挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

03 港町ポトロック篇

68/1478

03-07 シグナス、進水

「なんだい? これは?」
 オールとは似ても似つかない部品に、マルシアは首をかしげる。仁は、
「まあ見てろって。礼子、組み立てを手伝ってくれ」
「はい」
 重い部品を礼子に持ってもらいつつ、双胴船に取り付けていく仁。程なく、それは完成した。
「さあ、できたぞ。浮かべてバランスを見たら走らせてみよう」
 それは、双胴船の中央船体後部に取り付けられていた。
 一番後ろには水車があり、水車横には丸い輪が取り付けられている。その輪にはV型の溝が付いていて、しなやかな材質のベルトが掛かっていた。
 そのベルトは、もう一つの輪との間に掛かっている。
 もう一つの輪には、L字に曲がった棒が左右互い違いに突き出しており、その少し後ろには座席が、そして少し前には取っ手が付いていた。
 もうおわかりであろう、仁が作ったのは、自転車式にペダルを漕いで水車を回すタイプの推進装置である。観光地の池や湖でよく見かけるあれだ。
 が、初めてそれを見るマルシアは、
「こんなんで進むのかい?」
 心配そうであった。
「論より証拠、まあ試してみようぜ」
 そこで、ゴーレムのアローにも手伝わせて、船を海に浮かべる。そして、
「それじゃあ、俺が操縦するから、礼子、ペダルを踏んでくれ」
「え? 大丈夫かい?」
 まだ心配そうなマルシアだが、仁は笑って、
「ああ。任せてくれ」
「おと……お兄さま、準備できました」
「よし、出発だ。最初はゆっくりいくぞ」
「はい」
 礼子がペダルを踏む。すると水車が回り出し、水を後ろへと掻き出す。その反動で船は前に進んでいく。
「おお! 動いた!」
 そして、海水浴エリア外へと出た船は、徐々に速度を上げていった。
「うん、まずまずだな」
「お父さま、もう少し速くしますか?」
「いや、これくらいでいい。礼子、今の魔素変換器(エーテルコンバーター)出力はどのくらいだ?」
「はい、おおよそ5パーセントです」
「そうか、思ったより効率が悪いな。水車の形状を変えてみるか」
 そして仁は、操縦席に座ったまま、変形(フォーミング)を使う。物理的接触があれば、3メートルくらいの距離ならば使えるのだ。距離に反比例して効率が悪くなるが。
「お、今度は少しいいみたいだな」
 何度か微調整して、最初に比べて3割以上速度向上が見込めた。
「よし、一旦戻るか」
 Uターンしてドックへと戻る仁。出迎えたのは喜色満面のマルシアであった。
「ジン! すごいよ! あんたは天才だ!」
 手放しの誉め言葉に、仁は照れ、礼子は誇らしげ。
「あと1つ追加したら完成だな」
「まだ何か足りないのかい?」
 仁の物言いにマルシアが聞き返した。
「ああ。水車から水しぶきが飛んでくるんで、それを防ぐカバーを付けたいんだ」
 水車が高速回転すると、遠心力で水しぶきが四方八方に飛び散ってしまい、礼子も仁も背中を濡らしてしまっていたのである。
「これをこう、して。変形(フォーミング)。よし、完成だ」
「じゃあ、あたしが乗ってみてもいいかい?」
 乗りたくてうずうずしているマルシアを見て、仁は苦笑しつつ、
「ああ。その前に、オーナーであるマルシアがこの船にも名前を付けてやってくれよ」
「ん? そ、そうか。それじゃあ……『シグナス(白鳥)』ってのはどうだ?」
「いいんじゃないか? それじゃあ、『シグナス』って名前に合わせて、……表面処理(サフ・トリートメント)
「あ? あああ?」
 双胴船の船体が、今までの木の色から、シグナスの名にふさわしい白色に変わった。
「な、何したんだい!?」
「単に色素を抜いて白くしただけだよ」
 要するに漂白である。実は防水処理なども施してあるのだが。更に仁は、
「アロー、ちょっとこっち来い。よし、鍍金(プレーティング)
 青銅から不純物を分離した際に出たニッケルをアローの表面にメッキする。これでアローは銀灰色となり、腐食にも強くなった。
「す、すごいな! ジン、もういいのかい? いいんだろ?」
 もはや一刻も早く乗ってみたそうなマルシアを見て、
「ああ。気をつけてな」
「よし! 行ってくる! アロー、頼んだよ!」
「ハイ、オマカセクダサイ」
「『シグナス』、進水!」
 マルシアが最優先の命令権を持つだけあって、アローとマルシアの連携は最初からスムーズであった。いきなり飛ばし始めるマルシア。
 船尾から水飛沫を跳ね上げ、水上を滑るように走っていく。それを見送った仁は、
「あー、やっぱり水車ってえのは効率は良くないな」
 そう独り言を言っていた。それを聞きつけたのは礼子。
「お父さま、あれでもまだ不満なのですか?」
 礼子には、先代魔法工学師マギクラフト・マイスター、アドリアナ・バルボラ・ツェツィから伝わる知識があったが、その中には今回仁が作ったような推進機関は無かったのだ。
「ああ。オールみたいに往復運動でない分の効率は良くなってるけど、あんなに飛沫しぶきが上がったらやっぱりな……」
 そう、飛沫とか、波とかが出来ると言うことは、その分だけエネルギーをロスしているということ。現代地球の知識を持つ仁は、スクリュー推進にしたかったのである。
「だけどな、スクリューを回すにはいろいろ問題があるんだよなー」
 まず、回転方向がペダルとは90度変わること。そして回転数が足りない事。スクリューは高回転でないと効率が悪いのである。
傘歯車(ベベルギヤ)がまだ作れないからな……」
 今のところ、仁は歯車を作れないでいた。歯車は2枚以上が噛み合う物なので、精度が要求されるのだ。
 ベアリングのボールは、重さというパラメータを管理すれば良かったので作れたのだが、歯車の場合は、モジュールとかピッチとか、インボリュート曲線とか、今のところちょっと手が出ない。
「工作機械を作らないと駄目って事だよな」
 一応、そういう工場に勤めていたので、旋盤やフライス盤は使ったことがあり、おおよその構造は知っているのだが、今のところ時間が無くて再現できてはいないのである。
「ま、研究所でのこれからの課題、だな」
 しばらくすると、水を蹴立てて『シグナス』が帰ってきた。
「おかえり」
 仁が桟橋で出迎えると、興奮気味のマルシアが、
「ジン! すごいぞこの船! あたしもこんなに速い船は見たことがない!」
「そりゃあ良かった。で、何か不満点とか、気になった点は無いのか?」
 仁がそう尋ねると、
「ああ、推進には不満はない。あるのは船体だな。もう少し小回りがきくといいんだが」
 双胴船は、細長い船体を並べているため、直進性は良くても、小回りがききにくいのである。
「うーん、でも競技に小回りは必要無いんじゃないか?」
「まあ、そうだけどね。基本、港を出て、折り返し地点の島をぐるっと回ってゴールまで戻ってくるだけだからね」
 でも、と言ってマルシアは付け加える。
「より良い船体を目指すのは悪い事じゃないだろう?」
 そう言って笑うマルシアに、
「その通りだな。満足したらそこで進歩は止まっちまうからな」
 仁も同意したのである。
 そろそろ夕暮れ、風も凪いだ。仁達はその日はそれで終わりとしたのであった。
 女性型だと上半身は華奢でも大腿部がある程度太い(失礼!)ので漕ぐための力を確保しやすいのです。
 で、低速回転でトルクがあると、外輪(水車)は意外と速いです。模型作ったことありますから。スクリューは、トルクのないモーターにでかいスクリュー付けると意外と遅かったりします。
 歯車は円形にするために旋盤、歯を刻むためにフライス盤が必要になります。仁は前世で工場に勤め、いいようにこき使われていたので広い技能を持っているのです。
 お読みいただきありがとうございます。


 20130803 19時20分 誤記修正
(誤)そう言って笑いマルシアに
(正)そう言って笑うマルシアに

 補足説明。
 仁が、スクリューは高速回転云々と言っているのは模型の大きさでの話で、実用船の大きさになると反って高速回転はキャビテーションという問題が起きるので効率が落ちます、念のため。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ