挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

02 ブルーランド篇

57/1478

02-18 翳り

 ビーナは今、クズマ伯爵の馬車に揺られていた。所在なさそうなビーナを見て、伯爵が声を掛けた。
「ビーナ殿、実は、今日、あなたに会いに行ったのだよ」
「あたしに? ですか?」
「うむ。なんでも、露店で興味深い魔導具を売っている魔法工作士(マギクラフトマン)がいると聞いたのでな」
「えと……ライターのことでしょうか」
 伯爵は肯き、
「そうだ。そうしたらそなたは留守で、代わりにジンという助手の方が接待してくれた」
「ジンが? そうですか」
「ほら、これを買わせてもらった」
 そう言って伯爵は、座席の隅に置いてある冷蔵庫を指差した。
「あ、冷蔵庫ですね」
 伯爵は肯き、
「その際、彼と少し話をしたが、そなたは広く人々の役に立つ物を作る、ということをモットーにしているとのことだった」
「え、あ、はい、そうです」
「本当は、私の屋敷で、専属の魔法工作士(マギクラフトマン)になってもらおうと思っていたのだが、それを聞いて考えが変わった」
「え?」
「これは、あまり広めてはいけない事なのだがな」
 伯爵はそう前置くと、
「ここ半年くらい、セルロア王国方面から、ゴーレムや魔獣がやって来ているのだ」
「ええ!?」
 セルロア王国はブルーランドのあるエゲレア王国の北に国境を接する国である。そしてブルーランドはエゲレア王国の比較的南にある。なので伯爵が口にしたような情報は流れてきていなかった。
「さすがにこれは何かあると思う者が多くてな。それで、貴族達は、優秀な魔法工作士(マギクラフトマン)を囲って、事あればそれに乗じて勢力を伸ばそうと躍起になり始めている」
「……」
「まあ、力を持つことは、それを正しく使える限りは良いことだと思うんだが、なんというか、ほとんどの貴族共は、己の家に箔を付けるため、というのが見え見えでな」
 ビーナは何と相槌を打てばいいのかわからず、ただ黙って聞いていた。
「それに比べたら、ビーナ殿は、しっかりとした考えを持っている。税を納めている庶民は、国を支えているとも言える。その庶民のためになる魔導具を作ろうとしているそなたはえらい」
「あ、ありがとうございます」
 貴族である伯爵に誉められて、ようやくビーナはそれだけを口にした。
「さて。そろそろ城門だ」
 来た時と逆の手順で外に出る馬車。
 ビーナの家の前に来ると、そこには仁が待ち構えていた。
「ほう、そなたが心配でずっと待っていたようだ」
「じ、ジン!?」
「おかえり、ビーナ」
「た、ただいま」
 馬車を降りながら少し赤面するビーナであった。実は礼子が馬車を感知したので今さっき外に出てきたのだが、そんなことはビーナにはわからないし仁も言わない。
 伯爵は窓を開けて、
「ジン殿、頼み事は果たしたぞ」
 そう言うと、馬車を巡らせ、再び城塞へと戻っていったのである。
 仁とビーナは家の中に入り、何があったかをお互いに説明する。ポップコーン製造器を売ったという話をすると、ビーナは済まなそうに頭を下げた。
「事後だけど、ごめんなさい。あれはジンの物なのに勝手に売ったりして。正直なところ、金貨10枚に思わず……」
 それを聞いた仁は笑って、
「はは、もういいよ。正直に言ってくれたしな。それに、貴族からの頼み事、というのはほとんど命令みたいなもんだからな」
「そう言って貰えると気が楽になるわ。ほんとにごめんなさい。それで、はいこれ」
 金貨10枚を仁に差し出すビーナ。
「うん、そうか」
 一応受け取っておく仁。そうしないとビーナの罪悪感を拭えないだろう。
 仁も、冷蔵庫を売った代金をビーナに差し出した。ビーナはそこから半分、金貨5枚を仁に差し出す。それも受け取っておく仁。
 それから後の話をする際、ビーナはガラナ伯爵に襲われ掛けたことは伏せて、半ば無理矢理泊まらせられた、とだけ話した。クズマ伯爵のおかげで助かった、とも。
「そう、か。クズマ伯爵に借りが出来ちまったな」
 仁がそう言うと、ビーナも、
「ええ。いい方よね」
 そう言ってわずかに頬を染めた。仁はそれを見ておや、と思ったが口には出さず、
「それじゃあ、ビーナも帰ってきたことだし、俺もそろそろおいとまするよ」
「え? もう遅いわよ。泊まって行きなさいよ」
「いや、やめとく。それじゃあおやすみ」
 そう言って、仁はビーナが止める間もなく部屋を出ていった。
「なによ、もう……」
 残されたビーナは少し膨れながらも、弟妹達の様子を見に行き、よく寝ているのを見て、自分も寝床にもぐり込んだのである。

 一方、仁。
「どう思う?」
 蓬莱島に戻った仁は、礼子に相談していた。
「その伯爵が言っていた、セルロア王国ですか? そこが何らかの魔法実験をしている可能性がありますね」
「魔法実験?」
「はい。お父さまが出会ったというゴーレム、あの国を襲ったとかいうゴーレム。それに私が出会った百手巨人(ヘカトンケイル)。そして伯爵の話。人為の臭いがします」
「うーむ……」
 腕組みをして考え込む仁に、
「お父さま、そろそろブルーランドに行くのは止めにしませんか?」
「え?」
「もうビーナさんも一人前ですし、あそこで手に入る穀物類はもう買い付け済ですし。別の場所へ行ってみるのがいいのではないかと」
 確かに、ビーナに頼まれたことはもう済んだ、と言っていいだろう。冷蔵庫も、伯爵が口コミで広めてくれれば、貴族達が買ってくれるだろう。そうなれば、借金もじきに返せるに違いない。弟妹達の病気も、置いてきた果物でほとんど良くなっている。
「いつまでも通えるわけでもないし、確かにお前の言うとおりだな。それじゃあ、あと2、3回顔を出したらビーナに話して引き上げることにしよう」
「はい」

 翌日、仁はそれとなく、そろそろ自分の事に専念したいとビーナに話してみよう、と思いつつ、ビーナの家へ向かった。礼子は、蓬莱島でゴーレムメイド達に指示を出してから合流する予定だ。
 と、家の前に、一台の馬車が停まっている。
「あれは……」
 近づいてみると、昨日見たばかりの紋章。クズマ伯爵の物であった。
 ビーナの家のドア、一応ノックしてみると、
「ジン!」
 中からビーナがすごい勢いで出てきたのである。
「よかった! あのね、伯爵様がお見えになっててね、いろいろと注文してくれてね、それでね、」
 仁はビーナの肩に手を置き、
「わかったから少し落ち着け」
 そう言うとビーナは少し顔を赤らめ、
「そ、そうね、ごめん」
 そう言って仁を家に招き入れた。
「おお、ジン殿」
 そこにはクズマ伯爵が座っていた。
「早速来てしまったよ。あの冷蔵庫という物は便利だな! 朝食のフルーツを冷やして食べたらいつもより美味かったぞ」
「それはようございました」
「さあ、そなたも座ってくれ。いろいろ話が聞きたい」
「では、失礼します」
 ビーナも座り、伯爵が口を開く。
「まずはあの冷蔵庫だがな、倍くらいの大きさの物を作ってもらいたい。費用がいるなら、前金で渡しても良い」
「あ、ありがとうございます」
 冷蔵庫が売れればまとまった収入が望める。ビーナにとっては願ってもない事だ。
「それからな、今見せてもらっていたのだが、この『温水器』なる魔導具、とりあえず10台、作ってくれ」
「10台、ですか」
 気前の良い話に、仁も引き込まれ、どうやって数を揃えようかと考えているのであった。
 仁が冷蔵庫の代金をビーナに渡すシーンを追加しました。

 この先仁はどうするでしょうか。そして不穏な影は?
 お読みいただきありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ