挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

17 魔族解決篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

569/1654

17-18 『狂乱』の氏族

「北北西に100キロというとそろそろだ」
 昼を回り、秋の太陽がいくらか西に傾きかけた頃、過激派一行は目指す地点に到着していた。
「……川以外何も無いところだな」
「地下にあるという話だからな。……ライドロス、任せるぞ」
 ライドロスは、先日の魔素暴走エーテル・スタンピードで命を落とした『狂乱』の氏族長ガログラスの息子で、現氏族長である。
諧謔かいぎゃく』の氏族長バフロスクが彼等を連れてきたのは、魔素暴走エーテル・スタンピードの被害者同士というのみならず、彼等が持つ技術にあった。
 それはゴーレム。
 かつてショウロ皇国でエルザの父を惑わしたマルコシアスもここ『狂乱』の氏族の出であった。そのマルコシアスもまた、この場に駆り出されていたのである。
「任された」
 まずは氏族随一の転移魔法使いであるライドロスが転移魔法でゴーレムを運んでくる。
 4回転移を繰り返し、4体のゴーレムが運ばれてきた。
 次いでマルコシアスの出番だ。
「……マルコシアス、やれ」
「承知。……『ベルグリス』」
 ライドロスが運んできた『ベルグリス』とは身長4メートルほどの巨人ゴーレムだった。
玩弄がんろう』氏族の使う岩巨人よりは小さいが、力・速度共に勝っている。それが4体。
 マルコシアスはそんなゴーレムを作ることができる。『狂乱』氏族始まって以来の天才とも言われていた。
 4メートルのゴーレムが地響きを立てて歩き廻る。そして1箇所、響きの違う場所を見つけた。
「あの下に空洞があるようですね。……1号、やれ!」
 4体のベルグリスはそれぞれ異なった武器を持っている。1号が手にするのは巨大なハンマー。メイスと呼ばれる打撃武器に近い。
 それを振り上げた1号は思い切り地面に叩き付けた。
 上がる轟音と土埃。さらに一撃、もう一撃。
 5回にわたる打撃により、地面は陥没し、えぐれた。その底に、金属の輝きがちらりと覗く。
「やはりあったな。よし。……『Distruzione』!」
 バフロスクは爆発魔法を放った。土が吹き飛び、金属が露わになった。
 その金属板目掛け、更なる攻撃をしようとした、その時。
『やれやれ、騒がしいな。ここを見つけたのは褒めてやる。が、それが命取りだ』
 そんな声が響き、別の場所に穴が空いて、そこから銀色のガーゴイルが4体現れた。
 魔族たちはわずかに動揺したものの、前回ガーゴイルを見た時ほどには恐れなかった。礼子たちが倒した印象が未だに強かったのである。
『雑兵人形を倒したくらいでいい気になるな』
 そしてガーゴイルが襲いかかってくる。それを受けて立つベルグリス。
 今度のガーゴイルの体長は3メートル。ベルグリスは4メートル。一見するとベルグリスが有利である。が、それは間違いであった。
 銀色のガーゴイルは動きが速いのである。対するベルグリスはそれより遅い。ベルグリスの攻撃はガーゴイルに当たらないのに、ガーゴイルの攻撃は全てベルグリスに当たっていた。
 が、ベルグリスの方も、厚い装甲により大きな損傷は受けておらず、長期戦になるかと思われた。
「『Distruzione』!」
 が、そんな戦況をひっくり返す魔法が。言わずと知れた爆発魔法を使い、『諧謔かいぎゃく』氏族がベルグリスの支援を開始したのである。

 ランド20体と礼子は不可視化(インビジブル)の結界に身を隠してそんな戦いを観察していた。
 魔族が危うくなったら救助する態勢を整えている。
『不本意ですが、もうこれ以上命を落としてもらっては困りますからね。主に御主人様(マイロード)の心情的に』
 老君はそんなことを考えながら魔族の戦い振りを観察していた。
 ちょうど13号の戦力も知る事が出来て一石二鳥である。

『Distruzione』による爆発が、ガーゴイルの移動を妨げた。その瞬間、メイスの一撃が炸裂。
 超重武器であるハンマーの一撃により、ガーゴイルの胴体がひしゃげた。格段に動きが悪くなる。
 そこへ頭上からの二撃目が炸裂し、ガーゴイルは粉砕されたのである。
 これで残るはあと3体。
「1号! 3号に加勢しろ!」
 マルコシアスは戦術にもそれなりに通じていたのか、即座に一番近いベルグリスのところへ差し向けた。
 2対1となり、更に魔法による援護があると俄然有利である。
 3号の武器は長大な剣。先端の方が大きく、重く作られており、遠心力で叩き斬るのに適していることは明らかだ。その威力は大きいが、当たらなければ意味がない。
 1対1の時は速さに翻弄されていたが、2対1となったことで形勢は魔族側に傾いた。
「そこだ!」
 動きの止まったガーゴイル目掛け、長大な剣が力任せに振られ、腰に食い込んだ。
「1号! 追撃だ!」
 ベルグリス1号のメイスが振られ、剣の反対側からガーゴイルの腰に炸裂する。
 剣による亀裂が更に広がり、ガーゴイルは上半身と下半身に分かれ、その場に転がったのだった。
「1号は2号の、3号は4号の援護だ」
 マルコシアスの指示。これでそれぞれが2対1となった。
 2号の武器はこれも巨大な槍。スピアーではなく、ランスと言えばいいか。突くことに特化した武器である。
 加勢に入った1号は、援護の爆発魔法が穿った穴に脚を取られたガーゴイルを捕まえる事に成功した。
 その胸目掛け突き出された槍はガーゴイルを貫き、その魔導装置(マギデバイス)をも破壊した。

 4号の武器は斧であった。バトルアックス。長大な柄を持つ巨大な両刃の斧である。
 3号は剣を振り回し、ガーゴイルを追い立てるが、素早さで勝るガーゴイルは全て躱し、かいくぐる。
 そのうちに、1号と2号も加わった。
 4対1。
 さすがのガーゴイルも追い詰められ、バトルアックスの一撃を頭部に喰らい、動かなくなったのである。
「やったな! 我等に恐れるものは無し!」
 勢いづくバフロスクである。
 そこへ、どこからともなく響いた声は嘲りを含んでいた。
『……愚かな。己の力を過信するとは』
 そして現れる黒銀灰色のガーゴイル。
「また出て来たか。しかし今度はたかが1体だ。かかれ!」
 一番近くにいた4号が、そのバトルアックスを振りかざし、襲いかかった。
 黒銀灰色のガーゴイルは空へと飛び上がった。
「く……、また空か。どうして飛べるんだ?」

*   *   *

 仁は、蓬莱島の司令室でその戦いを観察していた。隣ではやってきたエルザが真剣な顔で画面を見つめている。
「……どっちも馬鹿か?」
「え?」
 仁の呟きにエルザが疑問符を浮かべた。
「13号は戦力の逐次投入めいた事をやっているし、魔族の方は調子に乗って過信し過ぎている」
 何より魔族は魔素暴走エーテル・スタンピードのことを忘れているんじゃないか、と仁は付け加えた。
「……魔族はともかくとして」
 エルザは自分の意見を口にした。
「……13号の方、逐次投入じゃないとしたら?」
「え?」
「ジン兄のレーコちゃんに相当する戦力。それがあるんなら、今までのガーゴイルは玩具同然」
 エルザのその言葉を聞いていたかのように、画面には黒銀灰色のガーゴイルが映し出されていた。
「あの色は……アダマンタイト?」
 だとすると相当の重量があるはずだ。だが見たところ、地面に付いた足跡はさほどの深さではない。
「うーん、表面だけなのかな?」
 その時、4号が襲いかかり、ガーゴイルが空へと飛び上がったのが見えた。
「また飛んだ、か。……やはりうまく重力魔法と風魔法を組み合わせているな」
「ジン兄、どういうこと?」
「ん? ああ、おそらくあいつがやっているのは……」
 仁はガーゴイルの飛行の秘密を見破っていた。
「重力魔法で重さを1000分の1くらいに減らし、風魔法で浮いていると思う」
 0にしてしまうと、かえって制御しづらくなるのだ。
「ラルドゥスも、礼子によれば剣の重さを制御して、振り回す時は軽く、激突の瞬間だけ重くしていたらしいしな」
 よほど制御が上手くないとそんな事はできないだろう、と仁は付け加えた。
 その時、画面の向こうでは、黒銀灰色のガーゴイルが魔族たちのただ中に降り立ったのである。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20140912 7時26分 誤記修正
(誤)黒銀灰色のガーゴイルは魔族たちのただ中に降り立ったのである。
(正)黒銀灰色のガーゴイルが魔族たちのただ中に降り立ったのである。

 20150319 修正
(旧)北北東に60キロというとそろそろだ
(新)北北西に100キロというとそろそろだ

(旧)……まさに何も無いところだな
(新)……川以外何も無いところだな
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ