挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

03 港町ポトロック篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

69/1717

03-08 マギジェットエンジン

 シグナス(白鳥)が完成した翌日。
 前日同様、マルシアは漁のアルバイトへ行き、仁は蓬莱島へ戻っていた。
「さて、俺の考えが正しいかどうか、だな」
 昨夜、『海鳴亭』のベッドの中で思いついたアイデア。
圧力風(ブロア)
 風魔法の初歩を使う仁。通常、ゴミを吹き飛ばすのに使う魔法である。掌から強風が発生、5秒ほどで止む。
「ふん、やっぱり反動がないな」
 仁は、大抵の魔法に反動がないことに気が付いたのである。通常『作用反作用の法則』と呼ばれるそれは、異世界であっても有効である。
 だが、魔法に関しては成り立っていない。仁はその理由を解析しようとしていた。
「じゃあ礼子、俺が合図したら圧力風(ブロア)を使って見てくれ」
「はい」
 超・自動人形(スーパー・オートマタ)の礼子は、主人を守るため、全部の属性の攻撃魔法を、その主人でさえ使えないような高レベルで使えるようプログラムされている。
「3、2、1、今だ!」
圧力風(ブロア)
追跡(トレース)
 礼子の手から強風が吹き荒れる、その時の魔力の流れを仁は追った。
「今度は強風(ウインド)を頼む。3、2、1、今だ!」
強風(ウインド)
精査(インスペクション)
 今度は、魔力と魔法の働きを調べる仁。
 これを3度繰り返した後、
「わかった! 思った通りだ」
「お父さま?」
 躍り上がらんばかりにしている仁が珍しく、礼子が首をかしげた。
「礼子、ありがとうな。風魔法で、どうして相手だけが吹き飛ばされるのかがやっとわかったよ」
 そうして仁は礼子に説明していく。
「例えば、圧力風(ブロア)の魔法だが、掌から風が出ているように見えて、その実は周囲の空気を集めて発射しているんだ」
 比較的弱い魔法なのでこのような構成で成り立っているのだろうと仁は推測している。
「その発射する際には、反動というものがある筈なんだが、術者はそれを感じることはない。それは、反動を打ち消す魔法が同時に発動しているからさ」
「そうなのですか?」
「ああ。間違いない。空気の流れ、魔力の流れ、魔法の構造、それらを調べた結果だ」
 だが、と仁は一息入れて、
「術式として圧力風(ブロア)強風(ウインド)から、反動を打ち消す部分だけ無くせばいいんだよな」
 仁が理解している範囲において、魔法とは、発動の手順フローを世界に記録する、という行為が始まりにあって、言霊である詠唱の存在、そして魔力素(マナ)の発動と続く。
 魔導具で言えば、魔導基板(プレート)に書き込むように、『世界』に手順フローを記録もしくは記憶させ、それを言霊と魔力素(マナ)によって発動させるのが魔法である。
 この手順フローを新たに世界に記憶させること、それが新しく魔法を創る、ということ。
 この記憶させると言う行為は誰にでも出来るものではなく、それが各魔導士の差となって現れている。
 それはさておき、仁は話を続ける。
「だから、そういう魔導具も出来るはずなんだ」
「お話は理解できました。でも、その最後におっしゃった魔導具、それは何の役に立つのですか?」
 そう言われた仁はいたずらっ子のような笑みを浮かべ、
「まあ見ていろ」
 そうして、倉庫から軽銀を持ってきて、何やら作り始めた。
 さすがの仁も、初めて作ると言うことで若干時間が掛かったが、それはやがて完成した。
「出来た」
 それは、直径10センチ、長さ30センチほどの筒状の物体である。
「お父さま、これは?」
 すると仁はごく小さな魔石(マギストーン)をその筒上部にある蓋を開け、中へ押し込んだ後、蓋を閉めた。そして、
「礼子、この筒を潰さないように気をつけてしっかり持っていろ」
「? はい」
 そして礼子が筒を抱えるようにして持つと、
「起動」
 仁は作動させた。瞬間、礼子が手にした筒からは風が吹き出し、かなりの力で礼子を引き摺ろうとする。
「お父さま、これは?」
「ああ、大成功だな。魔法型噴流推進機関(マギジェットエンジン)だ」
 工学的な命名は比較的まともな仁。
「そのまま、魔石(マギストーン)の魔力が無くなるまで持っていてくれ」
 それは約20分間動き続けていた。
「うんうん、これも思った通りだ」
「どういう事ですか? お父さま」
 1人肯く仁に礼子が尋ねる。
「うん、強風(ウインド)の魔法では、さっき話した反動を防ぐ魔法の部分が魔力の半分以上を消費しているということさ」
「それは、つまり、反動を防がなければ、ずっと少ない魔力しか必要としない、ということでしょうか」
 嬉しそうに仁は肯き、
「そうそう、そういうことさ。さあ、これで空を飛ぶ目処も立ったし、高速艇も作れるぞ」
 プロペラ機より先にジェット機が出来そうな予感を憶える仁であった。
「あっと、そろそろ昼か。とりあえずポトロックに戻ろう」

*   *   *

 海蝕洞窟から出て、ポトロックへ向かった仁は、なんかきな臭いな、と思った。
「お父さま! 火事です!」
 ほぼ同時に礼子が指摘。黒い煙が港方面から立ち上っていた。
「あれは、ドックがある方じゃないか?」
 嫌な予感がした仁は走り出した。礼子も続く。
「ああ、ドックが!」
 遠目にもわかる。火元はマルシアの借りているドックだった。中から真っ赤な炎がのぞいており、煙を噴き上げて手が付けられない状態である。
「礼子、消せるか?」
 仁がそう言った直後、海水が巻き上がってドックへ殺到した。白い湯気が上がり、大量の海水によってたちまち火は消えていく。
「あれは?」
水の奔流(ウォーターストローム)ですね」
「ラインハルト、か」
 その魔法を使っているのは昨日出会ったショウロ皇国の魔法技術者(マギエンジニア)、ラインハルトであった。
 ドックが火事に! はたして『シグナス』は? そして犯人は?
 お読みいただきありがとうございます。

 20130822 20時37分  表記修正
(旧)以前出会ったショウロ皇国の
(新)昨日であったショウロ皇国の
 前の日ですからね、ラインハルトと出会ったのは。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ