挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

14 家族旅行篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

464/1680

14-15 無力化

 前話、14-14を一部修正してあります。
(改)(元)で分けましたので、よろしければ読み返してやって下さい。
 矛盾はほとんど無いはずですが……。
 ご迷惑をおかけします。
 一部の権力者とその一族が超法規的な権利を振りかざす、それがセルロア王国の体制であるようだ。
 その中でも群を抜いて我が儘のし放題、それが目の前の2人。
「旧弊なんてもんじゃないな……いや、独裁国家……都市なのか?」
 およそ法治国家らしくない、と仁は思った。
「ステアリーナが逃げ出したくなるわけだ……」
「とにかく! そのナイフを寄越しなさい!」
 我が儘公女はまだ叫んでいるし、
「エルザ、さあ、僕の所へ来い!」
 我が儘公子も戯言をほざいている。
「ジン、兄……」
 肩に縋るエルザの目に光るものを見つけた仁は、
「あいつに何かされたのか?」
 と尋ねた。エルザは無言でこくりと頷く。仁にはそれで十分だった。
「ステアリーナ、せっかく招待してくれたけど、もういいよな?」
 仁の怒気を感じたステアリーナだが、自分も相当頭にきていたので大きく頷く。
「もう、やっちゃってよ!」
 完全にセルロア王国に愛想を尽かしたという顔で、ステアリーナは投げやりに叫んだ。
「……おにーちゃん、あのひとたち、わるいひとなの?」
「そうだよ。自分勝手な事を言って、他人に迷惑かけているんだ」
「おばあちゃんがいつもいってるよ、ひとのいやがることはしちゃいけない、って」
「そうだ。あの2人はそんなこともわからない大馬鹿者なんだよ。ハンナはあんな風になっちゃ駄目だぞ?」
「うん! あたし、いい子でいる!」
 明るく返事をしたハンナの頭を仁は一撫でする。
 その雰囲気に、エルザとサキも思わず頬を緩めた。

 だが、我が儘兄妹は黙っていない。
「……いい加減にしろ。僕たちに向かって言いたい放題。その罪、死罪に値する!」
「泣いて許しを請えば、命だけは助けてあげてもいいわよ?」
 仁はうんざりした。
「……いい加減にしろ。そうやって何人の人々を泣かせてきたんだ?」
「ふん。自分が所有する領民をどう扱おうと勝手だろう?」
 その物言いに、仁も我慢の限界。仁の怒気を感じ取った礼子は既に臨戦態勢だ。
「お父さま、あのお馬鹿2人に、現実を教えてやっていいですか?」
 従弟とも言えるエドガーを痛めつけられて、礼子も少々怒っているのである。
「ああ。可哀想だが、バカな主人に仕えたのが不運だ。自動人形(オートマタ)を全部無力化してしまえ」
 仁の許可が出た。『破壊』ではなく『無力化』なのが慈悲といえばいえるのだろう。
「な、生意気な! 行け、お前たち! あのガラクタ人形をばらばらにしてしまえ!」
 我が儘公子の命令を受け、10体の護衛自動人形(オートマタ)が礼子に襲いかかった。
 礼子は何もしない。ただ待ち構えるだけ。
 1体は礼子の胴体を抱え込み、1体は礼子の頭を抑えた。残る8体は、2体1組で両腕と両脚を掴む。
「ふははは! どうだ! こうなっては何もできまい! ばらばらに引き裂いてやる!」
「……どこまでも趣味悪いんだな、お前」
 冷めた目でアルベールを見つめる仁。そのそばに寄り添って立つエルザ、ハンナ、サキ、ステアリーナ。
 エルザの隠密機動部隊(SP)は再び不可視化(インビジブル)をまとい、姿を消してはいるが、すぐそばにいて、周囲を警戒している。仁とハンナの隠密機動部隊(SP)も同様だ。
「ふん、負け惜しみか。……お前たち! 引き裂け!」
 その命令で、10体の護衛自動人形(オートマタ)は力を込める。……が、何も起こらない。
「どうした? 遠慮はいらないぞ?」
 だが、10体に引き裂かれようとしているはずの礼子は平然としている。
「……それで全力ですか? そろそろこちらから行きますよ?」
 礼子は身体を一ひねりする。それだけで10体の護衛自動人形(オートマタ)は振り飛ばされてしまった。
「な、なにい!?」
 仁も礼子も、護衛自動人形(オートマタ)の潜在能力の見当は付いていた。魔素変換器(エーテルコンバーター)もしくは自由魔力炉(エーテルドライバー)魔力炉(マナドライバー)の出力でわかる。
 過去、強敵を含む数々のゴーレム・自動人形(オートマタ)と対峙してきたが、この護衛自動人形(オートマタ)は弱い部類に入るようだ。
 例えは悪いが、もしも礼子がエドガーを蹴ったら、跡形もないくらいにばらばらになってしまうだろう。それも40パーセントくらいの出力で、だ。
「護衛自動人形(オートマタ)、おそらくエドガーと同じくらいの力しかないんだろうな」
 ゴーレムと異なり人間に似せることを追求したため力は二の次、それが普通の自動人形(オートマタ)である。
魔素変換器(エーテルコンバーター)出力、30パーセント」
 20パーセントでも十分と思われたが、大事を取って30パーセントの出力を出した礼子は敵に襲いかかった。

 自動人形(オートマタ)の弱点、それは一般的に言って頭部である。
 人間に似せることを優先したため、頸部すなわち『首』の強度が不足気味なこと、視覚情報を二つの目でしか得ていないこと。
 この2点を踏まえ、無力化に有効な攻撃箇所は首である。
 戦闘用ゴーレムなら、破壊すべき首すら持たない物が多いが、自動人形(オートマタ)は違う。
「『首投げ』」
 相手の頭上を正面から跳馬の前転跳びのように跳び越えつつ、頭を極め、そのまま後方に着地すると同時に、背負い投げ式に投げ飛ばす。
 人間相手にやったなら首が折れる。自動人形(オートマタ)の場合も同じ。まず1体、首があらぬ方に向き、行動が停止する。
 普通、視覚情報が無くなる、つまり見えなくなった時には、暴走などの危険防止のため自動人形(オートマタ)なら非常停止するようになっているのだ。
 だが、2体目以降は、その攻撃を警戒し、剣を抜き、盾を突き出した。
「ならば」
 礼子は突き出された盾を無造作に掴み、内側に捻り込む。礼子の力に、護衛自動人形(オートマタ)の体勢はあっさりと崩れた。
 すかさずその腕を抱え込み、『腕投げ』で地面に叩き付ける。仰向けにひっくり返ったところを目掛け、顔面を蹴り付けることで頭部はひしゃげ、2体目も停止した。
 ここまで約10秒。
 残った8体が一斉に飛びかかってくる。礼子は斜め前へジャンプ。
 1体の顔面に膝蹴りを加えつつ包囲を逃れた礼子。当然蹴られた1体は行動不能になっている。
「今度はこれを試してみましょうか。……『消去(イレーズ)』」
 それはかつて統一党(ユニファイラー)が開発した隷属化魔法の一つ。仁たちが実用化したシールド構造を備えていない限り防げはしない。
 制御核(コントロールコア)を消去された護衛自動人形(オートマタ)は当然停止する。この方法で3体が停止させられた。
 既に半数以上の護衛自動人形(オートマタ)が停止させられたのを見て、我が儘兄妹は目を見張っていた。
 その間にもまた1体行動不能に。これで残るは3体である。
「速度が違いすぎるな」
 仁も彼の仲間も、安心して礼子の戦い振りを見守っていた。30秒もしないうちに10体の護衛自動人形(オートマタ)は3体にまでその数を減らしたのだから。
「兄様! 私の護衛自動人形(オートマタ)も参加させます! ……行きなさい! お前たちはこっちの奴等を攻撃するのよ!」
 我が儘公女、ベアトリクスは仁たちを攻撃するよう命令を下した。
 だが仁たちは既に全員バリアを展開済み。護衛自動人形(オートマタ)如きに破れるものではない。
「なんでよ? なんで奴等を捕まえられないのよ?」
 仁たちの手前30センチほどで護衛自動人形(オートマタ)の行動は阻まれており、拳も蹴りも届いていない。剣を抜いて斬りつけても同じ。
「……鬱陶しいな」
 剣まで抜いて斬りつけてきたと言うことは、明らかに殺す気だと言うことだ。
「このやろう」
 ハンナまで巻き込むそのやり方に仁は更に怒った。隠密機動部隊(SP)に命じようかとも思ったが、自ら手を下すことにする。
「『光束(レーザー)』」
 仁の腕輪から光が伸び、護衛自動人形(オートマタ)の胸を貫く。それは過たず制御核(コントロールコア)を貫いた。魔法工学師マギクラフト・マイスター、仁ならではの照準である。
 次々に8体の自動人形(オートマタ)はすべて制御核(コントロールコア)を破壊されて停止した。
「な、な、なんてこと! あんた、いったい何者なのよ!?」
「……お前に名乗る名は無い」
 冷たく言い放つ仁。
 サキとステアリーナはここまで怒った仁を見たことがなかったが、エルザは違う。
 これだけ怒った仁を見るのは、統一党(ユニファイラー)との一戦以来だ、と思った。そしてハンナは、ワルター伯爵の兵に囲まれた時の仁を思い出していた。

 礼子の方も、10体の護衛自動人形(オートマタ)をすべて行動不能にし終えていた。
「さて、まだやるのか?」
 仁が睨み付ける。正直、童顔な仁が睨んでもたいして迫力はないのだが、18体の護衛自動人形(オートマタ)を2分かからずに全滅させられた我が儘兄妹は顔面真っ青である。
「ぼ、僕に指一本触れてみろ! 父上が黙っちゃいないぞ!」
「わ、私は公女よ! 何かしてみなさい! お尋ね者にしてやるんだから!」
 この期に及んでも反省してない2人。だが。
「……やれやれ、楽しかったお遊びもそろそろお終いと言うことかなあ」
「……アンドロ?」
 ベアトリクスお付きの少年、アンドロが一歩踏み出した。
 レーザーの魔法、『光束(レーザー)』としました。『ライト(レーザー)』だとわかりにくかったので。

 お読みいただきありがとうございます。

 20140529 15時26分 誤記・表記修正
(誤)醒めた目でアルベールを
(正)冷めた目でアルベールを

(誤)この後に及んでも
(正)この期に及んでも

(旧)たちまちにして8体の自動人形(オートマタ)はすべて制御核(コントロールコア)を破壊されて停止した
(新)次々に8体の自動人形(オートマタ)はすべて制御核(コントロールコア)を破壊されて停止した

(旧)法治国家とは思われない、と仁は思った
(新)およそ法治国家らしくない、と仁は思った

        21時50分 誤記・表記修正
(誤)2体め以降は
(正)2体目以降は

(誤)楯を突き出した
(正)盾を突き出した

(旧)魔素変換器(エーテルコンバーター)もしくは自由魔力炉(エーテルドライバー)の出力でわかる
(新)魔素変換器(エーテルコンバーター)もしくは自由魔力炉(エーテルドライバー)魔力炉(マナドライバー)の出力でわかる

(旧)ー
(新)エルザの隠密機動部隊(SP)は再び不可視化(インビジブル)をまとい、姿を消してはいるが、すぐそばにいて、周囲を警戒している。仁とハンナの隠密機動部隊(SP)も同様だ。
 を「そのそばに寄り添って立つエルザ、ハンナ、サキ、ステアリーナ。」の後に追加。

(旧)ー
(新)隠密機動部隊(SP)に命じようかとも思ったが、自ら手を下すことにする。
 を「ハンナまで巻き込むそのやり方に仁は更に怒った。」の後に追加。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ