挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

09 統一党決着篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

248/1713

09-33 2号作戦

「な、何だ、あれは……」
 それは、攻撃側、防衛側、双方が抱いた畏怖にも似た感情。
「敵か、味方か」
 それもまた双方が持つ疑問。だが、それはすぐに判明する。
 巨大ゴーレムから声が響いたのである。
「双方、武器を捨てなさい!」
 風魔法の応用で声を拡大し、響かせているため、元の声質はわからなくなっていたが、どうやら女性の声のように聞こえた。
「戦争は不毛です。国は疲弊し、民は傷付きます。今、この世界に必要なのは平和です」
 礼子は仁に教えられた台詞をゴーレム内から語っていた。
「人口は少なく、土地は広い。戦争に使う余力があったなら、国を開発しなさい。民を富ませなさい」
 仁が昨夜必死に考えた説得の言葉である。
「魔導大戦で取り合っていた手に、どうして今、武器を握るのですか」
 戦場は時が止まったようである。皆、巨大ゴーレムの話す言葉に耳を傾けていた。
「過去は過去です。けして手が届くものではありません。手を伸ばすべきは未来です」
 兵士と騎士の一部はそれを受け止めていた。
「過去を振り返るのではなく、未来を築くために力を振るいなさい。破壊のためでなく、創造のために生きなさい」
 だれかが、ふん、と鼻を鳴らした。その者には綺麗事にしか聞こえなかったからだ。
「この忠告を聞く聞かないは自由です。しかし、忠告を聞かない場合には力ずくで止めてみせます」
 そう言い終わるか終わらないうちに、フランツ王国軍から巨大ゴーレムに向けて炎玉(フレイムボール)の魔法が放たれた。
 巨大ゴーレムは、同じく巨大な掌で炎玉(フレイムボール)を受け止め、握りつぶす。
 少し遅れて第1、第2中隊は我に返ったように動き出した。目指すは開け放たれた城門。
 そしてその城門からは迎撃の魔法が放たれた。

*   *   *

 タイタンに仕込まれた魔素映像通信機(マナ・テレカム)でその様子を見聞きしていた仁は溜め息をつく。
「やっぱり駄目か」
 戦場という特殊な場では仁の言葉は説得力を持たなかったようだ。
「礼子、予定通り、2号作戦を実行だ。ラプター隊、ファルコン隊も展開しろ」
「はい、お父さま」
「はい、ご主人様」

*   *   *

 再び喧噪に覆われた戦場に、
「残念です」
 そんな声が響いた。
 そして巨大ゴーレムは動き出した。
 その動きは人間のそれと遜色がない。ということはおよそ10倍の速さで動いているように見えるということ。
 あっという間に巨大ゴーレムはテトラダの城壁に迫った。
「う、うわああ!」
 城壁の高さは8メートル、ゴーレムの身長は15メートル。城壁は腰くらいまでの高さでしかない。
 そんな巨大ゴーレムが迫ってくれば、恐怖するのは仕方ないと言えよう。そして。
 巨大ゴーレムが右腕を振り上げた。
 ドカンという破砕音が響く。巨大ゴーレム正面の城壁が半分以上崩壊していた。その瓦礫の下には、空飛ぶ球から降下してきたゴーレムの残骸も埋もれている。
 そう、巨大ゴーレムは、城壁と一緒に、まだ暴れ回っていたゴーレムをも一撃で粉砕してしまったのであった。
「な、なんと……」
 ニクラス・ファールハイトは驚愕と畏怖を込めたうめきを漏らした。
 城壁を粉砕した巨大ゴーレムは、今度はフランツ王国軍に向き直り、魔法を使うかのように右手を差し出した。
 それだけで兵士達の身がすくんだ。
 だが何も起こらない。虚仮威しか、と兵士達が思い始めたとき、それは起こった。
「なんだ? 身体が熱い」
「んん? 剣が熱くなった?」
「熱い! あちちちち!」
「うわわわっ、何で?」
 兵士達の持っていた剣、着用していた鎧兜が熱を帯び始めたのだ。
「熱い! 着ていられねえ!」
 戦場に響く金属音。剣が放り出され、兜は投げ出され、鎧が脱ぎ捨てられる。
 今、ありとあらゆる金属が熱を持っていた。
(流石です、お父さま)
 仁が大急ぎで仕上げた魔導具、『電磁誘導放射器インダクションラジエータ』である。
 最大出力で放射すれば、短時間で鋼鉄をも融かす事が出来るが、兵士達のことを考え、弱めに放射していたのである。
 そして放射しているのは礼子の乗るタイタン2号ではなく、遙か上空にいるファルコン1から5までの垂直離着陸機(VTOL)
 消身(ステルス)で姿を消したまま、地上へ向けて放射していたのである。タイタン2号はポーズを取っているだけ。搭載している時間が無かったのである。
「う、うわあああ! な、何だ? 何が起こっているんだ!?」
 それは兵士達の叫び。投げ出された剣が、兜が、鎧が、そして木製の柄だったためにまだ手にしていた槍の穂先が、赤熱しだしたのである。
 赤はやがて黄色に、そして白熱し……全ての金属製武器、防具が融解してしまったのである。いや、後方陣地内の鍋や金属製食器までもが融解してしまっていた。
「こんなことが……」
 武器・防具が無くてはまともに戦えるはずもなく、フランツ王国軍はすっかり戦意を喪失していた。
 この光景は、テトラダ城門前だけでなく、反対側に布陣していた第5、第6中隊初め、全てのフランツ王国軍で見られたのである。

 そして、空を飛んでいた謎の球も無事ではなかった。
 巨大ゴーレムの正体を測りかね、手を拱いているうちに、次第に高度が落ちていることに気が付いたのである。
「うん? もっと火を出せ、温度を上げろ!」
 そう、謎の空飛ぶ球とは『熱気球』であった。搭乗した魔導士の1人が使う魔法の火を熱源として空に浮かび、風魔法で移動する。ガスボンベなどの重量物がないため、積載能力も高い。
 が、今、魔力妨害機(マギジャマー)を搭載したラプター隊がその魔法を使えなくしていたのである。
「高度が下がる! なんとかならないのか!」
「下はテトラダ城内だぞ!」
 テトラダ城内では、城門を破壊したゴーレムを降ろした空飛ぶ球が降下してくるのを待ち構えていた。
「くそっ! 魔法で攻撃だ!」
「だめです! なぜか魔法が使えません!」
 5つの熱気球のうち4つはそのままテトラダへ不時着したのである。残る1つは城外に不時着。2名の乗員はそのままテトラダから逃げ出した。
 だが、既に展開していた陸軍(アーミー)ゴーレムに捕らえられてしまい、情報を得るべく、ファルコン5に収容された。仁の指示待ちである。

 残る4つの気球に乗っていた乗員達は全員拘束された。ニクラス・ファールハイトは理性的に振る舞ったのである。
 この後大本営であるバーグへと護送を命じる予定である。

 そして、最後に、それは起こった。

「ぎっ!?」
「がっ!」
「ぎゃっ!」
 短い悲鳴を上げ、フランツ王国軍、クライン王国軍が、いや、テトラダ住民までもが、短い悲鳴を残し、気絶したのである。
 もちろん上空にいるラプター隊、ファルコン隊が放った麻痺銃(パラライザー)によるものである。
 同時に衝撃(ショック)も浴びせ、催眠(ヒュプノ)暗示(セデュース)で操られていたとしてもこれで醒めたはずである。
 動く者のいなくなったテトラダ周辺、姿を現したのは陸軍(アーミー)ゴーレム。
 彼等はテトラダ城壁内の武器防具を悉く回収していった。同時に、大怪我をした者達には回復薬を与えていく。塗るだけで飲まさずとも効果がある事が実証された。

 気絶していた者達が目覚め、武器も防具も無くなっていることに気付いたが、如何ともし難く、フランツ王国軍は撤退。クライン王国軍は崩れた城壁・城門の修理をするより仕方なかったのである。
 金属製の入れ歯が無くて幸いでした。

 お読みいただきありがとうございます。

 20131016  13時19分  誤字修正
(誤)登場した魔導士
(正)搭乗した魔導士

 20131016  15時05分  誤記修正
 一箇所、フランツ王国軍がセルロア王国軍になっていたので直しました。
(誤)この光景は、テトラダ城門前だけでなく、反対側に布陣していた第5、第6中隊初め、全てのセルロア王国軍で見られたのである。
(正)この光景は、テトラダ城門前だけでなく、反対側に布陣していた第5、第6中隊初め、全てのフランツ王国軍で見られたのである。

 20131016  15時15分  表記修正
(旧)巨大ゴーレムは同じく巨大なその掌で
(新)巨大ゴーレムは、同じく巨大な掌で
『巨大な』を2つ続けて、巨大さを強調しているのですが、あとの方に「その」まで付けたため、『同じく』が何をさすのか曖昧になってしまったため、「その」を取りました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ