挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

15 魔族との出会い篇

512/1474

15-25 攪乱器

 仁はついでだから、とばかりにラインハルトたちにも連絡を取った。
 ラインハルトは当然ながら業務を放り出してでも来たがったが、ベルチェに諫められて泣く泣く断念。
「その代わり、結果は詳しく教えてくれよ!」
 との事であった。

*   *   *

「……というのが俺の推測になるんだ」
 エルザ、サキ、トア、ステアリーナ、ヴィヴィアンを前に、仁は改めて自説を開陳した。
「ふむ、ジン、君は自由魔力素(エーテル)は魔力の素であると同時に、魔力と精神力を伝える媒質になっているというんだね!」
 真っ先に反応したのはサキだった。
「そうさ。だから、自由魔力素(エーテル)を自由にできないか、それを考えていたんだ」
「ふむ。それにはまず、本当に自由魔力素(エーテル)が魔力と精神力を伝える媒質なのか確認する必要があるな」
 これはトア。研究者らしい意見だ。
『それにつきまして、情報提供をしたいと思います』
 ここで老君の声が響いた。
『転送機はご存じだと思います。これは魔力を用いて目的地との間に道を作る必要がありますが、自由魔力素(エーテル)が少ないと思われる南方への転送ほど困難になる傾向があります』
 北ほど自由魔力素(エーテル)が濃く、南ほど薄いというのは既知の事実である。老君からの情報は仁の説を裏付けることになった。
「魔力を伝えるというのは頷けるわ。でも、精神力? ……それがなんというか、あるのかないのか……怪しいわね」
 ステアリーナは精神力については半信半疑である。
「うん、でも、今問題になるのはそこじゃ、ない」
 エルザの指摘。そう、今は議論が目的ではなく、魔法の『攪乱器』を作ろうという話である。
「そうだったね。精神力がどうとかいう方は私も研究してみたいものだ」
 トアが興味を持ったようである。
「それじゃあ、魔法を妨害するために必要なのは何だというんだい、ジン?」
「それには魔法がどうして発動するのかを、原理だけでも解き明かす必要があると思う」
「……簡単に言うね、ジン」
 サキは仁の答えに少し呆れ顔。しかし仁は言葉を続ける。

『魔導士は呼吸などで取り込んだ自由魔力素(エーテル)を体内で魔力素(マナ)に変換し、蓄える。この保有量には個人差がある。
 使えば減るが、ゆっくりと回復する。おそらく細胞単位で魔力素(マナ)を蓄えていると考えられる。
 この魔力素(マナ)に精神力が働きかけて魔力となる。
 精神力が関係する以上、個人個人の魔力素(マナ)と魔力には差(個性)がある。
 魔力は周囲の自由魔力素(エーテル)を利用して魔法を発動させる。保有する魔力素(マナ)総量がその者が使える魔法の上限を決める』

 ……と、仁は更に踏み込んだ説を口にした。
「ふむ。詰まるところ、自由魔力素(エーテル)に働きかける力が魔力で、魔力は精神力によって魔力素(マナ)から引き出される、ということだね?」
 トアが仁の説を簡潔にまとめてくれた。
「ええ。ここで定義した『魔力』は、自由魔力素(エーテル)に働きかける力のことです。そして自由魔力素(エーテル)をさまざまに操り、いろいろな現象を起こしているのではないかと」
「私としては異を唱える根拠はないな。筋は通っている」
「その説を元に、攪乱器? それを作ろうということ、よね?」
 エルザの発言に、議論はもう一度本筋に戻される。そう、今は魔法という現象をとことんまで解明しようというのではなく、攪乱器を開発することが第一目的の集まりなのだ。目的を見失ってはいけない。
自由魔力素(エーテル)魔力素(マナ)は、相互に影響を及ぼし合っている、それは間違い、ない」
 これもエルザ。エルザは仮説を立てることに関してはそれほど得意ではないが、要点をまとめるのは得意のようだ。
「自分の体内で精製した魔力素(マナ)、は、思いのままに操れる。これは精神力によるもの。ここまではいい?」
「ああ、そうだな」
「なら、その魔力素(マナ)を、もう一度自由魔力素(エーテル)に戻してしまうことが、できるのでは?」
「なるほど……」
 その方向性ならば、魔法の本質に迫らずとも実用化出来るかもしれない、と仁は思った。
「もう一つ。障壁結界(バリア)がある。あれは魔力素(マナ)による結界、でいい?」
「なるほどなあ……」
 枝葉末節に拘らず、本質に迫れるエルザ。これは隠れた才能かもしれない。
 障壁結界(バリア)は、魔力によって空気中の自由魔力素(エーテル)を強引に『停止』させる結界といっていい。
 この時、自由魔力素(エーテル)がセメント、空気分子が砂または砂利に例えられる。つまり障壁結界(バリア)はコンクリートなのである。
 因みに真空中であれば、セメントだけつまり自由魔力素(エーテル)だけの障壁結界(バリア)が作られることになるだろう。
 停止つまり擬似的に固体化した自由魔力素(エーテル)は礼子の攻撃をも防げるほどの強度を持つわけだ。

「……ジン兄、何か思いついたの?」
 考え込む仁の表情が変わるのを見たエルザが話しかけた。
 エルザのキーワードとも言える数語で、仁は何かアイデアを思いついたらしい。

「例えば火属性魔法『火の玉(ファイアボール)』がある。この魔法は魔力素(マナ)を熱エネルギーに変え、それにより熱せられた空気を炎とし、飛ばすわけだ。これを例にとってみよう」
 この魔法を無効化するにはいくつかの方法が考えられる、と仁は説明する。
「1つ目。自由魔力素(エーテル)を供給させない」
 当然魔力素(マナ)も生成できないから魔法は発動しない。
「2つ目は魔力素(マナ)自由魔力素(エーテル)に戻す」
 エルザが言った方法。キャンセラーとでも言えようか。
「3つ目が今実用化されている魔力妨害機(マギジャマー)だな。詠唱によるトリガーを妨害して魔力素(マナ)を生成させない」
「うん。よくわかる。3つ目は除外するとして、1つ目と2つ目、どちらが、いい?」
「それは、方法の検討をしてみればわかるだろう」
 という仁の発言により、より実現性のある方法を選ぶこととなった。

自由魔力素(エーテル)を供給させないようにするには」
自由魔力素(エーテル)を無くす?」
「いや、それは無茶じゃないか?」
 こちらは原理はともかく、実用的ではなさそうである。
「それじゃあ、魔力素(マナ)自由魔力素(エーテル)に戻すのは?」
魔力素(マナ)は精神力によって自由魔力素(エーテル)から生成されるなら、その精神力を妨害したらどうかしら?」
「いや、いっその事……」
 トア、ステアリーナ、サキ。彼等もいろいろなアイデアを出していく。
 仁は楽しかった。ずっとこういう時間が続けばいいのに、という考えが頭の隅をかすめるが、今はそれどころではないと思い直す。
自由魔力素(エーテル)を無くすのは無理でも、自由魔力素(エーテル)をこっちの支配下に置くことはできるかもしれない」
 仁の説によれば、術者の魔力が周囲の自由魔力素(エーテル)に干渉して魔法を作り上げることになっている。その前に、自由魔力素(エーテル)をこちらの魔力の支配下に置こうというわけだ。
「原理、というかやりたいことは理解できるけどねえ……」
 トアは首を傾げている。
「それこそ、膨大な魔力が必要なんじゃないかい?」
 サキも父親と同意見らしい。
「いや、そうでもない。魔素変換器(エーテルコンバーター)という魔導装置(マギデバイス)があって、礼子を初めとした蓬莱島勢に搭載されているんだが、これは周囲にある自由魔力素(エーテル)に働きかけて集める機能も持っているんだ」
自由魔力素(エーテル)を集めるために魔力を大量に消費したら、本末転倒」
 エルザが補足してくれた。
「なるほど、それは道理だね」
 トアも納得したように頷いた。
「この範囲を大きく広げて、自由魔力素(エーテル)に干渉する。全部引き寄せる必要は無いけど、こっちの支配下に置いてしまえばしめたものだ」
「そう上手くいくかしら?」
 ステアリーナはまだ半信半疑である。
「論より証拠、実験してみよう」
 仁は魔素変換器(エーテルコンバーター)の出力を100パーセントにするよう礼子に指示をした。
「わかりました、お父さま」
「これで、礼子の周囲にある自由魔力素(エーテル)の大半は、礼子の魔素変換器(エーテルコンバーター)に『捕らえられた』はずだ」
 その状態で、大きな魔法を何か使ってみればわかるだろう、と仁が言う。
「大きな、と注釈を付けたのは、まだまだ余っている自由魔力素(エーテル)があるはずだからさ」
「ええ、それじゃあ私が。『純化(ピュアリ)』」
純化(ピュアリ)』は工学魔法であると同時に、対象物から不純物を取り除くという上級土属性魔法でもある。
 ステアリーナはポケットにあった魔石(マギストーン)の不純物を取り除こうとして……。
「あら、ほんとね。効きが悪いわ」
 その発動が鈍く、時間もかかる事に気がついた。
「なるほどね。これならできそうだわ、攪乱器」
 一筋の光明が見えたようである。
 今回の理論部分書き上げるのに3日掛かりました……orz

 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20140716 16時06分 表記修正
(旧)エルザの発言に、議論は本筋に戻される
(新)エルザの発言に、議論はもう一度本筋に戻される
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ