挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

17 魔族解決篇

559/1567

17-08 魔素暴走

「全員……か?」
 その場にいた魔族が全員死んでいるというので仁は耳を疑った。
「はい。全員、です」
 一方、回復薬を投与したジャラルドスとバフロスクの方も、ベリアルスと同様に心拍数はなんとか平常通りになったようだ。
 つまり、生き残ったのはベリアルス、ジャラルドス、バフロスクの3人ということになる。その3人もまだ意識がない状態である。
 一体何があったのか、仁もエルザも、アンも礼子も、そして老君も頭を悩ませた。
「ものすごい閃光だった。だが、爆発じゃないんだな」
『はい、倒壊した建物もなければ、火災も起きていません』
 銀色のボールが何かの攻撃魔法を放った、それは間違いないと思われる。
 それが一体何なのか。
御主人様(マイロード)、状況から判断して、1つだけ可能性に思い当たりました』
 老君が報告を入れる。
「それは?」
「『魔素暴走エーテル・スタンピード』です」

 魔素暴走エーテル・スタンピード
 300年前、人類と魔族が戦った魔導大戦において、劣勢だった人類が使ったと言われる起死回生の一手。
 魔族の大半を滅ぼした反面、人類側にも多大な損害を出した凶悪な魔法。
 対策を立てるため、仁が捜し続けていた失われた禁呪。

「『負の人形(ネガドール)001』が使うとは……」
『いえ、御主人様(マイロード)。もしかしたら、かつての魔素暴走エーテル・スタンピードも『負の人形(ネガドール)001』が引き起こしたものという可能性もあります』
 人類と魔族を争わせ、その揚げ句に大量の命を奪う。やりかねない、と仁は思った。
『そう考えると、魔素暴走エーテル・スタンピードの詳しい資料が残っていないのも頷けます』
「ああ。だが、まさかここで使われるとは……」
 がくりと肩を落とす仁。
 そんな仁に声をかけたのは礼子だった。
「お父さま、もしもあの場にお父さまがいらっしゃったなら、命を落としていた可能性が高いと思います。不謹慎なのを承知で申し上げます、お父さまには蓬莱島にいていただいて本当によかった、と思います」
 老君も補足する。
御主人様(マイロード)、もし御主人様(マイロード)が命を落とされていたら、礼子さんはきっと世界を滅ぼしたのではないかとさえ思えます。そんなことにならずに本当によかった、と……』
 それを聞いた後、横にいたエルザが、寒くもないのにぶるっと震えた。

魔素暴走エーテル・スタンピードだとすると……」
 一番近くにいたのはアンだ。
「アン、何が起こったか、説明できるか?」
「はい、ごしゅじんさま。概要しかわかりませんが」
 そしてアンは説明を始めた。
 状況はアンの目を通して見ていたので、大体把握している。
「おそらく、過激派の一人もしくは数名に転移マーカーを仕込んであったようですね」
『針』の亜種なのか、それともポケットに持たせたのかはわからないが、いずれにせよ転移で攻めてきたわけである。
 これは少し前に老君と仁が想像した通りであった。
 次に、魔素暴走エーテル・スタンピードの様子。
障壁結界(バリア)を張っていたので、詳細は掴みきれませんでしたが」
 そう前置いたアンは自分に起きたことを説明する。
「まず、周囲の自由魔力素(エーテル)濃度が異常なほど薄くなりました。次いで、力が抜けていくようで、私は動作を停止したようです」
 とはいえ、動作停止してしまったため、大した事はわからない。
『アン、魔力貯蔵庫(マナタンク)の残量はどうですか?』
 そこへ、何を思ったか、老君が質問を挟んだ。
「はい、魔力貯蔵庫(マナタンク)は……残量ほぼゼロ、です」
「何だって?」
 自由魔力素(エーテル)豊富なこの地にあって、魔力貯蔵庫(マナタンク)魔力素(マナ)を使うという事態はまず起きないはずである。それがそうではなかった。ということは……。
御主人様(マイロード)魔素暴走エーテル・スタンピードの現象面について仮説を立てました』
 いち早く老君は、この状況から仮説を導き出していた。
「わかった。……できれば全員で聞きたいな。緊急呼び出しをかけてくれるか?」
『わかりました』
 そして老君は『仁ファミリー』全員に緊急呼び出しをかけた。一番忙しいラインハルト夫妻も、その理由を聞くと仕事を放り出して(秘書官に丸投げして)やって来たのである。
 そして仁は、全員が揃うまでの数十分間を使い、カプリコーン1を現場に近づけると共に、ナース1、2を派遣して生き残りがいないかどうかを確認させていた。
 それによると、現場から500メートル以内の被害者は絶望だったが、それよりも離れた所では生存者がいたのである。
 その数19人。100人以上いた『諧謔かいぎゃく』の氏族は、実にその8割が命を落としたのである。
 生き残った19人は一箇所に集め、回復薬を投与しておいた。
 そして、彼等の身体の診察結果も報告され、老君の仮説は更に裏付けられることになったのである。

*   *   *

魔素暴走エーテル・スタンピードは、その名の通り、自由魔力素(エーテル)に異常な振る舞いをさせる魔法です』
 仁、エルザ、ミーネ、サキ、トア、ステアリーナ、ヴィヴィアン、ラインハルト、そしてベルチェ。勢揃いした仁ファミリーの前で、老君は仮説の説明を始めた。
自由魔力素(エーテル)は小さな小さな粒です。魔導士は、魔力の一種である精神力で自由魔力素(エーテル)を捕らえて集めます。この自由魔力素(エーテル)は精神力によって新たな形態をとります。これが魔力素(マナ)ですね』
 まずは自由魔力素(エーテル)魔力素(マナ)のおさらいから始まった。
 魔導士でないミーネやヴィヴィアンが首を傾げているので、老君は更にわかりやすい例えを使うことにした。
『例えるなら、自由魔力素(エーテル)は石の粉です。そこに精神力という水を加え、練ることで粘土となります』
 今度はなんとなく理解できたようで、老君は話を続けていく。
『この粘土、つまり魔力素(マナ)は、精神力によっていろいろな形を取らせることができます。粘土から、茶碗、皿、急須、花瓶、置物など、形や用途の異なるものを作り出せるように、魔力素(マナ)も、火、風、水、土など、さまざまな属性を取らせることができます』
 サキもこの例えは気に入ったようで、大きく頷きながら聞いている。
『そして、粘土と違うところは、魔力素(マナ)は精神力でエネルギーに変えることができるということです』
 この辺から、科学を身に着けていないミーネやヴィヴィアンには辛くなってくる。
 サキやトアは、老君が用意した入門書を読みふけったり、仁やエルザ、ステアリーナに質問したりしてかなり勉強していたので、おおよそ理解できたようだ。
『この自由魔力素(エーテル)そのものを無理矢理エネルギーに変えてしまうのが魔素暴走エーテル・スタンピードに他ならないと考えます。この時、魔力素(マナ)も一旦分解されて自由魔力素(エーテル)に戻るので、依存性の高い生命体にとっては致命的なのでしょう』
 アンが停止したのは自由魔力素(エーテル)が無くなったためで、体内の魔力貯蔵庫(マナタンク)も残量がほぼゼロだったことから、魔力素(マナ)も奪われたと推測したようだ。
『このときのエネルギーへの変換は緩やかなので、爆発のような現象は起こりません。時間をかけて光となって拡散してしまうのでしょう。とはいっても数秒ですが』
 すぐに理解できたのは仁、エルザ、そしてラインハルト。サキ、トア、ステアリーナはやや漠然とではあるが、概ね理解した。ベルチェ、ヴィヴィアン、ミーネはなんとなく納得した程度である。

 老君は、以上が仮説です、と言って締めくくった。
「なるほどな。しかし、どうやって魔素暴走エーテル・スタンピードを起こすかまではわからない、か」
 この先、『負の人形(ネガドール)001』と対決する際、魔素暴走エーテル・スタンピードを使ってくることは十分に考えられる。
 そのための対策を講じるには、原理を知っておくことが早道であった。
『残念ですがわかりかねます』
「今わかっている情報を元にして効果的な対策は立てられるか?」
 だが老君は、難しい、と答えた。
『しかも、障壁結界(バリア)と魔力シールド構造の2つがあったにもかかわらず、魔力貯蔵庫(マナタンク)魔力素(マナ)が影響を受けています』
 障壁結界(バリア)と魔力シールド構造でも、防ぎきることはできなかった。
「……難しい問題だ」
 魔力素(マナ)を分解することはできるが、魔力素(マナ)自由魔力素(エーテル)に戻す、ということは今の仁には不可能である。
 このままでは、礼子と言えども魔素暴走エーテル・スタンピードをまともに受けたら動けなくなってしまうと言うことであった。
「ねえジン、自由魔力素(エーテル)を集めて魔力素(マナ)にできるような力なら、その逆もできるんじゃないのかな?」
 黙ったまま考え込んでいたサキが仁に助言をした。
「確かにな……」
 やり方は不明だが、特殊な波長と波形を持った魔力線を用いるという仮説を立ててみる。
 この時、発生の鍵となる特殊魔力波の強度を調整することで、範囲を限定することができる、と考えれば、中庭にいた者は命を奪われ、離れていた者には生存者がいた説明にもなる。
 何せ、魔導大戦時の魔素暴走エーテル・スタンピードは、数十人どころか、数万、数十万の人命を奪うほどの規模だったのだから。
「いずれにせよ仮説の域を出ないからな……」

 その時、仁は700672号のことを思い出した。
「以前『負の人形(ネガドール)001』がどんな技術を持っているか聞いたときに、魔素暴走エーテル・スタンピードの話は出なかったな」
「700672号も知らないのでしょうか」
 わざと黙っていたとは考えにくい。あり得るのは、彼も知らなかったということ。
『と、すると、『負の人形(ネガドール)001』が独自に開発した魔法ということですね』
 過去の超技術を身に着けた、狂った人形。
『手強そうですね』
「ああ、まったくだ」
 蓬莱島の仁は、絶対に『負の人形(ネガドール)001』を野放しには出来ない、と思いを新たにするのであった。
 ついに魔素暴走エーテル・スタンピードについて少しわかり始めました。
 仁も、魔力素(マナ)の分解はできても自由魔力素(エーテル)には戻せません。粘土の例えで言えば湯飲みを割ることはできても、粘土から石の粉に戻すことはできないわけです。(粘土なら乾燥させて砕けば?)

 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20140901 21時02分 誤記修正
(誤)そんな仁の声をかけたのは礼子だった
(正)そんな仁に声をかけたのは礼子だった

 20150519 修正
(旧)粘土から、茶碗、皿、急須、花瓶のように全く用途の異なるものを作り出せるように
(新)粘土から、茶碗、皿、急須、花瓶、置物など、形や用途の異なるものを作り出せるように
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ