挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

09 統一党決着篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

230/1685

09-15 ふるさと

 ハンナがお泊まりした翌朝。目を覚ますと、目の前にエルザの寝顔があった。
 髪は淡い金色、長いまつげ、色は抜けるように白い。
「……きれい」
 そんなことを思うハンナ。そうやってエルザの寝顔を見ていると、横のベッドでバーバラが起き上がった。村長の姪とはいえ村娘、朝は早い。
「あー、よく寝たわ。……ハンナちゃん、おはよう」
「おはよう」
 そんな挨拶を交わす2人。その声にエルザも目を覚ました。
「ん……朝?」
「おはよう、エルザお姉ちゃん」
 寝ぼけまなこのエルザにおはようの挨拶をするハンナ。エルザも昨夜のことを思い出したらしく、にっこりと笑って挨拶を返す。
「おはよう、ハンナちゃん。おはよう、バーバラさん」
 そして3人は服を着、顔を洗いに行く。
 もちろん外の井戸へ、である。崑崙島の便利さに慣れてしまっていたエルザであるが、旅で泊まった宿屋の多くは中庭の井戸で顔を洗った事を思い出す。
「エルザお姉ちゃん、先に洗っていいよ」
 そう言ってハンナはポンプを漕いだ。水が勢いよく出てくる。エルザは目を見張った。
 昨夜の話で仁が作ったポンプのことは聞いたのだが、実際に目にするとやっぱり驚きだ。
 魔法を使わずに深い井戸の底から水を汲み上げるポンプ。仁は何と素晴らしいものを作れるのだろうか。
 いつか自分もこんな風に、人々の役に立つ物を作りたい。エルザの中にそんな気持ちが小さいながらも芽生えた。

 朝食はふるった小麦粉で作った白いパン、山菜を使ったサラダ、川魚の塩焼き、そしてお茶。
「このお茶、ちょっと変わっているけど、おいしい」
「あー、そのお茶ってね、森にあるはっぱをとってきてつくるの」
 今朝はハンナも一緒に食べている。
「そうなの?」
 クライン王国北部では一般的な飲み物と言えるのだが、ショウロ皇国出身のエルザはまだ飲んだことがなかったのである。
「こんどいっしょにとりにいってみる? 山にはクェリーの花もまださいているからきれいだよ」
 ハンナの誘いにエルザも行ってみようか、という気になる。それで知らず知らずのうちに、
「うん」
 と肯いていた。

*   *   *

 ふと気が付くと外が騒がしい。村人達が総出で騒いでいるかのようだ。
「何かあったのかしら?」
 バーバラが外を見ようと立ち上がると同時にドアが開いた。
 入って来たのはギーベック。
 ギーベックは少し息を切らせながらハンナに向かい、
「ジン君が帰ってきた」
 と告げた。
「え!」
 そこにいた3人の口から同じ声が漏れた。そして、次の言葉を一番早く発したのはハンナだった。
「おにーちゃんが!」
 そして急いで玄関へと走っていった。
 玄関のドアを開け、外に出ると、ロック、ジョナス、ライナス、ビル、ジェフ、デイブ、ハワード、リック、トム、ヤン、スレイ、クルト、ジム、パティ、マリオ、ジェシー、そしてマーサ。
 大勢の村人で溢れていた。
 そして全員の視線が向かう先にいたのは、まごうことなく、仁だったのである。礼子も一緒だ。
 居並ぶ村人達は皆、仁に思い思いの言葉を掛けていた。
「ジン! 今まで何やってたんだい! 連絡1つ寄越さないでさ!」
 と言ったのはマーサ。
 仁はゆっくりとハンナの所へ歩いてくる。
 村人達はそんな仁の邪魔をしないよう、道を空けた。ハンナの目に涙が浮かんでくる。泣き顔を仁に見られたくなくてハンナは俯いた。
 そしてハンナがもう1度目を上げた時、もう仁は目の前にいた。
 仁が帰って来たらなんて声を掛けようか、と考えていた言葉はどこかに行ってしまい、ハンナの口から出て来たのは、ただ、
「おかえりなさい、おにーちゃん」
 であった。
 そんなハンナに向かい、仁は柔らかく微笑んで、
「ただいま」
 と一言答えたのである。

「おにーちゃん!」
 辛抱できずに駆け出したハンナは仁の胸に思いっきり飛び込んだ。仁はそんなハンナを優しく受け止める。
「おにーちゃん、おにーちゃん……」
 もうハンナの顔は涙でぐちゃぐちゃである。そんなハンナを仁は優しく抱きしめ、背中を撫で続けるのであった。

「……もういなくならないでね」
 まだ涙をいっぱいに溜めた目をしたハンナがそう懇願すると、仁は少しだけ困った顔をするが、次の瞬間には微笑んで肯いた。
「おにーちゃん」
 ハンナはもう一度仁に抱きつく。
 その間、礼子は優しい笑顔で2人を見つめていた。

「……ジン兄」
 その声に仁が顔を上げれば、エルザが立っていた。
「エルザ、無事で良かった。昨夜のうちにここにいることはわかったんだけど、夜中に来るわけにも行かなくて、朝になったんだ」
 仁がそう言うと、エルザも涙ぐんだ目で、
「怒って、ないの?」
 と尋ねてきた。仁は不思議そうな顔をする。
「何で怒らなきゃいけない? エルザがいなくなって、捜して、見つけた。それだけだ。もうエルザは自分で反省してるんだろう? ならもう俺が言うことは無いよ」
 そう答えるとついにエルザの目からも涙が溢れ出した。
「ごめん、なさい」
 そう言うとエルザは仁の肩に縋って静かに涙を流した。

*   *   *

 ハンナとエルザ、2人が落ちつくのを待って、仁は村のみんなの前に立った。
 そして、
「ご心配おかけしました」
 と深く頭を下げたのである。
 そんな仁に真っ先に駆け寄ったのはロック。仁の頭を抱えると、そのままヘッドロックを決める。
「あいたたたた、ロ、ロックさん!?」
「この野郎、黙っていなくなりやがって。水くせえったらありゃしねえ」
 そう言いながらロックの目は優しげに笑っている。
 ジョナスもライナスも、ビル、ジェフも、皆笑ってその光景を眺めていた。
 そして次に仁がされたのは胴上げであった。
「ジン! お帰り!」
「ジン! お帰り!」
 口々にそう言いながら仁を胴上げした。

 もみくちゃにされながら仁も静かに涙を流した。ここが自分の第2の故郷だったんだ、と気付いて。
 仁がどこからどうやって帰ってきたか、と聞く者は一人もいなかった。
 皆、仁が普通じゃない魔導士だと言うことは気が付いていたし、だからといって仁を敬遠する者はいなかった。
 仁が帰ってきた、それだけで皆嬉しかったのである。
 仁は幸せ者です。

 お読みいただきありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ