挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

02 ブルーランド篇

50/1505

02-11 庶民のためになる道具を

 昼食後、仁とビーナは露店を出しに向かった。
 いつも通り、露店エリアの一番端に簡易テーブルを置き、そこに魔導具を並べる。筈だった。
「なんなんだよ、この人だかりは……」
 そこは既に人で溢れかえっていた。
「あ! 来た!」
「おう、『ぽっぷこーん』、早く売ってくれよ! 子供が待ってんだよ」
「ぽっぷこーん2つ、早くしてね!」
「こっちはぽっぷこーん3つだ!」
 ほとんどの客がポップコーンを買いに来たらしい。
「はいはい、ちょおっとお待ち下さいね」
 そう言ってビーナはポップコーン製造器にトウモロコシを入れ、油と塩を加えて作動させる。3分ほどでトウモロコシが弾けだした。
「いつ見ても面白えよな」
「ああ、いい匂い」
 出来上がったポップコーンは、パウノキの木の葉でくるんで販売する。パウノキの葉はしなやかで破れにくいため、包装に広く用いられている葉である。
「はい、ありがとうございます、銅貨5枚になります」
 一包み5トール(約50円)、いい設定である。そもそも半分は宣伝のためにしているのだ。
「おお、待ちかねたぜ。これこれ、この味! 後引くんだよなあ」
 その場で包みを開け食べ始める者もいる。仁はその人気ぶりを見て呆気にとられていたが、はっと気が付き、商品を陳列した台の上に、用意してきた物を置く。
 それは商品の名称と値段を記した札である。露店を見て回った時、値札が出ている店は多かったが、商品説明は皆無に近かった。それでこういう用意をしてきたのである。
「ちょっと、この『ライター』ってなあに?」
 案の定、ポップコーンを買うために並んでいるお客が食いついてきた。
「はい、これは火を付けるための魔導具です。これは見本です」
 そう言って仁は、試作品のライターを使ってみせる。掌に入る大きさの直方体の箱、その中央部に付いている丸いボタンを押すと、小さな火が灯った。
「こうやって、火を熾すのに使えるんです」
 実演してみせると、
「へえ、いいわね。ちょっとやらせてくれる?」
 主婦だろうか、30くらいの女性がそう言ってきたので仁はライターを手渡した。
「こうやって……わっ、火が出た。これを付け木に付けるわけね。種火が消えた時とか便利そう。これ……50トール? うーん、欲しいわね。1つちょうだい」
「はい、ありがとうございます」
 早速1つ売れた。仁は試作を受け取り、商品を手渡して、お金を受け取った。
「ふうん、便利そうだな。俺にも1つくれ」
「ありがとうございます」
 ポップコーンを買うまで暇だったお客達から、ライターの便利さを目の当たりにして、買っていく人が出てきた。
「うーん、欲しいけど持ち合わせがないわね、ねえ、明日も売りに来る?」
「はい、来ますよ」
「じゃあ明日買おうかしら」
 そんな感じで、夕方になる前に用意したトウモロコシも全部無くなり、ライターも売り切れてしまった。
「帰るか」
「ええ……」
 疲れた顔のビーナ。慣れないことをして仁も疲れたので帰ることにした。
「だけど、よく売れるわね」
「ああ、俺も驚いた。200人以上買いに来てただろ」
「みたいね。売り上げがすごいわ」
 ビーナの腰に提げた袋は銅貨で溢れんばかりだ。仁の方は銀貨と銅貨が混じっている。
「両替とかは出来ないのか?」
 仁がそう尋ねると、
「手数料取られるからつまんないわ」
 と答えが返ってきた。

 ビーナの家に帰り、売り上げを計算する。
 ポップコーンの売り上げが2200トール、ライターが1000トール。計3200トール。
 そこから材料費としてトウモロコシ10キロが500トール、塩が100トール、油が300トール。ライター用の魔石が500トール、その他が100トール。
「差し引き1700トールの儲けね」
 一日で17000円くらい、と仁は脳内で換算した。まずまずであろう。
「それじゃあジンには半分の850トール。はいこれ」
 銅貨でいっぱいの袋が差し出された。
「ちょっと待て、こんなにいらないぞ」
「だって、山分けでしょ」
「そんなことはないだろう。工房はビーナの物だし、材料調達もビーナがやったんだ。7ー3でいいよ」
「えーっと、そうすると……? 計算面倒だから700トール受け取っておきなさいよ。ほら、果物とかもらってるし」
 そう言って、銀貨混じりで700トール差し出すビーナであった。因みに正解は510トールである。
「……まあいいか」
 苦笑いしつつ受け取る仁。
「さて、まだ時間はあるから材料調達しに行った方がいいよな?」
「そうね、疲れたけど今日中に買いにいって来ないと」
 ビーナは買い物用に大きな袋を肩に担いだ。仁も同様。
「まず魔石(マギストーン)から買おうかしら」
 買うなら軽い物からということで、ライター用の魔石(マギストーン)を買いに行こうとするビーナだが、それを仁は止める。
「待て待て、魔石(マギストーン)なら俺が用意してやる」
「え? ああ、そういえば、ジンは魔石(マギストーン)持ってるって言ってたわよね」
「そうさ。原価で売ってやるから、安心しろ」
「悪いわね……でもありがと」
 それで2人は塩、油、トウモロコシを買って回る。仁はようやく、食料用の大麦と小麦を手に入れた。
「儲けが全部飛んでっちゃったわ」
 少ししょぼくれるビーナ。まだ自転車操業から抜け出せないのは致し方ない。
「もう少しすれば余裕も出てくるよ」
 そう言って慰める仁。ビーナは、
「そうよね。ジンが来てくれる前はちっとも売れなかったんですもん、贅沢言えないわ」
 そう言って顔を上げた。
「でも、ライターの評判、良かったわよね。やっぱり、みんなの役に立つ物を作るってやりがいあるわ」
「そうだな、俺もそう思う。それじゃ、ライターはもちろん作るとして、他に何が作れるか考えておいてくれ」
「あ、帰っちゃうの?」
「ああ、悪い。明日はちゃんと来るから」
「そ、今日はありがとね」
 そう言って仁はビーナと別れ、トウモロコシと麦を担いで帰ったのである。

*   *   *

 場面変わって、城壁内のとある貴族の館にて。豪華な部屋の中には12、3歳の男の子が。これまた豪華な椅子に座っている。そこへやって来たのは使用人。
「ぼっちゃま、おっしゃる物を買ってまいりました」
 その使用人は手にしたパウノキの葉にくるまれた物を差し出す。
「おお、これか。うん、どれどれ」
 それはまごうかた無きポップコーン。それを一口食べた男の子は、
「うん、おいしい! これは今まで食べたことのない味だ」
 そう言いながら、ぱくぱくと勢いよく、そのまま全部食べてしまった。
「もう終わりか。おい、もっと買ってきてくれ」
 そう言われた使用人は申し訳なさそうな顔で、
「今日はもう店じまいしておりまして、明日にならないと買ってくることは出来ません」
 そう言われた男の子は不機嫌そうに、
「じゃあ、コックに命じて作らせよう」
  4/5 19時、儲けの分配の下りをちょっと修正しました

10キロのトウモロコシでだいたい500人分のポップコーンが作れるそうです。
 そして何やら出てきました。
 お読みいただきありがとうございます。

 20131212 09時37分 表記修正
(旧)人出
(新)人だかり
 人出は観光地などの人の様子なのでこの場合人だかりの方が規模的に適切かと。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ