挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

08 統一党暗躍篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

207/1739

08-28 敗北

 その日、ラインハルトは朝からステアリーナ宅を訪れていた。
 ゴーレム制御についての議論をするためである。そのため、自分の作である黒騎士(シュバルツリッター)を伴っていた。
 仁からの警告もあったので、護衛を5名、家の周囲に配備してもいた。元からの護衛と、ショウロ皇国から派遣された兵達だ。

「いらっしゃい、ラインハルト君」
 昨日の夜以来、ステアリーナはラインハルトを君付けで呼んでいた。
「やあ、おはよう、ステアリーナ」
 ラインハルトも呼び捨てている。
 中に通され、広い居間へと案内された。そこにはステアリーナ作のゴーレム2体、自動人形(オートマタ)2体が立っていた。
「これが今のわたくしの最高傑作よ」
「うーん、すばらしい」
 ゴーレムの1体は先のゴーレム園遊会(パーティー)で破壊されてしまったクリスタルゴーレム『セレス』と同型、もう1体は鋼の男性型ゴーレム。
 自動人形(オートマタ)は10代後半の少女型と成人女性型である。
「ゴーレムは『エリス』と『カスター』です。自動人形(オートマタ)は『シレーヌ』と『ミレーヌ』ですわ」
 挨拶もそこそこに、2人は談義に入った。このあたりは職人気質といえよう。

「クリスタルゴーレムですが、見たところ、変形(フォーミング)の魔法で動作させてるよね? 魔力効率悪すぎないのかな?」
 とラインハルトが問えば、ステアリーナが答える。
「そうね。だから変形(フォーミング)と同時に、可動部分に軟化(ソフトニング)を弱くかけているの」
「うーん、なるほど。変形(フォーミング)だけの時に比べて3割くらい節約になるのかな?」
「さすがね。実際には2割5分、ってところ。長時間の稼働は無理ね。もっとも、クリスタルゴーレムの意義は実用じゃないから」
 それにはラインハルトも肯く。
「そうだな。セレスを初めて見た時は衝撃的だった。僕のような者には考えつかない方向性だ」
「あら、ありがとう。……で、カスターの方はどうかしら?」
 もちろん男性型のゴーレムのことである。
「うーん、同じ男性型でも、女性の魔法工作士(マギクラフトマン)が作るとこうなるのか、という典型、かな」
 いかにも優男、といった体形なのである。少女漫画家の描く男性キャラ、と言えばいいだろうか。
 ラインハルトにそう言われたステアリーナはふ、と笑って、
「ごつい男性って苦手なのよね」
 と言った。ラインハルトはそれを聞き流す。
「構造としてはゴーレム本体は何使ってる?」
「軟質魔導樹脂、ね」
 軟質魔導樹脂は一般的なゴーレムの本体に使われる素材。魔力を持つ樹木、『マギピーネ』から採った樹脂である。
 要は魔力を持った松ヤニのような物と思えばいい。粉末状のミスリルを混ぜて魔力重視にしたり、鉛を混ぜて重くしたりと、用途に応じて添加物を変えるのが一般的。
 戦闘用ゴーレムになると、魔力を帯びた石、魔石の最低品質のものを使うことさえある。かつて仁が倒した、ゴンとゲンの元になったゴーレムがそうであった。
 仁の作るゴーレムのように骨格、筋肉をもつゴーレムは希なのである。
「添加物は? 僕の黒騎士(シュバルツリッター)はミスリルとアダマンタイトの粉末を使っている」
 ラインハルトが自らの黒騎士(シュバルツリッター)について、少し秘密を明らかにした。
「まあ、アダマンタイト粉末ですって? どんな効果があるの?」
「一つは重さ。アダマンタイトは鉛よりも重いからね。もう一つは……当ててごらん?」
 悪戯っぽく笑ってラインハルトはそう言った。
「うーんと、そうね……わからないわ。アダマンタイトは魔力を減衰させるし、ミスリルは魔力を通す。相反するのよね」
 そう言ったステアリーナに向けてラインハルトがヒントを言う。
「そこまでわかっていて惜しいな。僕は『混ぜて』使っているとは言わなかったよ」
 そのヒントでステアリーナはピンと来たらしい。やはり一流の魔法工作士(マギクラフトマン)だ。
「わかった! 部位によってミスリル混ぜたりアダマンタイト混ぜたりしているのね!」
「正解。腕、脚にはミスリル。胴体にはアダマンタイト。手先足先にもアダマンタイト、といった使い分けだね」
 ステアリーナは感心した顔でラインハルトを見つめる。
「やっぱりあなた凄いわ。それじゃあわたくしから……」
 ステアリーナがそう言いかけた時、大きな音がした。
「あれは?」
「玄関の方?」
 ラインハルトとステアリーナはほぼ同時に立ち上がって、廊下へと出た。
「!!」
 そこにいたのは、鈍い銀色をした2メートルあまりのゴーレムが4体。その甲冑デザインには見覚えがあった。
「まさか、統一党(ユニファイラー)か!」
「どうしてここに!? ダリの街の警備ゴーレムはなにをやってたの?」
「僕の護衛は何をやっていたんだ?」
「アンナ ヨワイ ゴーレムナド イクラ イテモ オナジダ  ソレニ ニンゲンノ ゴエイナド ナニモ デキナイ」
 1体が喋った。金属をすりあわせるような聴きとりにくい声だが。
「まさか、街中を堂々と歩いて来たというの!?」
「いや、きっと裏の水路を利用したんだ」
 ラインハルトはこの家の立地条件を思い浮かべる。裏手に流れる水路はアスール川に繋がっている。おそらくそこから普通の船に紛れてダリへ侵入したのだ。
黒騎士(シュバルツリッター)!」
 ラインハルトは連れてきていた黒騎士(シュバルツリッター)を呼び、
「カスター!」
 ステアリーナはカスターを呼んだ。
「ムダナ テイコウハ シナイホウガ イイ」
 そう言うと、1体が黒騎士(シュバルツリッター)に、もう1体がカスターに向かって行った。そして残る2体はそれぞれラインハルトとステアリーナに向かってくる。
「くそっ!『バリア』」
 ラインハルトは仁から貰った保護指輪(プロテクトリング)を作動させる。向かってきたゴーレムはラインハルト手前30センチで阻まれた。
 黒騎士(シュバルツリッター)とカスターは敵ゴーレムと激突した。
 黒騎士(シュバルツリッター)の振るった拳が敵ゴーレムを弾き飛ばした。
「ホウ イゼンヨリ ツヨクナッテ イルナ」
 スポークスマンらしいゴーレムが感想を述べた。それを聞いたラインハルトは、自分たちの情報が統一党(ユニファイラー)に流れていたことを知る。
黒騎士(シュバルツリッター)! 全力を出せ! 奴らを叩き壊せ!」
はい(ヤー)
 黒騎士(シュバルツリッター)が全力を出した。その一撃は敵ゴーレムの頭部を吹き飛ばす威力があった。そして2体目へ立ち向かっていく黒騎士(シュバルツリッター)
 自律型ゴーレム同士の戦い。家の壁に穴が開き、柱が折れる。だがそんなことを気にしている余裕は無い。
「きゃああああ!」
 ステアリーナの悲鳴が響いた。ラインハルトが後ろを振り向くと、カスターが破壊され、ステアリーナが敵ゴーレムに捕まったところだった。
「ステアリーナ!」
 ラインハルトは唇を噛んだ。自分の傍に引き寄せ、バリアの中に入れておくべきだった、と。
「マズ ヒトリ カクホ」
 スポークスマンらしいゴーレムがそう言った。
「ラインハルト ドノ、コウサン シナイカ?」
「…………」
 ラインハルトが答えないでいると、ゴーレムは更に言葉を紡ぎ出す。
「フム、シュバルツリッターガ マケナイカギリ アナタノ イシハ クダケナイカ」
 今、黒騎士(シュバルツリッター)は2体目のゴーレムを倒したところである。
 残るはステアリーナを押さえつけているゴーレムと、自分の前にいるゴーレムである。
「ヨロシイ ソレデハ ワレワレノ ジツリョクヲ ミセヨウ」
 目の前のゴーレムはそう言って黒騎士(シュバルツリッター)に向かっていった。
 これはラインハルトにとって願ってもないチャンスである、ステアリーナを人質にされたら抵抗できなかったが、敵のリーダー的ゴーレムは単純なのか、黒騎士(シュバルツリッター)と戦う気らしい。
 あれからラインハルトも黒騎士(シュバルツリッター)を改良強化してきたのである。仁の礼子には敵わなくても、統一党(ユニファイラー)のゴーレムに負ける気はなかった。
黒騎士(シュバルツリッター)、行け!」
はい(ヤー)
 短く答え、黒騎士(シュバルツリッター)は敵ゴーレムと組み合った。一瞬2体の膂力が拮抗し、動きが止まる。
「ナルホド コレガ シュバルツリッターノ チカラカ」
 そのまま2体は拮抗した状態で押し合うが勝敗が付かない。
「モウ ジュウブンダ ゼンリョクデ イクゾ」
 敵ゴーレムはそう言うと、急激に力を増す。黒騎士(シュバルツリッター)が押し負けた。組み合ったまま壁に叩き付けられ、そのまま壁をぶち抜き、柱にぶつかって止まる。
 しかし敵ゴーレムは止まらない。その急激に上昇した力で黒騎士(シュバルツリッター)の右腕を引き抜いてしまった。そして次の瞬間には左腕が。
「な、何!?」
 目にしたことが信じられないといった表情のラインハルト。だがそれは現実で、敵ゴーレムは黒騎士(シュバルツリッター)を蹴り倒すと、両脚も次々にもいでしまう。
 とてつもない力である。それはまるで……
「レーコちゃんの、力?」
 呆然としたラインハルトの口からそんな言葉が漏れた。
「レーコ? ソレガ サイキョウノ ゴーレムノ ナマエカ?」
 四肢をもがれた黒騎士(シュバルツリッター)をそのままに、敵ゴーレムは再度ラインハルトに肉薄。
「う……」
 うっかり情報を漏らすところだったことに気付き、口を閉じるラインハルト。
「マアイイ ユックリ キクコトニ シヨウ」
 敵ゴーレムはそう言って、ステアリーナを人質に、ラインハルトに迫る。
「ソノ ケッカイヲ カイジョシテ クレナイカネ」
「ラインハルト様! いけませんよ!」
 気丈にもステアリーナはそう言うが、次の瞬間腕をねじり上げられ、悲鳴を上げる。
 そんな姿を平然と見ていられるラインハルトではなかった。
 バリアを解除する。すると敵ゴーレムはそれが指輪の効果だと知っているのか、ラインハルトの腕もねじり上げ、指から保護指輪(プロテクトリング)を抜き取ってしまったのである。
 と同時に、2人の首にチョーカーが付けられた。それはエルザが付けられたのと同じ物。魔法の詠唱を妨げ、体調を崩す魔導具。
「ソロソロ ヒトガ アツマッテ クルナ」
 派手な音を立てたので野次馬や警備兵が来るだろう。そう言ってゴーレムは2人を壁に開けた穴から連れ出した。
 そこは水路のすぐ上で、水路には黒い船が1隻浮かんでいた。
「ノレ」
 そしてラインハルトとステアリーナは白昼誘拐されてしまったのである。
 目撃者も大勢いたが、皆為す術もなく、黒い船がアスール川に出、川を下っていくのを眺めているだけだった。

 ラインハルト専用隠密機動部隊(SP)、セージとコスモスが到着したのはその半日後。
 2体が見たのは破壊された黒騎士(シュバルツリッター)と、布を掛けられた5人分の骸であった。
 タッチの差で誘拐されてしまいました。統一党(ユニファイラー)もだんだん図々しくなってきています。

 お読みいただきありがとうございます。

 20130906 13時04分 脱字修正
(誤)ゴーレムの1体先のゴーレム園遊会(パーティー)で破壊されてしまった
(正)ゴーレムの1体は先のゴーレム園遊会(パーティー)で破壊されてしまった

 20130906 16時02分 追記
(旧)仁のように骨格、筋肉をもつゴーレムは希なのである
(新)仁の作るゴーレムのように骨格、筋肉をもつゴーレムは希なのである
 なんだか仁がゴーレムみたいですので追記。

 20130906 20時58分 誤記修正
(誤)セージとコスモスが到着したのはその1時間後
(正)セージとコスモスが到着したのはその半日後
 仁に連絡が入った時間からしたらそのくらいですね。

(誤)2名
(正)2体
 ゴーレム、オートマタは迷ったのですが、客観的に「体」で数えることにしました。

 20130907 09時56分
 ラスト、五人の骸に「布を掛けられた」を追加。半日後ですから地元警備隊などが調べに来てるでしょうからね。遺体は片付けられていてもおかしくないでしょうが、一応まだ現場保存と言うことで。

 20171112 修正
(誤)気丈にもステアリーナなはそう言うが、次の瞬間腕をねじり上げられ、悲鳴を上げる。
(正)気丈にもステアリーナはそう言うが、次の瞬間腕をねじり上げられ、悲鳴を上げる。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ