挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

17 魔族解決篇

571/1507

17-20 違い

「なんだと……?」
 理解が追いつかないバフロスク。魔族ならそんな考え方はしない。
 今回、勝手に攻め込んで勝手に負け、勝手に滅ぼされたとしたら、それは全てバフロスクの責任だ。
 頼まれもしないことをする仁の考えがわからなかった。
 このままバフロスクたちが殺されてしまえば、仁の話を聞かない魔族はほとんどいなくなるだろう。
 それはつまり人類と敵対行動をする魔族がいなくなるということ。
 放っておいた方が仁の利益に繋がるはず。なのに、仁は配下のゴーレムを派遣したのである。
「……人間の考え方なのか……? それとも……魔法工学師マギクラフト・マイスターだからなのか……」
 バフロスクたちを抱えたランドたちは、素早い動きで戦場を離脱。あっと言う間に500メートルほども離れてしまった。
 戦場に残ったのは礼子とアン、そしてランド11。魔族19名に対し、送り出したランド隊は20体だから1体残るのは当然の帰結。
『貴様たちは……! よろしい、この前の礼をしてやろう』
 一方13号は、ガーゴイル『ゴルグ』を通じて忌々しげな言葉を発した。
『『gravita』』
 そして放たれる重力魔法。だが、礼子もアンも、ランド11もびくともしない。
『なるほど、対策済みと言うことか。確かに厄介だな』
 そんな言葉を発した『ゴルグ』目掛け、礼子がもう一度体当たりを喰らわせた。今度は先程に倍する出力で。
『がっ!?』
 6トン近い重量の『ゴルグ』と30キロの礼子がぶつかった。
 少し前の、骨格のみがアダマンタイトであった礼子では、アダマンタイトの塊である『ゴルグ』に力負けはしなくとも強度的に負けてしまっていたであろう。
 だが今の礼子は分子圧縮されたハイパーアダマンタイトの骨格を持っている。
 結果は互角であった。体重差で礼子は大きく跳ね返されたものの、『ゴルグ』も転倒した。片や礼子は倒れず踏ん張った。
『信じられん……たかが自動人形(オートマタ)風情がどうしてこの『ゴルグ』と同等の力を持つ?』
 礼子はにっこりと微笑み、その問いに答えた。
「このわたくしは、世界一のお父さまに作られたのですから」
 だが礼子も、アダマンタイトの塊である『ゴルグ』を力ずくで破壊するにはいささか面倒であることを察している。
『何をわけのわからぬことを!』
 一声叫ぶと、『ゴルグ』は空へ飛び上がった。高度はおよそ10メートル。ジャンプすれば届くが、空中では自由度が落ちるため、礼子としても直接攻撃は避けたいところ。
 そこへ仁からの指示が入った。
魔法無効器(マジックキャンセラー)を喰らわせてやれ』
 即座に礼子は、腕輪に仕込んだ魔法無効器(マジックキャンセラー)を起動した。
『なん……』
 重力魔法で軽くした身体を風魔法で浮かせているわけだから、その風魔法を無効化すれば……結果は墜落である。
 重い地響きを立て、『ゴルグ』は墜落した。
『うぬぬ、こちらの予想をことごとく覆してくれるな』

*   *   *

 魔法無効器(マジックキャンセラー)を浴びせられてもまだ動いているところから、仁は『ゴルグ』を作っている金属がただのアダマンタイトではなく、『マギ・アダマンタイト』かそれと同等の金属であろうと推測した。
 その内部にあると思われる魔力反応炉(マギリアクター)までは停止させられなかったからである。
「かなり魔力に対するシールド効果も高いとすれば、『消去(イレーズ)』も効かないだろうな」
 一撃で倒さない限り、『ゴルグ』が停止することは無さそうである。
 だが、少々の傷では自己修復してしまうだろうし、物理的に破壊するには時間が掛かる。動かない的と違い、厄介ではある。
 思いつく手は幾つかあるが、それ故にどれを決定打とするか考えてしまう。
「……2秒程度動きを止める方法があればな」
 仁には奥の手があったが、それとても万能ではない。
「いや、待てよ?」
 このシチュエーションにあって、仁には閃くものがあった。
「……粘着材……」
『ゴルグ』を粘着材で動けなくしてやろうというものだ。
 今、仁は粘着材として使えそうな素材は何があるか考えてみて、意外と少ないことに愕然とする。
 加硫前の天然ゴム、うるし、ご飯粒、デンプン糊、膠、松ヤニ。
 石油はまだ見つけていないのでコールタールは無い。
「……どれも量が少ないな」
『ゴルグ』を絡め捕るには少々量が心許ない。そこまで考えた仁は更に天啓を得る。
「そう、か。奴を止めなくても……!」
 松ヤニは木材の仕上げ用としての在庫なので、数十キロくらいはある。そこから一掴みすくい取った仁は急いで魔結晶(マギクリスタル)を用意し、更に超特急で魔導式(マギフォーミュラ)を書き込んだ。
「これでよし、と」
 老君を通じ、戦闘中の礼子へ転送させる仁。
 礼子がそれを受け取った時、この戦いは決まったと言って良かった。

*   *   *

『礼子さん、あの『ゴルグ』に効果的な魔導具を御主人様(マイロード)が準備中です、時間を稼いでください』
 老君から礼子へと連絡がいった。礼子はすぐさまそれを実行に掛かる。
『ゴルグ』はその質量のため、また『変形(フォーミング)』と同系統の魔法で動いているため、速いと言っても礼子ほどの機敏な動きはできない。
 そこで礼子は速さを生かして、前後左右、さらに上下から『ゴルグ』に攻撃を仕掛けた。
『桃花』による斬撃。力は込めていないため、腕や脚を切り落とすには至らないが、多数の傷を付け、『ゴルグ』はそれを修復するために時間と魔力を割くことになる。
『うぬぬ、怖ろしき切れ味の刃物だな』
変形(フォーミング)』系のため、腕や脚を切り落とされた場合の修復は難しいのであろう、礼子を警戒する『ゴルグ』。
 そして5分が経過。
『ゴルグ』と距離を置いて対峙している礼子の元に、仁が用意した『魔導具』が送られて来た。
『礼子、使い方を教える。……松ヤニで奴の背中にでもくっつけてしまえ。そして距離を取って、発動の魔鍵語(キーワード)を唱えろ』
「わかりました」
 出力50パーセントを出した礼子は『ゴルグ』に捉えられることもなく、その背中に魔導具を貼り付け、一瞬で距離を取り、魔鍵語(キーワード)を唱えた。
「『圧縮開始』」
 そう、仁が作ったのは結界爆弾。仁の最強兵器の1つ。
 マギ・アダマンタイトをも分子圧縮してしまう超強力な兵器だ。

『ゴルグ』には関節は無く、従って背中に貼り付けられた結界爆弾にも手が届く。
 その身体能力を以て結界爆弾を外そうとしたものの、視覚も触覚もない『ゴルグ』にはいささか荷が勝ちすぎる動作であった。
 そして礼子の素早さは『ゴルグ』の反応速度を大幅に上回っていた。
『ゴルグ』の指が結界爆弾に触れる遙か前に魔鍵語(キーワード)に呼応した結界爆弾は作動を開始した。
 まず、半径2メートルほどの球形をした超強力結界を作り出す。
 そして次の瞬間、もの凄い勢いでその結界が収縮を始める。
 空気分子は逃がし、固体だけを閉じ込めた結界は、収縮するにつれ更に強度を増す。
 その力はマギ・アダマンタイトすら変形させるほど。
 人型をしていた『ゴルグ』は、その途方もない力に抗うことも敵わず、圧縮されていく。
 元の体積の10分の1にまで圧縮された時、結界を作り出していた魔結晶(マギクリスタル)が崩壊することで圧縮プロセスは終了する。
 人型をしていた『ゴルグ』だが、結界が消えた時には球形の金属塊と化していた。
 当然、内部の制御核(コントロールコア)なども崩壊しており、最早動き出すことはない。
 仁は6トン近いマギ・アダマンタイト、いや、ハイパーアダマンタイトの塊を手に入れた。

 最早『13号』の声も聞こえない。『ゴルグ』は単なる金属の塊と成り果てていたからだ。
「……」
「い、今のは何だ? 何が起きた?」
 あっと言う間に『ゴルグ』が金属塊になってしまったことが信じられず、目を疑っているバフロスクたち。
 礼子やランドたちはまだ警戒を解いていない。アンだけが、そんなバフロスクたちに声をかけた。
「ごしゅじんさまのお力です。でもご安心下さい。ごしゅじんさまはその力を、決して欲望に任せて使うようなことは致しません」
 それは皮肉を多分に含んでいたが、バフロスクやマルコシアスたちは何も言わず黙って聞いていた。
「もしそのような事があったら、私たちが全力でお諫め致しますし」
「……それが魔法工学師マギクラフト・マイスターというものか。……対して我々は……」
 この時初めて、バフロスクは己の事を省みる機会を得たと言える。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20140913 19時10分 表記修正
(旧)魔法無効器(マジックキャンセラー)を味合わせてやれ
(新)魔法無効器(マジックキャンセラー)を喰らわせてやれ
 元は「味わう」ですから、「味合わせる」はおかしいですね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ