファミリーの人間をすっ飛ばしたりしないということだ。
 ファミリーの魔力パターンは老君が記録を取ってあるので、コピーして終了。
「これでよし」
 64軽銀で作られ、軽くて丈夫。表面は赤に発色させた。危険なので目立つ色にしたのだが、雪と氷の北の地で目立つようにという意味もある。 
 仁、礼子、エルザ、サキが1丁ずつ持つ。1丁は予備だ。
「くふ、なんだか少し怖いね」
 荒事とは無縁の生活をしてきたサキは、銃を受け取った時、少し困った様な顔をした。
「今回だけさ。普段はそんなもの必要無いようにしたいものだよな」
 サキ専用自動人形(オートマタ)、アアルに持たせればいいのかもしれないが、残念ながら彼女は基本性能的にやや劣るので、今回同行しない。
「そう、か……隠密機動部隊(SP)も見直す必要があるな……」
 最近の仁は、馬車でなく飛行船で移動することがほとんどなので、隠密機動部隊(SP)は付いて来られなくなっていた。
「飛行性能を向上させるか、別の任務に就けるか、だな」
 守るだけなら、人に準拠せずとも、ミニサイズのゴーレムがいる。彼等なら、ポケットや荷物に潜み、護衛することも可能だ。
「うん、帰ってから考えよう」

 それよりも仁には、もう1つ決めねばならないことがあった。それは移動手段である。
「『コンロン2』だと北極圏はきついかなあ」
 寒気と強風が想像される。寒気はともかく、強風は厄介だ。
「残念だが『ペガサス1』で行くか……」
「お父さま、空からでは古代(エンシェント)(ドラゴン)の抜け殻は見つけづらいのではないでしょうか」
 だが、礼子が反対意見を口にした。
「う、確かに」
 雪に覆われた台地で探し物をするならやはり地上車が必要だろう。
「……『カプリコーン1』を使うか」
 以前、魔族領を訪れるときに作った4足歩行車。
 だが、その機能は今一つ不十分と思われる。仁はちらりとエルザを見た。
「……許可」
 その視線の意味を察したエルザは笑いながら大きく頷く。
「よし、改造だ!」
 極寒の地でも行動できるよう、仁はカプリコーン1の改造を開始することにした。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20130313 修正
(誤)仁はさっそく完了に取りかかることにした。
(正)仁はさっそく改良に取りかかることにした。

(誤)表面に刻むときほどの精密製は出せなかったが
(正)表面に刻むときほどの精度は出せなかったが

(誤)デザイン的にはルガー08に
(正)デザイン的にはルガーP08に

(旧)お父さま、追っ払うだけでよろしいなら
(新)お父さま、追い払うだけでよろしいなら

(旧)デザイン的にはルガーP08に似ていなくもない。
(新)デザイン的にはルガーP08に似ていなくもない。
 カートリッジはグリップ先端の蓋を開けて、電池交換の要領で入れ替える。薬莢式ではない。
 カートリッジの交換方法描写を追加しました。

(旧)ふうん! 古代(エンシェント)(ドラゴン)の抜け殻か!
(新)古代(エンシェント)(ドラゴン)の抜け殻だって!?
 言葉の勢いを考えてみました。

 20150321 修正
(旧)・・・魔力素(マナ)はカートリッジ式にして使い勝手を上げればいいか」
(新)・・・魔力素(マナ)はカートリッジ式にして使い勝手を上げればいいか。あとは効果範囲を広げて、巨大な竜に対応する、と」
 旧仕様では効果範囲が狭い(直径50センチの球形範囲に入るくらい、重量は40キロくらい)なので、ドラゴンに対応する旨の記述を追加。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ