挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

02 ブルーランド篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

48/1655

02-09 蓬莱島、ただいま開発中

 蓬莱島に戻った仁を待っていたのは報告の山だった。
「西側の荒れ地を調査した結果、御影石、大谷石他の石材が大量に取れそうです。鉱物資源は鉄鉱石が豊富でしたが、他の鉱物はほとんど採れません」
「鉄鉱石は質の良いものを採掘して貯蔵しておいてくれ」
「東側の草原地帯には柵を作り、牧場にする準備が整いました」
「あー、金が出来次第、牛とか羊とか買い付けないとな」
「タツミ湾に港の設置が終了、生け簀も試験的に2箇所設けました」
「魚の種類とかも引き続き調査してくれ」
「台地の果樹園が出来上がりました」
「この後冷蔵庫作るから、収穫した果実はそこへしまっておいてくれ」
「北側の樹林帯にある有用植物のリストが完成しています」
「ゴムの木があるのか。これはいいな」
 等、等、等。結局、翌日まで報告は続き、ビーナの所へ行くのは1日お休みとなった。

「さすがに疲れた……」
 ゴーレムメイド達の働きぶりは仁の予想以上であった。
「お父さまの方はいかがでしたか?」
 報告を終え、礼子が聞いてきた。
「ああ。冷蔵庫の試作が完成した。それとポップコーン」
「ポップコーン?」
「このトウモロコシから作れる食べ物だ」
 仁は持ってきたトウモロコシの袋を出して見せる。それを受け取ったのはトパズ。
「早速畑に播いてみます」
「ああ、頼む」
 トパズは配下のゴーレムに渡し、指示を与えた。
「さて、それじゃあこっちでも冷蔵庫を作ろうか」
「お手伝いします」
 礼子とともに工房へと向かう仁。
「うちでは魔石(マギストーン)じゃなく魔結晶(マギクリスタル)使えるからいいよな」
 水属性の魔結晶(マギクリスタル)を取り出した仁は、さっそく魔導式(マギフォーミュラ)を刻み込んでいく。
 魔結晶(マギクリスタル)魔石(マギストーン)に比べて数十倍から数百倍長持ちするので直接魔導式(マギフォーミュラ)を刻んで使える。一方、魔石(マギストーン)は頻繁に交換する必要があるため、魔導基板(プレート)を使うというわけだ。
「氷を作るんじゃなく、直接冷却する、と」
 ビーナでは無理な方法だが、仁ならその魔導式(マギフォーミュラ)もわけなく構成する事が出来た。
「お父さま、筐体が出来上がりました」
 礼子は冷蔵庫本体を作っていた。
「よし。筐体には断熱の結界を施す、と。これでよし」
「完成ですね」
 出来上がったのは高さ1メートル、幅70センチ、奥行き60センチくらいのもの。
「よし、果物とか入れておこう。冷やして食べると美味いんだ」
「わかりました、あとで入れておきます」
「よし、そうしたら、使っていない部屋を冷蔵庫、いや冷蔵室に改造しよう」
 果物や木の実、穀物の貯蔵用の倉庫を作るわけだ。
「それでしたら1階の一番奥がいいと思います」
 巨大冷蔵庫であるが、仁と礼子が協力すれば、大きさはあまりネックにならない。出来上がった冷蔵室にもさっそく果実が運び込まれていった。

 同様にして、部屋をもう一つ使って冷凍室も作る仁。長期保存なら冷凍の方がいいからだ。氷も作れる。
 そこにも果実や木の実を貯蔵した。
 全て終わるともう夕暮れ。研究所内に設えたダイニングルームに足を運んだ仁だが、
「あー、今日も果物と木の実の食事か……」
 ぼやきがこぼれる。それを聞いた礼子は、
「お父さま、少しですがパンと干し肉があります」
「本当か!?」
 急き込んで尋ねる仁。
「はい。実は、先日、お父さまがビーナさんと工房に籠もっている間、露店で魔石(マギストーン)を売ってお金を作ったんです。それで買っておきました。余計な事だったでしょうか?」
 そう答えた礼子は心なしか心配そうに見える。が、仁は、
「そんなことないさ、良く気が付いたな礼子。うれしいよ」
 そう言って、礼子が差し出したパンを焼き、干し肉をあぶった。
「うん、うまい」
 パンに干し肉を挟んで食べる仁。塩加減がちょうどいい。それを見た礼子は微笑み、
「よかったです」
 だが、パンも干し肉もあと1食分。
「明日は食料を確保したほうがいいな」
 食べながらそう考える仁であった。そして、あることを思いつく。
「そうだ、礼子、外にも家を建てたいな」
「家、ですか?」
「ああ。この研究所は極秘として、仮に誰かを連れてくる事があった場合は、外に建てた家に案内すれば最低限の秘密は守れるだろう」
 すると礼子は少しだけ眉をひそめ、
「……それは、ビーナさんのことですか?」
「いや、別にビーナに限るわけじゃない。たまたま転移門(ワープゲート)があったのが家の近く、ということにすればいいと思っただけだ。なにしろ、どこからやってきたのかわからないというのはこの先、穀物とか家畜とかを買い付ける時に不利だろうしな」
「そういうことですか。わかりました。それでしたら、ソレイユとルーナに手伝わせて作りましょう」
「あまり大きい家でなくていいからな。こぢんまりしていてかまわない。そうだな、ビーナの家の倍くらいあればいいか。簡単な工房もダミーとして造っておくか」
「了解です、おまかせ下さい」
 これで、ビーナに『どこからきた』のかの説明がし易くなったと安堵する仁であった。
 ちょっと短めです。拠点も充実させないと。
 お読みいただきありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ