挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

21 海運と遺跡篇

716/1565

21-28 崑崙君

「まずはジン・ニドー卿に、我がエリアス王国としても、『魔法工学師マギクラフト・マイスター』の称号と、名誉士爵位を正式に贈りたいと思う」
 宰相のゴドファー侯爵が切り出した。先日、フィレンツィアーノ侯爵から話を受けていたので、これが正式な認定となる。
「謹んでお受けします」
 仁は頭を下げた。
「つきましては、俺……いえ、私から、お願いがあります」
「ほう、何かな?」
「エリアス王国、つまりエリアス半島の遙か東の海上に、『崑崙島』という島があります。そこが俺……私の拠点です」
「ほう?」
 ついに、仁はその話を切り出した。前日、ラインハルトやエルザ、老君、礼子らと何度も話し合いをした、その結果だ。
「正確には、旧レナード王国の真東になりますが」
 仁は幾つか補足説明をした。

「ふむ……陛下、私としましては問題ないので、認めてよいと考えますが」
 そもそも知られていない島であり、エリアス王国にとってすら関係のない島、と見ることもできる。
 これが、海運が発達してからだといろいろややこしくなるのではないか、というのが仁たちの一致した見解だった。
「わかった。ジン・ニドー卿、我が国は、その『コンロントウ』を貴殿のものと認める。……書面にしよう」
「ありがとうございます。できますれば、『魔素通話器(マナフォン)』にて、各国にそれを伝えていただけるとありがたいのですが」
「うむ、承知した。昼の定期連絡で行うことにしよう」
 ブリッツェン・スカラ・エリアス12世は快く引き受けた。
 これで1つ目のハードルを越えられた、と仁はほっとする。
「ありがとうございます。『魔法工学師マギクラフト・マイスター』として、貴国に、『熱気球』をお贈りしたいと思います。昨日崑崙島を出ておりますので、昼には到着するかと思います」
「おお! それは嬉しい」
 仁を『魔法工学師マギクラフト・マイスター』としたのは、これが欲しいがため、という理由が半分はあったであろう。王、宰相共に喜色満面である。
 まずは、これで1度目の謁見は終わりとする。
 2度目は、昼の定期連絡が終わった後、各国の反応を見てから、となる。

 仁たちは貴賓室に控えることとなった。
「いやあ、ジン、上手くいきそうだな」
 ラインハルトもにこやかな顔をしている。
「ああ、昨夜いろいろと打ち合わせたしな」
 エリアス国王の人となりを仁は知らなかったので、そのあたりはラインハルトが頼りであったのだ。
「昼の定期連絡まであと2時間か……」
 時差があるので、エリアス王国の正午は、ショウロ皇国の午前9時くらい。クライン王国は正午過ぎくらい、セルロア王国で午前10時くらい。どの国も問題のない時刻である。
「その間に打ち合わせ通り、熱気球をこちらに送らせよう」
 ショウロ皇国・エゲレア王国・クライン王国と同型の、熱気球を2機、エリアス王国に贈る予定である。
 実際は転送機で、であるが、崑崙島から飛んできた、という形にするわけだ。
 崑崙島と、エリアス王国首都ボルジアとの距離はおよそ500キロ。時速30キロで17時間弱。昨日から飛んでいるという説明はこれで辻褄が合う。
 操縦してくるのは職人(スミス)ゴーレムだ。
「あと1時間くらいですね」
 礼子が老君と通信で打ち合わせしつつ言った。
「おそらく、崑崙島の件は他の国でも承認されるだろう」
 ラインハルトがゆっくりと、呟くように言った。
「今のところ、崑崙島のある海域は、船で行き来できるような場所じゃないからな。エリアス王国としては何の不利益もこうむらないわけだ」
 エルザが引き継ぐ。
「……で、船がまだ未発達の今が好機、というわけ」
 そして仁。
「そう。旧レナード王国の件も未解決だから、エリアス王国がだく、と言えば他の国も承認するだろう、というわけだったよな」
 一番利害関係が発生しそうなのがエリアス王国であり、そこが承認していれば、他の国としては頷くだろうというのが仁たちの見通しである。
 セルロア王国やフランツ王国ですら、これにわざわざ異議申し立てはしないだろう、と老君も推測していた。
「むしろ、熱気球欲しさに、ジン兄を魔法工学師マギクラフト・マイスターに認定する、といってくるかも?」
 だが、ラインハルトはエルザのその発言を否定した。
「いや、セルロア王国は無駄にプライドの高い国だ。統一党(ユニファイラー)が深く根を下ろしていたこともあって、それはないだろう」
 クライン王国国王治療の時も、動力無しの熱気球を、工作員であったデライト・ドムス・ハンクス元産業相が使っていたことを仁は思い出した。
「ああ、確かにな。旧型ながら熱気球持っているし」
 そして、
「まあ、別に俺は困らないしな」
 そう言ってソファの背にもたれたのである。

 その日の昼過ぎ。
 仁たちは再び国王と面談をしていた。
「先程、昼の定期連絡会で貴殿の要望を話してみたところ、ショウロ皇国・クライン王国・エゲレア王国は問題なく承認した。セルロア王国とフランツ王国も、な」
 宰相の言葉に、仁は胸を撫で下ろした。
「同時に、卿に『崑崙君』の称号も与える、と、各国の意見が一致した」
 この場合の『君』は『領主』の意味である。
 これで2つ目のハードルを越えた。
「ありがとうございました。ところで、そろそろ熱気球が着く頃です」
 仁がそう言った矢先、ノックの音がし、衛兵が連絡を入れてきた。
「東の空から、熱気球が近付いて来ております」
「俺……私が呼び寄せた熱気球です」
「おお、そうなのか!」
「到着をご覧になりますか?」
 仁がそう言うと、宰相だけかと思いきや、フィレンツィアーノ侯爵、そして国王も城の前庭へとやって来たではないか。当然、近衛騎士に守られながらではあるが。
 熱気球は2機。ゆっくりと降下し、仁たちの前に着陸した。
「ご苦労、職人(スミス)
「はい、ご主人様」
 熱気球を操縦していたのがゴーレム、それも言葉を流暢に話し、金属製の外観以外は人間そっくり、ということに、集まった人々は皆驚いていた。
「これがお贈りする熱気球です。使い方はこの職人(スミス)たちに説明させましょう」
「う、うむ」
 早速、担当官が呼ばれる。魔法知識の豊富な中堅の官僚だ。
 そちらは職人(スミス)に任せた仁は、計画の仕上げにかかった。
「もう一つ、私から贈り物があります。ここでは拙いので、先程の部屋に戻りたいのですが」
 職人(スミス)から受け取った筒状の『それ』を手にした仁が提案すると、それはすぐに受け入れられた。

「さて、ジン・ニドー卿、何かね?」
 部屋に戻ると、待ち切れなさそうに宰相が身を乗り出し加減に尋ねてきた。
 仁は手にした筒状の包みを開く。それは1メートル四方もありそうな大きな皮紙。仁はテーブル上にそれを広げた。
「こ、これは!?」
 それは、蓬莱島で作った地図であった。
 ぎりぎり右端、つまり東に崑崙島があり、南はエリアス半島とその南にある幾つかの島々。
 北は、クライン王国、カイナ村付近まで。西はショウロ皇国ロイザート付近。
「空から観察して作った地図です。これを差し上げます。同じ物を、各国に差し上げる予定です」
 その地図は、蓬莱島で使っているものより、かなり簡略化がされている。
 地形はおおよそその通りだが、細かい町・村は省略されており、首都や主要都市だけが載っている。
 エリアス王国でいえば、首都ボルジアとポトロック市、それにフィレンツィアーノ侯爵の居城があるフロレンツくらい。街道も、主要なものだけだ。経緯線も入ってはいない。
 図法も、素人の仁が指導したものなので、メルカトルともミラーとも違う、至極適当な図法であるが、それでも見たものの目を見張らせるものであった。
「……」
 ただ地図に目と心を奪われ、言葉もない国王と宰相、そして侯爵だったが、しばらくしてようやく落ち着きを取り戻したようだ。
 顔を上げて仁を見つめ、問いかける宰相。
「ジン、殿……。これを貰えるのか」
 仁は頷く。
「ええ。熱気球で各国を行き来したり、船で海を航海するためには必要でしょう。個人の作ですので調べ切れていない部分があるのはご容赦下さい」
 だが、仁のその言葉を、宰相は全力で否定する。
「いや、そんなことはない! これだけの地図、はっきり言ってこの世界のどこにも無い。感謝する、ジン殿!」
 仁としては、これにより、熱気球や船舶の事故が防げればいいと思っていたのだ。

 この日、『魔法工学師マギクラフト・マイスター』、『崑崙君』・ジン・ニドー卿が誕生したのである。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20150212 修正
 時差の記述がおかしかったので直しました。
(誤)エリアス王国の正午は、ショウロ皇国の午後3時くらい。クライン王国となると午前11時半。セルロア王国だと午後2時くらい
(正)エリアス王国の正午は、ショウロ皇国の午前9時くらい。クライン王国は正午過ぎくらい、セルロア王国で午前10時くらい

 20150213 修正
(旧)・・・街道も、主要なものだけだ。
(新)・・・街道も、主要なものだけだ。経緯線も入ってはいない。
 経緯線があるとないとでは、崑崙島を特定されるリスクが違いますからね。
 また、六分儀による航法も確立されていませんので意味があまりないわけで。

 20160105 修正
(誤)工作員であったデライト・ドムス・ハンクス産業相が
(正)工作員であったデライト・ドムス・ハンクス元産業相が
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ