挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

02 ブルーランド篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

58/1680

02-19 いやな予感

 結局、大型冷蔵庫2台と温水器10台を発注してクズマ伯爵は帰っていった。
「何だか夢みたい」
 上気した顔でビーナが呟いた。
「ジンが来てくれるまで、作った魔導具が1つも売れなくて困っていたのに」
「それより、昨日受注した分を作り始めなきゃ」
「そ、そうよね」
 そこでまず、温水器を作ることにする。受注した5台を作っていく。
 複製工程なので、短時間で完成する。が、もう材料が足りない事に気づく。
「あー、銅も足りないし木材も足りないわね」
「今日、店が終わったら買い出しに行くか」
「ええ、遠いから早めに出ないといけないわね」
「ああ、そんなこと言ってたな」
「お金の方は昨日10万トール貰ったから大丈夫でしょう」
 冷蔵庫を売った代金である。
 そこではたと気が付いた。ポップコーン製造器がない。
「困ったわ……」
 材料も切れているので今から作ることもできない。
「今日は謝るしかないな」
「それしかないわよね……」
 ライターなら作る位の材料が残っていたので、ライター30個を作り、
「それじゃあ少し早いけど、お昼にしちゃいましょう」
 そう言ってビーナはパンを出して見せた。真っ白、とはいかないが、かなり高そうなパンである。
「お、いいパンじゃないか」
 仁がそう言うと、ビーナはにっこり笑って、
「でしょ? クズマ伯爵が持ってきてくれたの」
「ふーん」
 大半はナナとラルドのために残してやることにして、仁とビーナは昼食を済ませる。ビーナはその2人に昼食を持っていった。
 そこへ礼子がやってきた。
「お、礼子、早かったな」
「はい、お父さま。島の方は順調です。それで、ビーナさんにお話しされたのですか?」
 そう言われて仁は、すっかり忘れていたことに気づく。
「あ、忘れてた」
「お父さま……」
 呆れた視線を礼子に向けられた。
「ま、機会を見つけて言うから」
「しっかりしてくださいね?」
 更に念を押されてしまった。そこへビーナが戻ってきて、
「あら、レーコちゃん、来てたの」
「はい」
 なんとなく礼子はビーナに打ち解けきらないようだ。
「それじゃあ、店を出しに行くか」
 そうして3人はいつもの場所へと向かう。3人で分担して温水器を抱えて。

「なんだよ、楽しみにしてたんだぞ!」
「昨日はそんなこと言ってなかったじゃないの!」
「ふざけんなよー、子供たちも楽しみにしてたんだぞ!」
「すみません、すみません……」
 案の定、ポップコーンを楽しみにしていたお客達が文句を言ってきた。必死に頭を下げるビーナ、そして仁。
 礼子はそんな仁の姿を見ると、文句を言う客達を睨み付けていた。物騒な魔力も漏れ始めている。それに気が付いた仁は、礼子の腕を取って少し離れた場所まで引っぱっていく。
 そして、仁がなだめる間もなく礼子の口からは、
「……お父さまは何も悪くないのに、何ですか、あの人間達は。粛正していいですか?」
 過激な言葉が。仁は溜め息をついて、
「礼子、頼むから何にもするなよ?」
「ですが、お父さま……」
「何にもするなよ」
 仁に重ねて言われた礼子は、
「はい……」
 と小さい声で不承不承肯いたのだった。

 店に戻ると、文句を言うだけ言ったお客は帰っていた。が、
「頼んでおいた『おんすいき』、だっけ、あれは出来てるのよね?」
「はい、それはもちろん」
 そう言って、温水器を1台手渡す。
「よかった。それじゃあ、200トールだったわよね、はいこれ」
「ありがとうございます」
 そんな調子で、予約された5台が売れる、そしてライターは言わずもがな。
「売るもの無くなっちゃったわね」
「ああ。早いけどかえって好都合だな」
 そこで、遠くにあるという資材を扱っている店へ向かう事にする。
 そこはブルーランド城外から、1時間ほど歩いたところにある山の麓。鉱山があり、木材資源のある場所だ。
 そこまでの道中、仁はビーナにどのタイミングで話すか考え込んでいた。そんな事とは露知らず、
「ほら、ここなのよ」
 それは大きな倉庫の建つ一角にあった。
「いらっしゃい」
 店番の男が出迎える。
「えーっと、青銅のインゴット2キロと銅のインゴット10キロ。それに木材」
 ビーナは注文内容を考えていたようで、てきぱきと注文していった。
「31000トールですが、おまけして30000トールにしときます」
「ありがと。うちまで運んでくれる?」
 代金を払いながらビーナがそう言うと、
「かなわないなあ」
 そう言いながら承知してくれた。これで、重いインゴットを持つことなく帰ることが出来る。仁は礼子に持ってもらおうかと考えていたのだが。
 荷車をロバのような小さい馬に引かせた男と共にビーナの家へ帰ると、また馬車が停まっているのが見えた。
 だが、その馬車の紋章は、ガラナ伯爵のもの。そして、私兵らしき男達が10人ほど立っていた。
「やな予感がする」
 そんな呟きが仁の口から漏れた。
「面倒ごとはごめんですよ!」
 そう言って、インゴットと木材をそこへ放り出し、空になった荷車をロバ?に引かせ材料屋は飛ぶように帰って行ったのである。
 仁はビーナを庇うように立ち、礼子はそんな仁の真横に並んで立った。
 このシリーズ、礼子はストレス溜まりっぱなしでしょうね。仁が商売のためとはいえ頭を下げているのも気に入らないようというか、不満なようです。
 そして気になるところで次回へ続かせていただきます。
 お読みいただきありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ