挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

12 ショウロ皇国錬金術師篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

362/1712

12-12 ラインハルトへの結婚祝い

「さて、それじゃあサキ、すまないが暫く面倒かけるよ」
 笑みを浮かべたサキに向かって仁が言う。
「くふふ、殿方と一つ屋根の下で数日過ごすのか、楽しみだね」
「なっ……」
「別に間違ってはいないだろう?」
 悪戯っぽく笑うサキ。ここ数日で仁ともかなり打ち解け、理屈屋かと思えば、こんな一面も見せるサキだった。

 仁、礼子、サキ、アアルが仁の馬車で移動している。
「サキ、実際の所、結婚式の当日まで、俺は多分外出してるから」
「ふうん? まあいいけどね。何かやりたいことがあるのかい?」
 仁の言葉にもサキはそれほど不思議そうな顔は見せず、ただ質問しただけだった。
「ああ。結婚式のお祝いに、何か贈りたくてさ」
「ふむふむなるほど、贈り物を探して回ると。……それはいいね。ボクも何か贈らないといけないだろうかね」
 サキも考え込んだ。これはちょうどいいと、仁は質問した。
「なあ、贈り物に何がいい、と聞くのはちょっとアレなんで、何かまずい物があるのなら教えてくれないか?」
「まずい物、ね。あまり刃物は贈らないかな。そういうものは血縁者からだしね」
 以前、エルザの誕生日に聞いたのと同じ事を言われた。サキの助言は続く。
「服も難しいな。好みがわからないと、ちょっと、ね」
「……確かにな。あとは?」
「もちろん指輪は駄目だ。やっぱり実用品がいいだろうね。……と、何がいいかの話になってしまったか」
「いや、参考になった」
 仁は軽く礼を言った。そしてあとはエルザに聞こう、と心の中で思う。
 そうこうするうちに馬車はエッシェンバッハ邸に到着。
「うーん、父はまだ帰って来ていないようだね」
 門扉……は無いので、玄関の鍵を開けながらサキが呟いた。
「まあ、アアルがいるから、この先の生活はなんとかなるだろう。アアル、サキを頼むぞ」
 仁はアアルに念を押した。
「はい、製作主(クリエイター)様、承知しております」
 もはやアアルは、炊事洗濯から身の回りの世話までなんでもこなす万能家政婦……家政自動人形(オートマタ)になっていた。
「それじゃあ、結婚式の前日、30日の夕方というか夜というか、午後6時頃戻ってくるよ」
「ああ、わかった。待ってるよ。ジンがどんな贈り物を選んでくるか楽しみだ」
「そうだな、期待していてくれ」

*   *   *

 サキと別れた仁は、スチュワードに命じて、馬車を人気のない場所に向けて走らせた。
 ラインハルトの実家があるこのあたりは、町もあるが森もあって、なかなか環境がいい。その森に向けて馬車は走っていく。
「ご主人様、このあたりならよろしいかと」
 馬車を停めたのは森の奥深く、これ以上馬車では進めそうもないほど草や灌木が生い茂っている。
「よし、ここでいいな。それじゃあスチュワード、30日夕方まで、ここで待っていてくれ。馬車には擬装を掛けておくんだ。それからゴーレム馬の足跡や轍も消しておいてくれ」
「わかりました。行ってらっしゃいませ」
 スチュワードに馬車を任せた仁は、礼子と共に蓬莱島へ跳んだ。
 転移の中間地に出ると、若干の違和感があった。
「ん?」
 それに気付いたのか、担当のバトラー50が説明を開始した。もう1体の担当、バトラー49は黙して立っている。
「ご主人様、中間基地は、先日完成しました、転移専用の『しんかい』に移転しました」
「『しんかい』?」
「はい。蓬莱島で作製された直径20メートルある球状の構造物です。中空で、18−12ステンレスと軽銀の2層構造。内部は御覧の通りです」
 今度はバトラー49が説明していく。
「『受け入れ側のいらない転移門(ワープゲート)』を使い、崑崙島と大陸の中間あたりの海底に設置されました。何かあったときは私たちのどちらか、もしくは老君が転移門(ワープゲート)を破壊します」
 そうなると数百メートルの海中で孤立することになるわけだ。なかなか用意周到である。
「わかった。ご苦労」
 仁は、説明してくれたバトラー49と50に、労いの言葉を掛けた。これからの長い管理の日々への感謝の意も込めて。

『お帰りなさいませ、御主人様(マイロード)
 蓬莱島では老君が出迎えてくれた。
「老君、調子はどうだ?」
 マルチプロセッサ化して数日。仁は調子を尋ねた。
『はい、良好です。自己調整し、処理の手順フローを並列処理により最適化した基礎制御魔導式(コントロールシステム)のモデルを構築してみました』
「おお、それはすごいな」
 先代魔法工学師マギクラフト・マイスター、アドリアナは、いわばシングルコアの魔導頭脳までしか作らなかった。マルチコアは仁オリジナルである。
 ゆえに、OSとも言うべき基礎制御魔導式(コントロールシステム)はまだまだ改良の余地があり、老君はその改造プランを自分で作り上げたと言うわけである。
「よし、見せてくれ」
 仁の要請に応じて、目の前の空間に魔導式(マギフォーミュラ)が浮かび上がる。常人では理解すら出来ないだろうが、魔法工学師マギクラフト・マイスターである仁には容易く読み取る事が出来た。
「……なるほど。どの処理をどの制御核(コントロールコア)で行うのがいいか、とか、処理の順序、とかか」
 残念ながら仁にはコンピューター関係の知識はほとんど無い、なのでクロック周波数を上げるとか、プロセッサの数を増やすといったくらいしか、処理能力アップの方法を思いつけなかったのだが、老君は試行錯誤を行って、処理を最適化しつつあるようだ。
 仁にも、そのやり方がより効率が良いことは理解できたので、バグと呼ばれる不具合点が無いことまでチェックを行った。
「わかった。この基礎制御魔導式(コントロールシステム)に変えればいいと言うんだな?」
『はい。お願いできますか?』
 老君には自分で自分を作り変える権限はない。それを許してしまうと、暴走する可能性もあるからだ。
 仁は新しい魔結晶(マギクリスタル)を用意し、慎重に基礎制御魔導式(コントロールシステム)を書き込んだ。そしてそれを老君のものと入れ替えた。
「どうだ?」
 老君は1秒ほど新しい基礎制御魔導式(コントロールシステム)の自己確認をしてから答えた。
『はい、ありがとうございます。処理能力が30パーセントアップしました』
「おお、そうか。それじゃ、また新しい発見があったら報告してくれ。俺は一旦カイナ村へ行ってくる」
『はい、行ってらっしゃいませ。礼子さんもお気を付けて』

*   *   *

 仁が転移したのは工房地下の転移門(ワープゲート)。そのまま地上へ出ると、工房内にエルザがいた。スミスAも一緒である。
「あ、おかえりなさい、ジン兄」
「ただいま、エルザ。何やってるんだ?」
 エルザは手にしたものを掲げて見せた。
「おっ、すごいな」
 それはリン青銅のペン先であった。なんと、5つのペン先がランナーから生えている。つまり、エルザは5つまでを同時に作り上げる事が出来るようになっていたのだ。
「まだまだ、ジン兄には及ばない」
 そう答えてはいるが、その顔は嬉しそうだ。
「あっ、ほにーひゃん、おかえりなはい。レーコおねーひゃんも」
 折からお昼、ハンナがエルザを呼びに出てきた。が、なんだか言葉がおかしい。よく見ると、ハンナの前歯が2本抜けていた。乳歯が抜けたらしい。
「ただいま、ハンナ」
「おやジン、おかえり」
 マーサも出迎えてくれた。ミーネは中で料理を並べていた。
「お帰りなさいませ、ジン様。ちゃんとジン様の分もありますから」
 聞けば、バトラーAがそっと教えてくれたそうだ。蓬莱島で老君を改造している間に連絡したのだろう。老君は相変わらず気が利いている。

 昼食を済ませたあと、仁はエルザに、ラインハルトとベルチェが6月1日に挙式することを話した。
「……そう。ライ兄と、ベルチェさんが」
 羨ましさと寂しさが入り混じったような顔をするエルザ。
「ラインハルト様とベルチェ様、ですか。ええ、ベルチェ様のことは存じ上げておりますよ。そうですか、いよいよですか」
 ミーネはちょっと懐かしそうな顔。
「わあ、およめはん! みてみたいなあ」
 ハンナは単純にはしゃいでいる。
「それで相談なんだけど、何かお祝いを贈ろうと思うんだが、何がいいだろう?」
 真っ先に答えてくれたのはミーネだった。
「そうですね、生活用品が無難だと思います」
 そしてエルザが補足。
「……あのお布団。新婚さんにはちょうどいい」
 お読みいただきありがとうございます。

 20140217 10時37分 表記追加
 馬車を森の奥に隠したあと、
「・・・馬車には擬装を掛けておくんだ」の後に、
『それからゴーレム馬の足跡や轍も消しておいてくれ』
 を追加しました。

   表記修正
(旧)処理速度が30パーセントアップしました
(新)処理能力が30パーセントアップしました
 クロックアップではないので。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ