挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

19 クライン王国国王治療篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

647/1714

19-34 夜の窓辺

 一通りの事が終わったのは、夜も大分更けた頃であった。
 入浴して汗を流し、窓辺で火照った身体を冷ましていた仁。
「……ジン兄」
 そんな仁の背後から声が聞こえた。エルザである。髪が濡れていて、風呂上がりだということがわかる。魔絹(マギシルク)のバスローブからのぞく肌は桜色に上気していた。
「こっちへ座るか?」
 窓辺に置かれたソファを指差す仁の言葉に、エルザは頷いた。
「いい風」
 そう言いながら、仁の隣に腰を下ろす。
 少し火照りが冷めてきた仁には、エルザの体温が心地よく感じられた。
「……」
 そのまま無言の時が流れた。先に口を開いたのは仁。
「もう夜風は冷たい。湯冷めしないよう、窓は閉めるぞ」
「……うん」
 短く返事をするエルザ。そしてまた静寂が訪れる。
 今度、先に口を開いたのはエルザの方。
「……ジン兄、昼間……」
「ん?」
「昼間、ありがとう。……無事か、と言ってくれて、嬉しかった」
「あ、ああ」
「……でも、やっぱり、私って、ジン兄の、妹……なの?」
 いつもに増して辿々しい話し方のエルザ。その頬が赤いのは、決して風呂上がりだからではないだろう。
「……」
 仁が答えられずにいると、エルザは更に言葉を続けた。
「ジン兄、って言い出したのは、私。勝手な言い分だ、というのはわかってる。でも、今は……ジン兄の、妹以上に……なりたい。それが、正直な、気持ち」
 それだけ言うと、エルザは立ち上がって部屋を出ていこうとした。が、その手が押さえられる。もちろん引き止めたのは仁。
「……ジン、兄……?」
「……エルザ。俺からも、はっきり言うよ。俺は……お前のこと、が……」
「お父さま」
 突然礼子が声を発した。我に返り、エルザの手を放してしまう仁。エルザはその場に立ちすくんだまま。
「……ど、どうした、礼子?」
 少し狼狽えながら礼子に応対する仁。
「老君から連絡が入っています」
「そ、そうか」
「……何かあったの?」
 夢から覚めたような顔つきのエルザも、老君からの連絡、という言葉が気になったのだろう、あらためてソファに座り直すと、怪訝そうな顔つきで尋ねてきた。
「あ、ああ。この後説明するよ。ちょっと待っていてくれ。……老君、どうした?」

御主人様(マイロード)、夜遅く申し訳ないのですが、判断を仰ぎたい事案がありまして』
 魔素通信機(マナカム)から流れてくる老君の声。
「うん、どうした? 何か進展があったのか?」
『はい、実は……』
 ということで、老君はここ5日間のこと……仁がクライン王国に来てからは気を遣って報告していなかった……をかいつまんで説明した。
「なるほど、そのオリヴァーという商人が、魔法技術者(マギエンジニア)を雇いたがっているというわけか」
『はい。……おそらく異民族と何らかの繋がりがあると思われます』
「そうだな。気になるところだ。老子の主人は俺の『身代わり人形(ダブル)』でいいとして、魔法技術者(マギエンジニア)か……」
 少し考え込む仁。自分で行ってみたいのだが、それは無理だろう、と考える。ならば……。
「よし、デウス・エクス・マキナを使おう」
 先日も使用した、2代目のボディ。より高度な機能が付加され、人間と区別はつかない。そして何よりも、仁が直接コントロールすることもできるという点だ。
 普段は老君がコントロールし、仁は手の空いたときに代わればいい。
『わかりました。ではそのように手配します』
「ああ、頼んだぞ」
『名前は何と名乗りますか?』
 さすがに、デウス・エクス・マキナと名乗るわけにも行かない。
「そうだな……エルザ、何かいい案はないかな?」
 ネーミングに自信の無い仁は、エルザがいることを幸いと、相談したのである。
「……ジョン・ディニー」
「え?」
「JIN NIDOH を入れかえてみた」
「えーっと、JOHN DINI、か。なるほど」
 いいのか悪いのか微妙なところだが、どうせ偽名である。仁はそれで行くことにした。
「よし、老君、ジョン・ディニーでいこう」
『わかりました。また何か進展がありましたら連絡致します』
 それで一旦通信が切れた。
「楽しみだな……」
 独りごちる仁。異民族がどんな素材や技術を持っているのか、今から想像してわくわくしている仁であった。
 そんな仁の横顔を、エルザはじっと見つめていたが、やがて腰を上げた。
「エルザ?」
「……今夜はもう、休む。おやすみなさい」
 エルザはそう言ったかと思うと、身を屈め、仁の頬に軽く触れるような口付けをした。
 そして真っ赤になり、足早に自分の寝室へと駆けていったのである。
「……おやすみ」
 突然のことに固まってしまった仁は、ようやくそれだけを口にできたのであった。

*   *   *

 同時刻、蓬莱島。
『ジョン・ディニーですか、外見もマキナとは少し変えた方が良さそうですね』
 一方老君は、デウス・エクス・マキナ2号の外見を少し変える処置を行っていた。
『髪色と瞳は黒のままでいいでしょう。身長を少し変えて、160センチくらいとしておきますか』
 多目的な身代わりに使うための自動人形(オートマタ)なので、体格も多少変えられる。
『あとは、御主人様(マイロード)身代わり人形(ダブル)を用意して……』
 イスマルの町を拠点とする商人、オリヴァーに、自分の主人として紹介する予定の身代わり人形(ダブル)
 仁そのものにしておくと、人相から正体を勘付かれる可能性もあるので、悩みどころである。
『こちらは髪色を変えておくことにしましょう』
 茶色の髪、茶色の目に変更。よくある色なので、目立つ事もないだろうと老君は考えた。
『あとは馬車ですか……』
 ゴーレム馬車にするか、普通の馬車にするか。とはいえ、馬車馬など所有していないので、結論は決まっている。
『技術力を見せる、という意味もありますしね』
 念のため、デチューン……性能を落とす処置をしておくことにする。
 動作が、よりぎこちなくなるようにモードを追加したのだ。
 ノーマルモードはこれまでの動作。
 ダウングレードモードを新たに設定し、隠蔽用とする。性能を落とす処置なら独断で行えるのである。このモードは簡単な命令で切り替えられる。
 試しにゴーレム馬を歩かせてみて、そのぎこちなさを見た老君は複雑な気持ちであった。
御主人様(マイロード)がお作りになったままの性能を出せないというのは残念です』
 とはいえ、オリヴァーに会い、魔法技術者(マギエンジニア)を紹介するという目的はこれで果たせるだろう。
 馬車そのものは、従来のものを使う。転移門(ワープゲート)も備えているのでいざという時に役に立つはずだ。
 たとえ出番が無くても、また使う機会はいくらでもあるだろうから、無駄になることはない。
 果たして沙漠の向こうに何が待つのか。
 仁に報告する日が今から楽しみな老君である。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20141128 13時39分 誤記修正
(誤)ネーミングに自身の無い仁は
(正)ネーミングに自信の無い仁は
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ