挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

11 ショウロ皇国とカイナ村篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

305/1736

11-07 ペルシカジュース

 2人が気が付いた、ということで、仁はエルザとミーネにも来て貰う事にした。
 もう真っ暗であるが、仁の家には魔導ランプの光があるので足元ははっきり見えている。
 そして2人が寝ている居間はもっと明るく照明が灯されている。
 その居間に布団が2組敷かれ、ベーレは横たわったまま。そしてバロウは上体を起こして、仁たちが入ってくるのを見ていた。
「やあ、気が付いたようだな」
 仁がそう声をかけた。
「は、はい! あ、あの、ここは……?」
 2人が寝かされていたのは蓬莱島謹製の布団である。その寝心地の良さに恐縮していたバロウがまず口を開いた。
「カイナ村、というところさ。それより、身体はどうだ?」
「は、はい。ありがとうございました。もう大丈夫です」
 そう言って立ち上がろうとするバロウを仁は押し止める。
「ああ、寝ていていいから。これを飲むといい」
 仁はそう言って、蓬莱島から持ってきた特別製ペルシカジュースを差し出した。もちろんハンナたちの分もあり、あとであげようと思っている。

 何が特別かというと、魔力庫(エーテルストッカー)でなく自由魔力素(エーテル)ボックスで保存しておいた物なのである。
 老君主導でソレイユとルーナが検証したところによると、蓬莱島産のペルシカ(=仙桃)を保存しておいたら、含まれる自由魔力素(エーテル)が更に増えたのだ。
 正確に言うと、自由魔力素(エーテル)ボックスに保存した時間に比例して自由魔力素(エーテル)含有量が増えていた、ということである。
 回復薬と同様に自由魔力素(エーテル)を含んでいるのだが、その効果は異なっている。回復薬は身体の怪我や不調を癒すが、仙桃は体調を整えてくれるのである。
 僅かでも魔力を持つ生物であれば、仙桃に含まれる自由魔力素(エーテル)を身体に取り込むことで精製される魔力素(マナ)が一時的に増え、体調向上に効果があるという事までは検証済み。
 これが自由魔力素(エーテル)の含有量による違いなのか、それとも他の理由なのかは研究中。

 ということで、蓬莱島産のペルシカジュースは回復薬ほどではないが、かなりの効果が望める。しかも毎日飲んでも副作用無し。
 更に、回復薬と併用すれば効果倍増が期待できる、というわけである。

「あ、ありがとうございます。いただきます」
 礼を言いながら両手でカップを受け取るバロウ。カップの中身はどろりとしたジュース。一瞬躊躇ったが、その甘い匂いに惹かれ、一口飲んでみる。
「……!」
 口の中に広がる何とも言えない甘み。一口、また一口と飲み、気づけばカップは空になっていた。
「ごちそうさまでした。とてもおいしかったです」
 名残惜しそうにカップを見つめるバロウに仁は、
「もう1杯飲むか?」
 と尋ねた。するとバロウは、
「いっ、いえ! 僕よりもベーレに飲ませてやって下さい!」
 と言ったではないか。そのセリフを聞いた仁はにこりと笑った。
「ベーレにはこれを先に飲ませてやってくれ。そうだな、バロウ、君が飲ませてやるといい」
 そう言って、別のカップを差し出した。中には薄黄色の液体が入っている。匂いもなく、単なる黄色い水にも見える。
「何なんですか、これ?」
「薬だよ」
 短く仁は答え、早く飲ませろ、と身振りで合図した。バロウは薬と聞いて、急いでベーレの上半身を抱き起こした。
「ベーレ、飲めるかい? 薬だってさ」
「……うん」
 気が付いてはいるものの、まだ意識が少々混濁しているのか、喋る元気すらないベーレは小さく返事すると、バロウが差し出したカップに口をつけ、なんとか中身を飲み込んだ。
 そしてバロウはベーレを再び横たえ、カップを仁に返した。
「ありがとうございます」
 仁はそのカップを受け取ると、今度は別のカップを差し出す。
「少しでも飲ませてやってくれ」
 今度は、バロウが飲んだものと同じジュースだ。バロウはそれもベーレに飲ます。
 ベーレはそれも何とか飲み終え、ほう、と小さく息を吐いた。
 バロウはそっとベーレを布団に横たえてやる。
 それを見た仁は、部屋の隅に置いた冷蔵庫を指差して言う。
「あの中に、今のジュースがまだ入っているから、飲みたくなったら飲むといい。今日の所はゆっくり休むんだな」
 そう言われたバロウはおずおずと、
「あ……あの、どうしてこんなに良くして下さるんですか?」
 と仁に尋ねた。そう聞かれた仁は少し考えて、
「さあ、どうしてだろうな? あの場合、ほっとけないだろう?」
 と答えておく。そしてエルザ達を紹介する。
「この子はエルザ、俺の妹分だ。そちらはミーネ、エルザの母親だ」
「あ、ば、バロウと申します、エルザさま、ミーネさま、よろしくお願いいたします」
 立ち上がって挨拶し、一礼したバロウは、仁に向かって尋ねた。
「あ、あの、あなた様のお名前は?」
「あれ? 名乗ってなかったっけ? 俺は仁。ジン・ニドーだ」
「ジン様、ですね! この度は、助けていただいて本当にありがとうございました!」
 と言って深々と頭を下げた。
「ああ、もういいから、今日は休んでていいよ」
 そう言うと仁はエルザとミーネを促し、部屋を出ていく。その去り際に、
「トイレは1階だ。井戸は少し離れた所にあるが、飲み水は冷蔵庫に入っているから。俺は隣の部屋にいるから、何かあったら声を掛けてくれ」
 と言って今度こそ部屋を出ていった。
 仁は自分の寝室に、エルザ達は階下に。

 2人きりになったバロウは、ベーレの様子を見る。ベーレはまた眠ってしまったようだ。心なしか、顔色がいい。
 その額に手を当ててみると、熱もかなり下がったように感じられる。
「凄く効く薬なんだなあ……」
 そんな呟きを漏らすバロウ。それもその筈、ベーレの発熱はもう4日も続いていたのだから。自分も、なんだか元気が出てきたようにも感じる。
「いい人に助けてもらったみたいだな……」
 そしてもう一度布団に横たわるバロウ。
「この布団も信じられないくらい寝心地いいし」
 今までの疲れがどっと出て、バロウもまた再びの眠りに就いたのであった。

*   *   *

 翌日。窓から差し込む光でバロウは目を覚ました。自分がふかふかの布団に寝ていることに気づき、
「あ、そうか……ジン様にお世話になっていたんだっけ」
 そう呟いて、隣を見る。そこに寝ている筈のベーレがおらず、布団はもぬけの殻だった。
「ベ、ベーレ!?」
 慌てて飛び起き、窓から飛びだそうとしてたたらを踏んだ。2階だったからだ。だが、よく見ると、すぐ下にベーレがいたので安心もする。
「ベーレ!」
 窓から乗り出してベーレを呼ぶバロウ。その声にベーレは見上げ、手を振った。
「バロウ! 起きたの?」
 バロウはすぐさま、廊下に出ると、階段を駆け下り、外に飛び出した。
「ベ、ベーレ! 身体はもういいのか!? 熱は?」
 するとベーレは笑って手を広げ、
「うん、もう大丈夫。何だか、朝起きたらすっごく気分がいいの。で、気が付いたら布団の中でしょ? バロウは気持ちよさそうに眠ってるし。だからこっそり起きてみたんだ」
「はあ……心配させるなよ。でも良かった」
 そんな会話をしていると、ミーネが現れた。
「まあまあ、もう起きられるようになったのですね。さすがにジン様の薬は効きますね」
 自分も仁の回復薬で治してもらったと知っているミーネ。そのミーネを見たベーレはバロウに耳打ち。
「(……だれ?)」
「そうか、ベーレは昨日意識がほとんどなかったんだっけ。えーと、ミーネさま、でしたっけ?」
 ミーネは笑って頷く。
「ええ、そうですよ。起きたのでしたら顔を洗った方が……いえ、温泉で身体も綺麗にした方がいいですね」
 そう言って、ちょうど起きてきたエルザに声を掛ける。
「エルザ、この2人を温泉に連れて行ってちょうだい。タオルとか着替えはあとで届けるから」
 ミーネは朝食の仕度もしないと、と言って後をエルザに任せ、自分は家に引っ込んだ。
「じゃ、温泉に案内するから。付いてきて」
「えーと、エルザさま、ですよね? あの、おんせん、って、何ですか?」
 エルザはにこっと笑って、付いてくれば分かる、とだけ答え、すたすたと歩いて行く。
 バロウとベーレは他にどうしようもなく、エルザの後に付いていった。
 ペルシカジュースがポー○ョン、回復薬はエ○クサーくらいの差でしょうか。どちらも飲んですぐ! と言うほどの即効性はないですが。
 毎日このジュース飲んでいたら健康増進にもなりそうです。(欲しい……マジで)

 お読みいただきありがとうございます。

 20131213 13時42分 誤記修正
(誤)窓から飛びだそうをしてたたらを踏んだ
(正)窓から飛びだそうとしてたたらを踏んだ

 20151014 修正
(旧)俺は仁。仁・二堂だ
(新)俺は仁。ジン・ニドーだ
 ジン・ニドーと自称する際、仁の発音は、日本人が外国人に名乗る時みたいに少し巻き舌っぽくなっていると思って下さい。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ