挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

20 新造船と異民族篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

663/1741

20-13 新たなアイデア

 翌24日の打ち合わせは、ロドリゴの質問から始まった。
「ジン殿、昨日の説明を聞く限りでは『風魔法推進器(ウインドスラスター)』の風魔法……『強風(ウインド)』ですか? あれを、えーと、何でしたかな……そうそう、水分子? でも空気と同じようにすることはできないんですか?」
 いろいろと意味がわからない部分のある質問ではあったが、その意図するところは仁にも理解できた。
「要するに、水を被っても推進力が変わらないようにできないか、と言うんですね?」
「そう、それ! それですよ!」
 船体側面に風魔法推進器(ウインドスラスター)を取り付けた場合、波が荒いときはどうしても水を吸い込むことになる。そうなる度に推進力が変動しては真っ直ぐ進めないし、微速前進の時などは困ることもあろう、というのがその理由であった。
「……できるかも知れませんね」
 即答するとあまりに嘘くさいし、ならどうしてそれをやらなかった、と言われそうなので、慎重に返答する仁である。
「おお、そうですか! そうしたら、ジン殿にはそちらの改良を検討していただけますかな? 船体の方は残った面々で検討を進めておきますので」
「いいですよ」
 こうして、仁は1人、といっても礼子が付いているのだが、別室で風魔法推進器(ウインドスラスター)の改良に取り組むことになったのである。
 エルザはちょっと残念そうな目つきで、別室へ行く仁を見送った。

「お父さま、そんなに難しいことなんですか?」
 礼子は不思議そうな顔だ。そんな礼子を仁はたしなめる。
「しっ、声が大きい。……そんな改造、2分でできるさ。でもな、あまりやり過ぎて悪目立ちするのも良くないだろう?」
 一応自覚はしているようだ。珍しくも。今更、という声が聞こえてきそうだが。
「わかりました」
 そこで仁は礼子と一緒になって、昨日作った風魔法推進器(ウインドスラスター)の試作を半ば解体する。そしてそれを前に考え込んだ。
 とはいえ、考えている内容は別物である。
「静止衛星でなくても、山の上とかにマーカーを埋め込めばランドマークになるけど……やっぱり掘り起こされたりするかなあ……」
「それはあると思います」
 強い魔力を出していれば、検知されやすいのだから当たり前ではある。だから仁は衛星に拘っているのだ。
「うーん、完璧に静止するように、というのはなかなか難しいんだよな……」
 地表面に対して相対的に停止する、というのは、精密な計算と正確な計測が必要となるからだ。
「うーむ……」
 仁としては、転移の目標だけでなく、航空機や船舶の位置算出のためにも、ランドマークを設けたいと考えていたのである。
「そういえば、船の航行にはコンパスだけじゃなく、何ていったかな……えーと……四分儀だったか六分儀だったか……」
 非常に大雑把にいうと、時刻と太陽の位置で経度が、そして北極星の高度で緯度がわかる。緯度と経度がわかれば、自分の位置がわかる、というもの。
 だんだんと、今作っている船の航海術に関する検討へとシフトしていく思考。
「礼子、この世界にも北極星ってあったっけ?」
 星についてはさほど詳しくない仁であった。礼子は、内蔵された『魔素通信機(マナカム)』で老君と連絡を取り、仁の疑問に答える。
「はい。あります。ほとんど誤差のない星が」
 地球でいう北極星は、実は天の北極から1度弱ずれているため、僅かに円を描いて移動するように見え、それが積もり積もって誤差になる。
「そうか。それなら、夜は北極星で位置を確認できるな」
「いえ、昼でも見えますよ?」
「え?」
 礼子の言葉は、仁には衝撃であった。
 礼子が、人間より遙かに目がいいことは、作り上げた仁が一番よく知っている。だが、昼でも星が見えるとは思わなかった。
 視力が6.0とか7.0とかあると、昼間でも星が見えるらしいが、仁の視力は1.5くらい、とても無理である。
 だが、地球に比べて空気も澄んでいるこの世界、礼子の視力なら星が見えてもおかしくはない、と思い直す。
「それなら、専用の測定器を作れば、時刻と太陽の位置、月の位置、北極星の位置から、位置を算出することは可能だな……」
 時刻は蓬莱島にある研究所を経度0度として蓬莱島平均時(HMT)とする。あとは角度を測定して計算すれば良い。
「……艦隊の航行はこれで解決だな」
 今思いついたアイデアを老君に通達し、詳細を詰めさせることにする。
『わかりました。試作を作ってみます』
「さて、問題はこっちだ」
 蓬莱島艦隊はそれでいいだろうが、今進行中のプロジェクトはどうするか、と仁は改めて思考を切り替えたのである。
「コンパスは必須だな。そうすると、船にはできるだけ鉄製部品は使わないこと、だな」
 現代の船舶は鉄製が多いので、方位磁石が狂いやすい。そのため、船用の羅針盤には、磁石ではなくジャイロコンパスと呼ばれる物を使う。
 だが、いきなりジャイロはハードルが高いので、方位磁石を用いることにする仁。それには鉄製の部品を極力使いたくない、というわけだ。

 そこまで考えたところで、ラインハルトとエルザがやって来た。
「ジン、どうした? もうお昼だぞ?」
「ジン兄、また考えに没頭していたの?」
 いつの間にかお昼時になっていたらしい。2人と共に談話室へ向かう仁。そこには昼食が届いており、仁たち3人以外はもう食べ始めていた。
 仁も空腹を覚えていたので、席に着くや否や食べ始める。
 この日の献立はパン、淡水エビと野菜の油炒め、イトポ(サツマイモ)の甘煮、フルーツジュースであった。

「……ジン、どうだい? ……と聞くのも失礼なんだろうな?」
 食事を終え、ジュースのお代わりを飲んでいると、ラインハルトが尋ねてきた。他の面々も一斉に聞き耳を立てる。
「あ、ああ。おおよその見通しはついた。あとは作ってみないとな」
「やっぱりさすがだなあ!」
 ラインハルトの賛辞に、聞いていた面々も無言で頷く。どうやら昨日1日で、仁の実力については皆納得したようだ。
「こっちも大分詰まってきたよ。午後は内装の話に取りかかる予定さ。内装によっては船体の細かい変更もありうるしな」
「ああ、確かにそうだ。……ところで、模型の加工は誰がやってるんだ?」
 仁が一人別室で推進器に取り組んでいるので、誰かが担当しなければならないだろう。
「誰だと思う?」
 悪戯っぽく笑うラインハルト。その目がエルザの方をちらりと見た。
「……エルザが?」
 こくり、と頷くエルザ。心なしか頬が赤い。
「いや、さすがにジンの一番弟子だ。僕以上の加工速度と正確さ。みんな感心していたぞ」
「へえ……」
 仁が見つめると、エルザは顔を更に朱に染めた。

 そうこうしているうちに休憩時間も終わりになる。仁は、まずラインハルトとエルザに、方位磁石を使いたいから鉄製の部材は極力使いたくない、と話しておく。
「なるほど、わかった。心に留めておく」
 そして午後の検討会へと、ラインハルトとエルザは向かったのである。仁も自分の役目に戻る。
「さーて、それじゃあ推進器の方を終わらせておくか」
 仁としては至極簡単な話であった。
 風属性魔法が空気分子、水属性魔法が水クラスターに働きかけるなら、土属性魔法は?
 答えは『粒子』である。分子レベルから、岩に至るまで、とにかく『かたまり』に働きかけるのが土属性魔法と言える。
 つまり、『石つぶて(ストーンバレット)』系の魔法を利用すれば、空気、水、砂埃などに関係なく、推進力を生み出せることになる。
「だけど、欠点もあるからな」
 独り言を呟きながら、試作機を改造していく仁。
「燃費が悪いんだよな……」
『塊』に働きかける分、空気分子に使おうとするとロスが出るのだ。大型ダンプでテニスボール1個を運ぶようなものと例えれば、その無駄さ加減が想像付くであろう。
「でも、お父さまには改善できるんですよね?」
 仁の独り言に突っ込みを入れるのは礼子。仁を信頼しきっているセリフである。
「それはもちろんさ」
 にやりと笑う仁。
魔導式(マギフォーミュラ)を3つ書き足すだけだからな」
 対象の大きさを判定する判断式、判定して3段階に分類する分別式、大きさによって働く力を変える制御式。
 要するに、固体・液体・気体それぞれに適した力を働かせるという考え。これで、元の風魔法推進器(ウインドスラスター)と比べられるくらいまで効率がアップする。
「やっぱりわたくしのお父さまです!」
 礼子の賛辞を聞きながら、仁は魔導式(マギフォーミュラ)を書き直し、風魔法推進器(ウインドスラスター)を組み直した。いや、もう『風魔法推進器(ウインドスラスター)』ではない。
「……そうだな、『噴射式推進器(ジェットスラスター)』とでも呼ぶか」
 こうして、船舶用推進器、『噴射式推進器(ジェットスラスター)』が完成した。
 残った時間で、仁は現在位置確認の方法をいろいろと考えていく。
「そうか! 掘り出せないほど深いところにマーカーを埋めておくという手もあるな!」
 空中が駄目なら地中深く、という逆転の発想である。
「魔力パターンが特殊なだけで、ようやく感知できる程度の微弱さなら、わざわざ掘り出してみようと思う奴もいないだろう」
 こうして、合間合間に新たなアイデアを実用化していく仁なのであった。
 なぜか仕事中って、趣味の方のアイデアが浮かぶんですよね。え? 仕事しろ? ……してますよ? 見かけ上は(ぉぃ

 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20141214 13時11分 表記・誤記修正
(旧)は? 昼でも見えますよ?
(新)いえ、昼でも見えますよ?

(誤)微速前進の時などは困る頃もあろう
(正)微速前進の時などは困ることもあろう

(誤)周囲の劣等感刺激しても
(正)周囲の劣等感を刺激しても

(誤)強い魔力を出していれば、検知されやすのだから当たり前
(正)強い魔力を出していれば、検知されやすいのだから当たり前

 20141214 13時31分 表記修正
(旧)世界標準時(GMT)
(新)蓬莱島平均時(HMT)
 世界時(UT)表記も考えたのですが、そうなると蓬莱島の位置(経度)がばれますので……。

 20141215 08時42分 表記修正
(旧)あまりやり過ぎて周囲の劣等感を刺激しても良くないだろう?」
 一応自覚はしているようだ。珍しくも。
(新)あまりやり過ぎて悪目立ちするのも良くないだろう?」
 一応自覚はしているようだ。珍しくも。今更、という声が聞こえてきそうだが。

 20171108 修正
(旧)残った時間を、仁は現在位置確認の方法をいろいろと考えていく。
(新)残った時間で、仁は現在位置確認の方法をいろいろと考えていく。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ