挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

02 ブルーランド篇

52/1509

02-13 テンプレな展開

 結局その日は『湯沸かし器』を作り始めるには時間が足りず、昼食を済ませた仁とビーナは、昨日と同様、露店を出しに行った。
「なんだか昨日より人が増えてるような気がする」
 そこには昨日にもまさる人だかりが出来ていた。早速仕度に取りかかる2人。
「おう、待ちかねたぜ」
「早く作ってよ」
「はい、お待ち下さいねー」
 ポップコーン作りに取りかかるビーナ、魔導具を並べる仁。そこへ礼子が合流した。礼子の姿を見た仁は、
「お、礼子。もう済んだのか?」
「はい。大麦、小麦、コショウの買い付けは終わりました」
 小声で言葉を交わしているので、ざわついているお客達には聞こえていない。
「よし、それじゃあここで手伝っていってくれ」
「はい」
 それで礼子も店番に加わった。
「あら、可愛い子ね。あなたの妹さん?」
 お客の1人がそう言った。仁と礼子、どちらも黒髪なので兄妹に見えたようだ。
「いえ、私は……」
 娘です、と言いかけた礼子を遮り仁が、
「そうなんですよ。手伝いに来てくれたんです」
「へえ、いい子ね。あ、このライター1つちょうだい。昨日買って帰ったら義母がこれいいわね、って言って取られちゃった」
「はい、ありがとうございます」
 ライターを渡し、お金を受け取る仁。礼子は不満そうだ。だが仁は小声で、
「礼子、ここでだけは俺の妹という事にしておけ。わざわざ面倒ごとを増やすんじゃない」
「わかりました、……お兄さま」
 そんな感じでこの日も日が沈む前にポップコーンとライターは売り切れたのである。
「今日も売れたわね−」
「ああ、良かったな」
 そんな会話をしながら、ビーナの家に向かっていると、一行の前を遮った者がいる。
「へへへ、最近儲けているみたいじゃねえか」
「すこーし、俺たちにもお裾分けしてもらいてえんだけどな」
 柄の悪い男達が4人。4人共剣を腰に提げている。
「……うわ。何ともテンプレ」
 呆れる仁であるが、そんな仁には構わず男達はビーナの腰に提げられた袋に手を伸ばす。
「何するのよ! これは今日の売り上げなんだから!」
 その手を払いのけるビーナ。
「だーかーらー、ちょっくらお裾分けを、な」
「ふざけないでよ! 何であんた達なんかに!」
 どこまでも強気のビーナではある。仁も、
「そういうのを泥棒って言うんだけど、自覚してるのか?」
 そう質問した。すると中の1人が、
「それがどうした!」
 そう言っていきなり仁目掛けて殴りかかったのである。
 だが、次の瞬間、その男は宙を舞っていた。そしてそのまま、
「へぐっ!」
 変な悲鳴を上げて地面に叩き付けられ、そのまま沈黙。
「お父さまに何をするんですか」
 もちろん礼子の仕業だ。残った男3名は、10歳くらいにしか見えない礼子がやったとは信じられないようで、
「今何しやがった?」
「魔法使うのか?」
 等と喚き始めた。仁はそんな奴らに向かって、
「そいつを連れて帰った方が身のためだぞ」
 と言うが、そんな忠告を聞くような男達ではない。
「ふざけるなよ? 痛い目見なきゃわからないらしいな?」
 そう言って、剣を持った男の1人が腰に提げたそれを抜いた。
「ちょっと痛い思いしてもらおうか」
 そう言って仁に斬り掛かる。が、その剣が仁に届くことはない。
「出来ない事は言わないように」
 そう言い捨てた礼子が剣を一瞬で奪い取ったからだ。
「な、何!?」
「こんななまくらな剣、使い物にはなりません」
 そう言って礼子は、男の目の前でその刀身をくにゃ、とひん曲げて見せた。
「ば、化け物か!?」
 残った2人はそれを見て恐怖に駆られたらしく、剣を抜いて無茶苦茶に振り回し始めた。
「危ないですね」
 だが礼子は瞬く間にその剣を奪い去ると、今度はなんと手の中で剣をくしゃくしゃに丸めてしまった。
「う、うわああああああ!」
 それを見た男達は、気絶している1人を無視して逃げ出そうとする。
「卑怯な」
 そう言ったかと思うと、礼子は3人に追いつき、1人は鳩尾に一撃。1人は首筋に手刀。そしてもう1人は投げ飛ばし、気絶させてしまったのである。
「お父さま、終わりました」
「ああ、ご苦労さん」
 さも当然なような2人の会話、ビーナは、
「レーコってすごすぎ。これじゃあたしの『麻痺の杖』が役に立たないわけだわ」
 と、溜め息混じりにこぼしたのだった。

「で、こいつらどうしようか?」
 4人とも見事にのびている。
「そうねー、縛り上げて警備の兵士に突き出しましょう」
「わかった」
 仁は、男達が持っていた剣を『変形(フォーミング)』で針金に変え、男達を縛り上げていく。
「面白い使い方ね」
 変形(フォーミング)は工学魔法、ビーナも使えるので、真似して剣を針金に変え、最後の一人を縛り上げた。
「それじゃあ、まず荷物を置いてからこいつらを突き出しに行くか」
「そうね」
 それで、まだ気絶している男達を念のため木に繋いでおく。そして3人は荷物をビーナの家に置きに帰った。
「それじゃ奴らを引き渡しに行くか」
「そうね、面倒だけど」
 そういうわけで3人はとって返したのだが、4人はまだ気絶中。
「どうする?」
「お父さま、私が引きずっていきます」
 その言葉通り、礼子は兵士詰め所まで4人を引きずって行ったのであった。石にぶつかったり、ズボンが擦り切れたりしていたようだが。それらは仁達のあずかり知らぬ事であった。

*   *   *

「なんで作れないんだ! 無能!」
 館に罵声が響き渡る。
「ぼっちゃま、最高級のトウモロコシ、最高級の植物油、最高級の塩を使っているんですが……」
「なにが最高級だ! 焦げててちっとも膨らんで無いじゃないか! こんなもの食べられるか!」
 焦げ付いたトウモロコシの入った皿が投げ捨てられた。
「いったいどうしてなんだ? 作り方は簡単そうなのに……」
 そのぼやきに答える者はいない。
 テンプレな展開でした。しかし、礼子の実力だとこんな相手では戦闘描写にもなりませんね。
 そしてどっかの館での一幕。前にも書きましたが、皮の固い爆裂種でないと弾けません。

 日間ランキングに載りました。そのおかげでアクセス数がうなぎのぼりです。
 お読みいただきありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ