挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

02 ブルーランド篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

49/1742

02-10 ライター作製

 翌日の朝、仁はリンゴもどきの実をカゴに入れてビーナの家を訪れた。礼子は今日も留守番である。というか家を建てている。
「ビーナ、いるかー?」
 そう言ってドアをノックした途端、ドアが勢いよく開いた。
「ジン! 来てくれたのね!……あれ?」
「……」
 仁はドアに弾きとばされていた。
「いてー……」
「ご、ごめんね」
 仁の額にはコブが出来ており、それを見たビーナは申し訳なさそうな顔。
「ああ、大丈夫だよ。……治療(キュア)
 自分に治癒魔法を掛ける仁。それを見たビーナの目が点になる。
「あああああんた、治癒魔法も使えたの!?」
「ん? 使えるっていってもこれだけだ。作っている最中の軽い怪我しか治せないぞ」
「それでもすごいわ……」
「で、なんであんなに慌てていたんだ?」
 コブを治した仁がビーナに尋ねた。
「あ、そうそう。あの『ポップコーン』、すごい売れ行きでさ!」
 ビーナによれば、最初は物珍しさで買っていく人だけだったそうだが、持ち帰って食べた人が、後を引く味わいにまた買いに来て、それを見た人が試しに買いに来て、というわけで午後には10キロのトウモロコシを全部使い切ってしまったそうだ。
「で、ジンにも分け前、というかお礼というか、これ渡したくて」
 銀貨を3枚差し出すビーナ。約3000円といったところか。
「すごいな、随分儲かったんだな」
「ええ。それでね、横に置いておいた魔導ランプも4つ、売れたの」
「おお。計画通り」
 仁としては、ポップコーンは客寄せで、魔導具を売る方がメインである。
「それで、店は昼からということにして、午前中は魔導具作ろうと思って」
「お、何かアイデアが浮かんだか?」
 仁がそう尋ねると、
「ええ。今思いついてるのは2つ。1つは、携帯に便利な魔導ランプでしょ、もう1つは着火用の魔導具」
 仁はそれを聞いて少し考えた後、
「着火用の魔導具、ってのは? 俺、あまり料理とかしないから使いどころがよくわからない」
「そうなの? あのね、魔法で火をおこせないのが普通なのよね、なのでそういう家は火種を保存しておくか、火熾(ひおこ)し使うのよね」
 火熾(ひおこ)しは、木と木を擦り合わせて火を熾すための道具である。
「火を出す魔導具もあるけど、高いし、庶民が手を出せる物じゃないわ。だから、種火を付けるだけの火が出ればいいと思ったの」
 仁は感心した。ビーナのいうのは要するにライターだ。
「うん、いいんじゃないか? もう構想は出来てるんだろ?」
「ええ、聞いてくれる? まず魔石(マギストーン)を……」
 そしてビーナの説明を聞いた仁は、
「いいと思うぜ。早速作ろうじゃないか」
「うん」
 それで製作に入る。
「大きさは掌に乗るくらいで、握ると火が出るようにしたいと思うの」
「うーん、握るというのは曖昧だから、こうしたらどうだろう?」
 仁は押しボタンを説明する。
「ああ、それいいわね。ここを押すと、魔石(マギストーン)魔導基板(プレート)に接触して動作する……と」
 こうしてライターが完成した。
魔石(マギストーン)は極々小さくていいからうんと安く出来そう」
 手持ちの魔石を砕いて豆粒のようにしたもので100回くらいは使用可能である。
「1つ100トール、じゃ高いわよね。50トールってところかしら?」
 約500円。100回使えるとして1回5円。いい線だろう。
「それに、火が出なくなったら持ってきてくれれば魔石(マギストーン)を有料で補充してやったらどうだ?」
「ああ、それ賛成。そっちは20トールでいいかしら」
「そうだな。で、多分だけど、これはじきに真似されると思うから、それまでに出来るだけ売って稼いだ方がいいな」
「そうね、確かに、真似される可能性大よね」
 ビーナも納得である。
「あ、それに、これからは全部の作品に、ビーナの物とわかるような刻印を入れておくといいと思うぞ」
「え? どうして?」
「類似品との区別が1つ。それと、名前を売っていくなら、今から始めた方がいい」
 するとビーナは少し顔を赤くして、
「そ、そうかしら? あたし、そんなこと考えたこと無かったけど」
「いや、お世辞抜きに、ビーナはきっとこの先、有名になれると思うぞ」
 真顔で仁がそう言ったものだから、ビーナはもっと顔を赤くして、
「あああ、あたしが、有名に? そ、そんなあ」
 更にくねくねし始めたので、仁は苦笑しつつ、
「この先、だからな。刻印のデザイン、考えろよ?」
「わ、わかったわよ」
 因みに仁はネーミングセンスと共にデザインの方も残念なのである。
 刻印は、ビーナの好きな百合の花の中にビーナのB(この世界の文字はアルファベットに良く似ていた)をあしらったデザインに決定。
「よし、ライターに刻もう」
 そう言った仁に、
「ライター?」
「あ、ああ。この魔導具、火を灯す(ライト)に因んで、『ライター』って呼ぼうかと思ってさ」
「ライター、ね。うん、いいんじゃない? 冷蔵庫といい、ジン、センスいいわね!」
 まったくの誤解なのだが、それを指摘する程仁も間抜けではなかった。

 午前中にライターを20個ほど作った2人は、昼食としてパンと野菜スープ、それにアプルル(リンゴもどき)を食べた。因みにアプルルは割合一般的な果物だった。
「おかげで弟と妹も喜んでるわ」
 仁がいろいろな果物を持ってきているので、2人とも食欲が出てきているそうだ。
「あ、でもアプルルはちょっと硬いかしら?」
 歯茎から出血していたのでビーナは心配している。
「それなら、ジュースにするか、焼けばいいじゃないか」
 仁がそう言うとビーナは目を丸くした。
「焼く? アプルルを?」
「ああ。芯をくり抜いて、砂糖とシナモンを入れ、フライパンで焼くんだけど」
 仁の説明を聞いたビーナは、
「砂糖は高いから無理よ。それにシナモンって何?」
「あー、そうか、ごめん。俺の故郷での食べ方なんだ。それじゃあすり下ろしリンゴということで」
 うっかりリンゴと言ってしまった仁だが、
「リンゴ? ジンのところではアプルルをそう呼ぶのね。うん、じゃあすり下ろしリンゴにしましょ」
 そう言ってビーナはアプルルをすり下ろし、弟妹達の食事と一緒に運んでいくのだった。
 焼きリンゴは芯をくり抜き、バターと砂糖、シナモンなどを入れてフランパンで炙ります。ハチミツ入れてもおいしそうですね。電子レンジで作ることも出来ます。
 お読みいただきありがとうございます。

 20160917 修正
(誤)午前中にライターを20個ほど作った2人は、パンと野菜スープ、それにアプルル(リンゴもどき)。
(正)午前中にライターを20個ほど作った2人は、昼食としてパンと野菜スープ、それにアプルル(リンゴもどき)を食べた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ