挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

21 海運と遺跡篇

728/1532

21-40 もどき

 1月15日、午前10時。
御主人様(マイロード)、緊急事態発生です』
 工房にいた仁は老君の声に顔を上げた。
 泊まっていたラインハルトとエルザも、工房にいて、同様に耳を傾ける。
「いったいどうしたんだ?」
『はい、旧レナード王国調査隊が大変な事に』
「何だって!」
「……兄様たちも?」
『はい。画像をごらん下さい』
 魔導投影窓(マジックスクリーン)に映されたのは、上空からスカイ21が撮影した画像。
「な、何だあれは?」
『魔導生物ではないか、と推測しますが詳しいことは不明です』

*   *   *

「な、何事!?」
 いきなり背後の土が吹き上がったことで、全員が驚いて振り返った。その目に映ったのは半透明の岩狼ロックウルフ
 いや、岩狼ロックウルフの形をした『何か』だった。
「あ、あれは!?」
岩狼ロックウルフ? いや、違う!」
 形だけは岩狼ロックウルフに似てはいるが、その体表面を覆っているのは毛皮ではない。ぬめっとしたテカり方がそれを証明している。
 そんな岩狼ロックウルフもどきが18体、土を蹴散らして現れたのである。
「……まさか……!」
 その質感には全員覚えがあった。あの謎の半流動体である。

*   *   *

「老君、何、あれ?」
 魔導投影窓(マジックスクリーン)を眺めたエルザからの質問。事ここに至るまでの事情を知らないのだから無理もない。
『推測になりますが……』
 ずっと観察を続けていた老君は、まずこれまでの経緯を簡単に説明する。
「ふうん、あの持ち出した容器の中身を捨てたのか」
『はい。そしてそれを掘った穴に全て廃棄したのです。つまり、期せずして容器の中身を混ぜ合わせたということになりますね』
 それを聞いた仁は、思いつくことがあった。
「それって、もしかして、魔導大戦時の……」
『はい、御主人様(マイロード)。私もそう思います。魔導大戦時の不完全な兵器ではないでしょうか』

 かつて、『ギガース』と言う名称の魔導兵器があった。周囲の魔力素(マナ)を取り込み、自らのエネルギーに変えるという怪物である。
 同じく、ここに封印されていたものも同様のものではないか、と老君は推測した。
 不完全な情報からの推測ではあったが、仁にも、それはかなり的を射ているのではないかと思われた。
『捨てるに惜しく、使うに危険。苦肉の策として辺境の穴蔵に封じ込め、注意書きを添えていたのではないかと』
「うーむ、そして歳月が流れ、何を封印していたのかも伝わらなくなり、注意書きも散逸した……」
『はい、そう推測いたしました』
 とはいえ、怪物の由来が推測できただけで、事態の解決にはならない。
 念のため、アンに尋ねてみたが知らないということであった。

『半流動体の原形質に似たもの。硫酸に似た腐食液。灰色の石。そして岩狼ロックウルフの死骸』
 それらを一つの穴に廃棄したところ、岩狼ロックウルフの姿をした化け物ができあがった。
岩狼ロックウルフでなく人間を加えていたら……』
「ありうるな」
 魔導大戦時の兵器だとすれば、敵の死骸を取り込み、敵の姿を模倣する怪物を作り出したとしてもおかしくはない。
「だとすると、その灰色の石というのが鍵か」
『その可能性は高いです。制御核(コントロールコア)、いえ、魔力核(コア)に相当する物ではないでしょうか』
 そこまで仁と老君が推測を進めていった時。
「兄様!」
 エルザが悲鳴に近い声を上げた。

*   *   *

「うわあ!」
 岩狼ロックウルフもどきの動きは、元となった岩狼ロックウルフに比べたらやや遅い。
 だが、襲ってきた岩狼ロックウルフもどきを斬り付けたところ、剣が溶かされてしまったのである。
 瞬時に溶けて無くなったわけではないが、剣幅が3分の2ほどになってしまっていた。薄い刃の部分が溶かされたのである。
「腐食液を吸収したのだからな……。ということは迂闊に触れないぞ!」
 その様子を見たフリッツが顔色を変えた。
「『ゴリアス』も溶かされてしまうだろうからな……」
 触れられない、剣で斬ることもできない、ということは攻撃手段が魔法しかないということ。
「『風の刃(ウインドカッター)』!」
 だが、元々が半流動体、風属性の魔法とは相性が悪い。岩狼ロックウルフもどきは、切り裂くそばから回復してしまっていた。
「火属性の攻撃魔法を使える者は攻撃してくれ!」
 後ろに下がって距離を取ったフリッツは、全員に聞こえるような声で指示を出した。
「『火の弾丸(ファイアバレット)』!」
 その言葉に呼応し、火属性の中級魔法が放たれた。それは狙い過たず岩狼ロックウルフもどきに命中。
 だが、その程度では岩狼ロックウルフもどきを倒すには至らなかった。身体を半ば消失したものの、次の瞬間には元の形状に戻ってしまう。
 さすがに大きさは縮んでいたものの、決定的なダメージとはなっていなかった。
 気落ちする騎士たち。
 更に悪いことに、馬が驚いて逃げ出してしまったのである。今しも出発しようとしていた矢先のことで、繋がれていなかったためである。
 これで逃げる手段は己の足と『ゴリアス』、それに空に浮かぶ熱気球ということになる。

「『火の弾丸(ファイアバレット)』!」
 再度の攻撃がなされるが、岩狼ロックウルフもどきは怯んでいない。少々身体を焼かれても、大きさが少し縮むだけで、すぐに元に戻ってしまうのだ。
「いや、まったく効いていないわけではない! 続けて放て!」
 そう、大きさが縮んだということは弱体化したことになるのだろう。フリッツはともすれば挫けそうになる騎士たちを鼓舞し続けた。
 そこに、騒ぎに惹かれたのか、はたまた迷い込んだだけなのか、1頭の『牙猪サーベルボア』が現れた。
 牙猪サーベルボアは体長2メートルほどの猪であるが、1対の巨大な牙を持ち、興奮すると突撃してくる。
 この牙猪サーベルボアも、岩狼ロックウルフもどきに驚いたのか、突進して攻撃を仕掛けた。
 その突進を受けた岩狼ロックウルフもどきは、巨大な牙に貫かれたと思ったその瞬間、形を崩し、粘性流動体に戻る。そして牙猪サーベルボアを包み込んだのだ。
 半透明なので、包み込まれた牙猪サーベルボアがどんな運命を辿ったのかが観察できた。
 見ている間に毛皮が溶け、肉が崩れ、骨が溶解する。そして、岩狼ロックウルフもどきだった粘性流動体は、牙猪サーベルボアもどきに姿を変えたのである。

「奴は取り込んだ相手の姿になれるのか!」
 誰かが叫ぶ。これでは、接近戦を仕掛けるのは自殺行為だ。
「『ゴリアス5』! ジェードと女性を乗せろ!」
 フリッツが命を下す。
『ゴリアス』の1体が屈み、両手を差し出す。そこにジェード・ネフロイと、女性騎士2名が乗った。
 そして立ち上がる『ゴリアス』。
 さしあたり、まるで戦闘に向かない3人の安全を確保したフリッツは、ロングソードを構え直した。
 今のところ、『ゴリアス』は攻撃されていない。攻撃対象になっているのは生物だけのようだ。
「全員でゴリアスの上に上がったらどうなるか……」
 岩狼ロックウルフもどきの攻撃を避けながら、フリッツは頭の隅で考える。だが、その考えを実行するには至らなかった。
 岩狼ロックウルフもどきが、『ゴリアス5』に群がり始めたのである。その手の上に乗っている3人を狙っているのは明らかだ。
 その時、上空から『炎玉(フレイムボール)』が降ってきた。熱気球からの攻撃だ。
 ようやく何が起きたのか察し、援護を始めたようだ。
 岩狼ロックウルフもどきの1頭が『炎玉(フレイムボール)』をまともに喰らい、炎に包まれた。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20150224 修正
(誤)触れられない、剣できることもできない
(正)触れられない、剣で斬ることもできない

(誤)1月15日未明、午前10時
(正)1月15日、午前10時
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ