挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

13 拠点充実篇

432/1479

13-20 2つのはじまり

 クララ・ミレスハンは優秀な治癒師であった。
 最上級の治癒魔法、『完治(ゲネーズング)』と『全快(フェリーゲネーゼン)』を使いこなす治癒師。彼女の手にかかれば死人も生き返る、とさえ言われていた。
 だがそれはもちろん誇張であり、死んだ者は生き返ることはないし、治せない病人や怪我人も存在した。
 それでも彼女が最優秀の治癒師であることに変わりはなく、更には貴族庶民関係なく診療すると言うことで、特に庶民からの人気が高かった。
 そんな彼女が救った赤ん坊。8ヵ月ほどで生まれた未熟児(正確には早産児)。
 身体の異常は無かったが、身体が小さく、なかなかお乳も飲まず、母親をやきもきさせた。折悪しく、はしかが流行っていた時期で、その子供も例に漏れず感染。
 だが、クララのおかげで一命を取り留め、その後は順調に成長したのである。

「……それがわたくしの母、らしいですわ」
 らしい、というのは全て聞いた話だからである。当然だが。
「そうだったのか……初めて聞いたよ」
「うふふ、あまり自慢できるお話ではありませんものね」
「いや、ありがとう、ベル」
 甘い雰囲気を出す二人だが、仁の言葉がそれを中断させる。
「……悪いけど、それで? そのクララさん、にいったい何があったんだ?」
「あら、失礼しました」

 確かに腕はいいし、患者に分け隔てもしない。人気が出るのは当然……とはいえ、それは庶民からの話。
 貴族にしてみれば、庶民と同じ診療内容であるということがまず不満の種である。
「庶民に触れた手で触るな」
 と言う者をはじめ、
「庶民と同じ扱いを受けるのが気にいらん」
 と公言してはばからない者さえいた。
 この流れは旧態依然とした貴族に多く、そういった貴族は得てして爵位が高いのである。
 そして起こるべくして起こった事件。

「……とある公爵家の第2夫人、彼女の病を治せず、死に至らしめてしまったのだそうですわ」
 当然非難されることになる。それはただの非難ではない。公爵家が『悪意』を持って発した非難は、そうした旧態依然とした貴族全部がクララを糾弾する事態を作りだした。
 その結果、ショウロ皇国にいられなくなった彼女は、娘を連れて姿を消した。
「その娘さん、というのがサリィさんではないか、と思ったのですわ」
「……なるほど」
「付け加えるなら、クララさんが治癒師になった切っ掛けというのが、旦那様を病気で亡くしたためだとか」
「ふうん……」
 母子2代に渡って病気や怪我に立ち向かっているのか、と、仁はサリィの苦労を思う。
 そういう人なら、是非とも『ファミリー』として、世界のために研究をして欲しいとも思う。
 そして仁は気が付いた、自分が集めるべき人材に。
 不屈の意志、尽きぬ興味、見果てぬ夢、譲れない想い。
 枯れない情熱、限りないこころざし、至高を目指す向上心。
 そんなものを持つ同志。それが『仁ファミリー』なのだ、と。
 今いる同志、ラインハルトとベルチェにそれを言うと、
「なるほどなあ、確かにそうかも」
「ジン様、いいですわね!」
 と、二人とも賛同してくれたのである。
 仁は、侯爵に扶桑島構想を否定されたときから心に澱んでいたものが消えるのを感じた。

*   *   *

 一方、時間は少し戻る。同日、6月29日、昼。場所はカイナ村。

「サリィ先生はやっぱり凄いですね。いらして下さって助かりました」
 村長ギーベック宅でサリィ、ミーネ、エルザが話をしていた。
 サリィは村中の家を一通り回り終えたところである。
「先生、その節は母がお世話に、なりました。恩に着ます」
 エルザが改めてサリィに礼を言っている。
「いやいや、治癒師は患者を治すのが仕事だ。礼を言ってくれるのはありがたいが、恩に着てもらおうとは想わない」
 サリィは笑って受け流した。
「でも、ジン様が先生をお連れになった時はびっくりしました」
「ああ、私もだ。でもすっかり健康になったようだね」
「ええ、ジン様と、ここでの生活のおかげです」
 サリィは差し出されたお茶を一口飲み、楽しそうな口調で言う。
「ふふ、ここはいい村だ。それにジン君、か。不思議な男だな」
「ええ、本当に」
 サリィとミーネはなかなか気が合うようだ。仲の良い姉妹、といった雰囲気である。
「しかしエルザ、だったか。その若さで最上級の治癒魔法を使うとはね。末恐ろしいよ。経験を積めば、私なんかより遙かに優れた治癒師になれるだろう」
「それもこれも、ジン兄のおかげ、です」
「ふふ、君もやっぱりジン君、か。そういえば彼はどこへ行ったんだろう?」
 朝から姿が見えないようだが、と付け加えた。
「ジン兄はきっと、どこかへ出掛けたんだと思い、ます」
「ふむ、そうか。古代遺物(アーティファクト)を持っているんだったな。それで租借地をほったらかしか。お忙しいことだ」
 そう言いながらもサリィの顔は笑っている。
 そんな時。

「村長、ラグラン商会のエリック殿がお着きになったようです」
 バトラーAがやって来て報告している声が聞こえた。
「おお、そうか。予定通りだな。こちらに来たらジンが用意してくれた店兼住宅に案内してくれ」
「かしこまりました」
 バトラーAはそれで退室したが、聞きつけたサリィは疑問を抱く。
「誰かが来たのかな?」
「エリック、と言ってましたね」
「多分、バーバラの恋人」
 サリィ、ミーネが疑問を呈し、エルザがそれに答えた。
「ああ、聞いた事あるわね。そうなの、こっちにお店を出して、バーバラと一緒になるのね」
「ふうん? バーバラというのは……ああ、あのお嬢さんか。村長さんの姪御さんだったんだね。まあ、住人が増えるのはいいことだ」

 それからしばらくして、バーバラが息せき切って駆け込んできた。
「叔父様、エリックが来たのよ! 何で教えてくれなかったの?」
「教えたはずだがなあ。お前、ちゃんと聞いてなかったんじゃないのか?」
「う……そ、そんなことないもの!」

「ふふ、賑やかですね」
「……バーバラ、嬉しそうな声」
「若いというのはいいものだなあ」

 村長宅から歩いて数分のところに、ラグラン商会カイナ村支店になる建物はあった。
「ええっ、ここを使っていいのかい?」
「そうよ。ジンさんが用意してくれたのよ!」
「そ、そうか。あのお城といい、ジンさんっていったい……」
「ジンさんはジンさんよ。一々驚いていたらこの村でやっていけないわよ!」
「はは、ごもっとも」
 バーバラとエリックの笑い声は、抜けるような夏の青空に吸い込まれていった。
 お読みいただきありがとうございます。

 20140427 13時15分 誤記修正
(誤)旧態然
(正)旧態依然
 2箇所を直しました。

 20140427 20時40分 表記修正
(旧)こちらに来たらかねて用意の店兼住宅に
(新)こちらに来たらジンが用意してくれた店兼住宅に

(旧)バトラーAはそれで引き下がったが
(新)バトラーAはそれで退室したが

(旧)ああ、あのお嬢さんか。まあ、住人が増えるのはいいことだ
(新)ああ、あのお嬢さんか。村長さんの姪御さんだったんだね。まあ、住人が増えるのはいいことだ

 20140701 20時57分 表記修正
(旧)でもすっかり健康そうになったようだね
(新)でもすっかり健康になったようだね

 20150419 修正
(旧)ショウロ皇国にいられなくなった彼女は、娘夫婦を連れて姿を消した。
(新)ショウロ皇国にいられなくなった彼女は、娘を連れて姿を消した。
 娘、というのがサリィなら、独身のはずですので。

 20150518 修正
(誤)伯父様、エリックが来たのよ!
(正)叔父様、エリックが来たのよ!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ