挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

02 ブルーランド篇

44/1473

02-05 改良、改善

「ここがあたしの工房よ。小さいけどね」
 ビーナに案内されてやってきた工房。そこは、ブルーランドの郊外というかかなり離れた所にあった。ビーナの言うところでは、
「都市の中? あそこは金持ちと貴族しか住んでないわよ。一般庶民はみんな城壁の外」
 だそうだ。仁はここにも政治の腐敗を感じるが、自分とは無縁だと、考えるのをやめた。

 ビーナの工房は広さ10畳くらい。個人の工房とすれば普通だろう。が、置いてある道具・工具類が少なかった。
「それより、弟と妹は?」
 病気だという弟妹が気になる仁。
「住まいはこの後ろ。気にしなくていいわよ」
「そうもいかないだろ。一応容態を見せてくれないか」
 そう言って粘る仁にビーナは、
「あんた、病気のことわかるの?」
「常識的なことくらいならわかる」
「そ、そうなの? じゃあ、念のため診て貰おうかしら」
 それで、工房の裏手にある家へと向かった。家といっても掘っ立て小屋に近い。
「工房にお金使っちゃったからね」
 少し恥ずかしげなビーナだった。
「ナナ、ラルド、具合はどう?」
 家に入り、2人が横たわる部屋のドアを開けたビーナは弟妹に声を掛ける。
「おねえちゃん、今日は早いね」
 妹のナナ。12歳くらい、ビーナと同じ赤毛。
「うん、だいじょうぶ。いつもとおなじ」
 そう答えたのが弟のラルド。やはり12歳くらい。こちらは茶色の髪。2人とも痩せこけている。
「そのひとは?」
 ビーナの後ろにいる仁に気が付いたナナが尋ねた。仁は自己紹介する。
「俺は仁。ビーナの知り合いで、工房の手伝いをしてるんだ」
 そう言うとラルドが、
「そうなの? おねえちゃんの先生って有名な魔法工作士(マギクラフトマン)なんだって。だからおねえちゃんもすごい魔法工作士(マギクラフトマン)なんだよ!」
 自慢そうに言うので、
「ああ、そうだよな。俺もいろいろ勉強になるよ」
 仁がそう言った時、部屋の外にいた礼子の顔が引き攣ったようだった。

*   *   *

 家から工房に戻った仁。
「で? 2人の病気、なんだかわかる?」
 怠そうな様子、歯茎からの出血から、仁は壊血病ではないかと当たりを付けていたが、確信が無いので、
「うーん、思い当たることはあるんだが、自信がない」
 と答えるに留めた。
「そう、やっぱりね。そっちは期待してなかったからいいけど」
 そう言ってビーナは弟妹の昼食にスープを温めに行った。
 この機に仁は礼子に指示を出すことにする。
「礼子、急いで研究所に戻って、魔石(マギストーン)を探してきてくれ。それから、桃みたいなあの実をたくさん持ってきて欲しい」
「でも、それではお父さまがおひとりに」
 そう心配する礼子に、
「大丈夫さ。ここに危険があると思えないし、急いで行って帰ってきてくれれば」
「はい、わかりました。大急ぎで行ってまいります。くれぐれも危ないことをなさいませんように」
 そう言って礼子は風のように姿を消した。そこにビーナが戻ってくる。
「あれ、ひとり? レーコは?」
「ああ、礼子にはちょっと用事を頼んだ。じき戻ってくるだろ。それより、始めようぜ」
「ふうん? まあいいけどね。じゃあ、そこに掛けて」
 厚い木で出来た作業台を挟んで椅子に腰を下ろす2人。
「それじゃあ、なにからいこうか? ビーナに任せるよ」
 仁がそう言うと、
「そうね、それじゃこれ見てくれる?」
 ビーナが作業台に置いたのはランプ。どこの家でも使っているようなありふれたものだ。
「魔導ランプ、か」
「これって、先生の所で最初に作り方教わるのよ。それって基本だってことよね? だから見て欲しい」
「わかった」
 手にとって眺める仁。魔石(マギストーン)の魔力を、魔導基板(プレート)に刻んだ魔導式(マギフォーミュラ)で光に変換するもの。基本的に魔石(マギストーン)は何属性でもかまわない。
「うーん、筐体の作りが甘い。魔導式(マギフォーミュラ)が雑だから変換効率が悪い」
「さっきも魔導式(マギフォーミュラ)杜撰ずさんとか言ってたわよね。じゃあお手本見せてよ」
 ここで実力を見せておけば、この先素直に意見を聞いてくれるだろうと、仁は思った。
魔導式(マギフォーミュラ)を書き込む魔導基板(プレート)の替えは?……ああ、それでいい」
 魔石(マギストーン)に接触させて魔法を発動させる、いわば触媒の役目を果たす魔導基板(プレート)。それに仁は魔導式(マギフォーミュラ)を刻んでみせる。
「魔力吸引、魔力貯留、魔力安定化、魔力変換、魔力発動」
「ちょ、ちょっと待ってよ。『魔力貯留』『魔力安定化』って何? そんなの習わなかったわよ?」
 魔導基板(プレート)に式を刻み終わった仁はビーナに見せながら、
魔石(マギストーン)の魔力って、純粋じゃないから、揺らぎが大きいんだ。だから吸引してすぐに光に変換するとちらちらしちまう」
 仁の説明に、ビーナは思うことがあったらしく、
「ああ、確かに、明かりってちらつくわよね。それってそんな理由だったの?」
「そうさ。試しにこの魔導基板(プレート)と交換して光らせてみな」
 そこでビーナは、仁が刻んだ魔導基板(プレート)をセットし、ランプを起動させる。
灯れ(オン)
 するとランプは明るく灯る。しばらくそれを見ていたビーナは、
消えろ(オフ)
 ランプを消し、仁に向き直って、
「確かに、ちらつきがないし、明るくなったみたい。あんた、口だけじゃなかったのね」
 苦笑した仁は更に、
「売り物にしようって言うんなら、筐体も少しは凝らなきゃ駄目だろう。有名な魔法工作士(マギクラフトマン)の作ならともかく、まだ無名の新人だったら人目を惹くような物にしないと」
「なるほどね……」
 今度は素直に聞く気になったようだ。ここぞと仁は、
「他の物もそうだ。思いつきで作ったように見受けられるが、これだって有名な魔法工作士(マギクラフトマン)だったらお客はわれ先にと買いに来るだろうけど、そうじゃなかったら、まずお客が何を欲しがっているか考えて作らなくちゃ」
「確かに……。あんた、ジン、すごいわね」
 商売の心得とも言えない程度のことだが、ビーナには新鮮だったらしい。真剣に考え始めた。そして、別の魔導具を取り出し、仁に見せる。
「それじゃあ、こっちは結界発生の魔導具なんだけど」
「うん」
 手にとって調べていた仁だが、突然その手が止まり、顔をしかめる。
「……」
「何?」
「これ、何に使うんだ?」
「結界を張るのよ」
「それはわかる。何に対して、何に対する結界を張るんだ?」
「え?」
 仁の質問に答えられないビーナ。
「はあ……。やっぱり考え無しに作ったんだな。その様子じゃ、試してみてもいないだろう?」
「え、ええ。それは1番新しい作だから」
 そう答えたビーナに仁は手にした結界発生の魔導具から魔導基板(プレート)を取り出し、
「ここの式だけど、これだと、発生する結界はいろいろなものを防ぐよな?」
「ええそうよ。打撃、水、火、雷、風」
 そこで仁は、
「それだ。いいか、それだけのものを防ぐ結界は確かにすごい。だけど、この魔石(マギストーン)を使うんだと、大きな結界は張れないだろ?」
「まあね。荷物に張る様な使い方になるわよね」
「そこで問題が出る。中に人が入れない結界だから、1度発生させたら、魔石(マギストーン)の魔力が尽きるまで解除できない」
「ええ? ほんとだ、気が付かなかった……」
 仁の指摘はまだまだ続く。
 仁は弟妹の病気についてわかったようですが、今は確信が無いので黙っています。代わりに果物を取りに行かせてます。
 また、結界の特性で、打撃と風を防ぐということは空気の振動を通さない、つまり音が通らないから結界解除の声が届かないんです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ