挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

13 拠点充実篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

419/1714

13-07 ホットケーキ

 仁は礼子だけを連れペガサス1に乗り、蓬莱島の研究所裏手の広場に設置された『受け入れ側のいらない転移門(ワープゲート)』改め『転送機』でタキの町上空へ転移した。
 念には念を入れ、まず小さなゴムボールを転送し、現場近くにいるレグルス50に確認させ、問題がないことを検証したのち、ペガサス1が転送される。
 今回は方位決定のマーカー役をさせたため、誤差はほとんど無かったようだ。
「うーん、そうすると、既知世界にマーカーを設置していけば……」
 その呟きは老君に伝わり、世界各地にマーキングしていくのはもう少しだけ先の話である。

 まだ明るいので不可視化(インビジブル)を作動させ、町外れに着陸。レグルス50の案内で療養所へと向かう仁と礼子であった。
「ここです」
 タキの町外れにある小さな療養所。その1室にマルカス・グリンバルトは寝かされていた。
「……これはひどいな」
 見るからに衰弱しているのだ。意識も戻っていない。礼子は興味も無さそうにしている。仁に敵対した相手なのでこの態度も当然だ。
 一方仁はレグルス50と話をしている。
「おそらく、無理矢理に身体を強化して行動させられた反動と思われます」
 マルカスは人間だった。それが、魔族に操られ、人外の身体能力を発揮させられたのである。筋肉も腱も靭帯もそして骨もぼろぼろだったそうだ。
「治癒師によってようやくここまで回復したのです」
「わかった。時間もないから手早く済まそう」
 仁は用意してきた魔結晶(マギクリスタル)をポケットから出すと、知識転写(トランスインフォ)をレベル8で使用した。通常の最高レベルである。
 この上は、人格までコピー出来るレベル9と、先代が仁に知識を受け渡すときに使ったレベル10があるのみ。
 レベル10は9とは違って、知識に『注釈』まで付ける事ができる。その分時間はかかるのだが。

 それはさておき、レベル8の知識転写(トランスインフォ)を掛けられたマルカスの頭に魔導式(マギフォーミュラ)が浮かび、それらは魔結晶(マギクリスタル)へと消えていった。
「これでよし。解析は老君にやらせよう」
 仁は病室を出、ペガサス1に戻った。
 見送りのレグルス50に、ペガサス1備え付けの回復薬を1瓶渡す仁。
「これを少しずつ飲ませてやれ。回復が早まるはずだ」
 そして仁と礼子はペガサス1備え付けの転移門(ワープゲート)で蓬莱島に戻る。ペガサス1は自動操縦で帰島することになる。

『お帰りなさいませ、御主人様(マイロード)
「老君、これを解析してみてくれ」
 仁はマルカスの全記憶・全知識・全経験が詰まっているはずの魔結晶(マギクリスタル)を老君に預けた。
『わかりました、大至急行います』

 その時、来訪者があった。
「ジン兄、エドガーの改造が、終わった」
 エルザである。彼女の声を聞いたとき、仁の頭にあるアイデアが閃いたのだが、それはまだ口には出さない。十分検討してから、と仁は思っていた。
「お、そうか。もう動かしてみたか?」
 仁に教わったとはいえ、エルザの作業ぶり、なかなかの早さである。
「うん、起動だけは。で、ジン兄に見て、欲しかった」
 ちょうど話も一区切り付いたので、工房へ戻ることにした。
「お、いい感じだな」
「そう?」
 試しに動かしたが、エドガーの動作は安定している。礼子から老君へ送ってあるデータも役に立ったようだ。
「これなら、自動人形(オートマタ)作ってもいいな」
「ジン兄がそう言うなら、やってみる」
 いよいよ侯爵に贈る自動人形(オートマタ)の作製に取りかかるエルザであった。
「介護もできるように、体格はエルザくらい必要だろうな」
 背負ったり抱き上げたりもする可能性を考えてのこと。
「うん、そう、思う」
 骨格は64軽銀を使う。筋肉は蓬莱島謹製の魔法繊維(マジカルファイバー)。皮膚も魔法外皮(マジカルスキン)を用いる。
 仁が礼子を再生した最初期のスペックの半分くらいが目標である。もちろん隷属書き換え魔法対策も忘れず施す。
 設計基(テンプレート)の参照は最低限に抑え、エルザの技能向上のためのOJT(オン・ザ・ジョブトレーニング。実体験を通して教育する手法)を兼ねていた。

 今回は2度目の製作ということで、およそ3時間で完成した。エドガーの時は4時間だったから、それだけ技術的に向上したというのがわかる。
 服の素材は地底芋虫(グランドキャタピラー)の糸。一般的な侍女服をエルザが作り、着せてあった。
「いいじゃないか。エドガーより大きいが、エドガーの妹になるわけだよな」
 仁のゴーレム・自動人形(オートマタ)も、礼子が一番上の姉になるのだから、別段おかしいことでもない。
「名前は決めたのか?」
「うん。リサ、って付けようと思う」

 一般に、侍女は呼びやすいように2音節くらいの名前が多い。もし長い名前だった場合には略称で呼ばれることになるのだ。
 貴族が子供に短い名前を付けることはあっても、庶民が長い名前を付けることはまず無い。それが慣習である。

「リサ、か。呼びやすそうでいいじゃないか。動かしてごらん」
「うん。……『起動』」
 リサが起動した。ゆっくりと起き上がる。
「はじめまして、製作主(クリエイター)様」
「あなたの名前は『リサ』。身体の調子は、どう?」
「はい、問題なしと判断します、製作主(クリエイター)様」
 エルザ2作目の自動人形(オートマタ)、リサは、肩までのボブにしたプラチナブロンド、淡い水色の目。
 同じくエルザのデザインだからか、顔立ちはエドガー似である。
「よし、それじゃあペリドたちに家事スキルとか確認してもらおう」
 こうして、『リサ』が誕生したのである。

*   *   *

「なかなか難しかったな……」
 ラインハルトも、なんとか黒騎士(シュバルツリッター)に触覚センサーを取り付け終わり、試運転するところまで漕ぎつけていた。
「ノワール、調子はどうだ?」
「はい、上々です」
「触覚を感じられるか?」
「……はい、大丈夫です」
「よし、それなら、ゆっくりと動いて、データの蓄積に努めろ。いきなり速い動作をしたり、重い物を持ち上げたりはするなよ?」
「了解しました」
 アアルの時の事を思い出しながら、じっくりと触覚に慣れさせていく。
 30分ほど慎重に黒騎士(シュバルツリッター)の動作チェックを行ったラインハルトは、次のステップに移ることにした。
 まずは忍び足からだ。
「音を立てずにゆっくり歩いてみろ」
 これは上手くいく。
「よし、もう少し速く」
 これもそこそこできていた。
「うん、なかなかいいな。……これを持ってみるんだ」
 ラインハルトは、アアルのテストの時に仁が作った、中空の金属球を指し示した。もちろん極薄なので、強く握れば即潰れる。
「はい」
 ノワールはその球を掴み……見事に持ち上げた。
「できた! いいぞ、ノワール。その調子でこれからも頼む」
はい(ヤー)創作者様(ミア・シェプフェル)
 ラインハルトも成長していた。

 ちょうどその時、ベルチェとミーネがやってきた。
「お昼にしませんか? ホットケーキを焼きましたよ」
 朝食を食べた時刻から考えると、少し遅いお昼、と言った時間である。
 時差が5時間半くらいあるので蓬莱島ではそろそろ夕暮れではあるのだが。
「お、そうか」
「ほっとけーき?」
 仁はすぐにその単語に反応したが、ラインハルトは聞き慣れない名前に首を傾げた。
「ライ兄、ホットケーキはその名の通り、温かいケーキ。美味しい。はず」
 食堂でホットケーキを堪能する一同。ペリドリーダーの指導なので、十二分に美味しい。
 仁が前回サキに作ってやったのは、膨張剤なしのクレープもどきだったが、今回のものはまさしくホットケーキであった。
「うん、これはいいな!」
 ラインハルトはバター多めが好み。
「……おいしい。幸せ」
「甘いですわ!」
 エルザとベルチェは蜜をたっぷり。
「うん、美味しい。ありがとう、ミーネ、ベルチェ」
「どういたしまして、ですわ」
「お礼なんておかしいです。新しいお菓子の作り方を覚えられましたし」
 美味しいものを食べると心も解れ、自然、顔も笑顔になる。
 一同、この時だけは、嫌なこと、気に掛かることを忘れ、舌鼓を打つのであった。
 お読みいただきありがとうございます。

 20140414 19時16分 表記修正
(旧)やはりタキの町外れにある小さな療養所
(新)タキの町外れにある小さな療養所
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ