挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

08 統一党暗躍篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

206/1625

08-27 戦闘態勢

「あとはごしゅじんさまの武器、ですね」
 一応完成をみた強化服を見たアンがそう言った。
「『水流の刃(ウォータージェット)』や『光束(レーザー)』は威力が高すぎるのと、遠距離から中距離用だということです。近距離用の武器もお持ち下さい」
「なるほどなあ」
 アンの提案はもっともだ。だが仁は格闘技など出来ない。
「となると棒みたいなものを振り回すのがいいということになるな……」
 とりあえず、棒を振り回す自分を想像してみる仁。……何か違う。仁には想像できなかった。
「じゃあ刀か? それこそ、刃筋が立たないと切れないって言うし、アダマンタイトじゃ重いし」
 倍くらいの力ではアダマンタイトの刀を振るうには少し足りない。
「うーん……軽くなきゃ無理、ということは物質じゃあ駄目か……」
 そこまで考えて思いついたのは有名な映画に出てくる光の剣。
「あれならなんとかなりそうだ」
 仁は頭の中で構想を描く。
「プラズマを閉じ込める……駄目だ。対人武器としたら凶暴すぎる。雷系の魔法で……同じだ」
 頭をひねり続ける仁。
「うーん、いいアイデアだと思ったんだがなあ」
「ごしゅじんさま、それでしたら防御用の結界を先に装備なさって下さい」
 アンが助け船を出す。だがそれは文字通り、仁にあるアイデアをひらめかせる助けとなった。
「そうか! バリアだ! バリアと同じ力場を剣にして!」
 球状、または円盤状に展開するのが普通の魔法障壁(マジックバリア)であるが、これを剣の形に出来ないかと仁は考え始めた。球状、円盤状などの幾何学的形状は容易いが、剣の形にするのは至難の業だ。
「よし! 出来る! 出来るぞ!」
 しかし仁の魔法知識と地球での経験はそれを可能にした。
魔法障壁(マジックバリア)展開用の極を剣の形にすればいいじゃないか?」

 魔法障壁(マジックバリア)はいうなれば自由魔力素(エーテル)で出来た壁である。作り方の原理は簡単。自由魔力素(エーテル)への引力と反発力の組み合わせ。その釣り合ったところに、不可視の壁が構築される。
 もう少し言うなら、引力で引き寄せられた自由魔力素(エーテル)と、反発力で押しのけられた自由魔力素(エーテル)。それがぶつかり合い、釣り合った場所の自由魔力素(エーテル)密度は通常空間の何万倍にもなる。その自由魔力素(エーテル)同士を連結させることが出来たら。その『エーテルの網』がすなわち魔法障壁(マジックバリア)である。
 魔法障壁(マジックバリア)の強度は自由魔力素(エーテル)濃度によるところ5割、網の目の連結力によるところ5割で決まる。網の目の大きさは自由魔力素(エーテル)が楽に通るため、内部の魔導士が自由魔力素(エーテル)の枯渇を起こす心配は無い。
 引力と反発力を発生させるための極は指輪だったり、魔導士が空間に作り出した仮想のポイントだったりする。くどいのを承知で書くと、仮想のポイント指定にも魔力を必要とするから、指輪などの魔導具を使った方が効率がいい。

 さて仁はその『極』を剣の形にしてみることを考えついた。
「普通は『点』からの放射だから球面になるんだよな」
 つまり放射点から等距離にエーテルの網が形成されるわけだ。
「それを剣の形にして、部分的に強度を変えれば……おお、いいじゃないか」
 強度を変えたことで、引力と反発力が釣り合う距離が変わる。極が点だとその制御は難しすぎるが、剣の形なら比較的簡単(あくまでも魔法工学師マギクラフト・マイスターにとって)である。
 まだ微調整は必要そうであるが、仁の手にした剣型の魔結晶(マギクリスタル)からは、剣に見える50センチほどのぼんやりした光が放たれていた。
「よし、ここをこうして、こっちをこうして」
 剣型の魔結晶(マギクリスタル)に書き込んである魔法語(マギランゲージ)を手直ししていく仁。
 3度ほど調整した後、
「出来た!」
 と仁は喜びの声を上げた。
「出力を変えると……おお!」
 短い時は40センチくらい、長くすると2メートル以上になる。
「さて、切れ味は」
 仁はその辺に転がっていた木片に斬りつけてみる。
「あれ?」
 だが、予想に反して切れなかった。
「うーん、今のままだと単なる棒状のバリアだからか……」
 理由を推測し、対策を立てる。
「この連結した自由魔力素(エーテル)の一部を炎……いや、熱エネルギーに変えると」
 少しの手直しをした後再度実験。
「どうだ? ……あちちち」
 熱気が漏れてきた。
「もう少し熱エネルギー化する自由魔力素(エーテル)を減らさないとな」
 そして3度目。
「うん、これでいい!」
 青白く輝く魔法剣。温度は1万度を超えているだろう。木片に斬りつけたら断面が黒く焦げるどころか一部蒸発した。
 次は鉄棒で試すことにする。一応ヘルメットも装備し、礼子に頼む仁。
「礼子、そこにある鉄の棒で軽く殴りかかってくれ。いいか、かるーくだぞ」
「はい」
 念を押された礼子は、太さ2センチ、長さ80センチほどの鉄棒で仁に殴りかかる。仁はそれを魔法剣で受け止めた。
 基本形は剣状のバリアだから、実体のある剣も受けられる。
 そして受けた鉄棒は、1秒ほどでそこから溶け、2つになってしまった。剣を受けたら相手の剣にダメージが行くだろう。
「よし、電気エネルギーだとどうかな?」
 魔法語(マギランゲージ)をいじり、雷系魔法を使って電気エネルギーを作り出すようにしてみた。
「さあ、どうだ?」
 起動する。青白くも見え、黄色いようでもある、そんな剣になった。
「さて、これに触れて貰うのは危険すぎるな……。礼子、その鉄棒を地面に立ててくれ」
「はい、お父さま」
 60センチくらいの鉄棒を、少し地面に突き刺す礼子。
「よし、いくぞ」
 仁はその鉄棒目掛け剣を振り下ろす。剣が鉄棒に触るか触れないか、その瞬間、アーク放電が起こり、バチッと言う放電音と共に一瞬まばゆいばかりに輝く。
 ヘルメットの遮光機能がなければ目にダメージを受けそうだ。
 次の瞬間には鉄棒と剣が接触、まるで電気溶接機のように火花を飛ばし、鉄棒を両断した。白熱した鉄が飛び散る。
「瞬間に白熱するなんて何億ボルトあるんだよ……」
 仁はまじまじと剣を見つめる。とんでもない物が出来てしまった気がする。魔法による電気エネルギーでなかったら、一番近くにいる仁に真っ先に被害が及ぶところだ。
「あとはこの電圧を制御出来るようにするか」
 そう呟いた仁は、剣の大きさと熱・電気エネルギーを調整できるように改良を加え、ようやく魔導具としての魔法剣を2振り完成させたのであった。
「『正宗』と『村正』にするか」
 正宗は熱系、村正は雷系の剣。そしてその名前はもういつもの調子である。
「ごしゅじんさま、お疲れ様です」
「お父さま、入浴なさいますか?」
 アンと礼子が作業を終えた仁に声を掛けた。仁は一つ伸びをして、
「ああ、一風呂浴びるかな」
 と言って館へ向かった。後に付いていく礼子、アンは後片付けである。
「あー、疲れが取れる」
 館の温泉に浸かり、おっさんくさい声を上げる仁であった。

*   *   *

「ダリに到着しました」
「よし、予定通りにすすめろ」
「はっ」

*   *   *

 その夜、仁はラインハルトからの連絡を待っていたが、予定の時刻を過ぎても連絡がないので心配になってきていた。
 そこへ老子から急報が。
御主人様(マイロード)、セージから連絡です。ラインハルト殿が誘拐されたらしいです」
「何だって!?」
 それを懸念して隠密機動部隊(SP)を増やしたばかりである。
「砦跡の基地経由でラインハルト殿のいるダリまで行ったのですが、わずかの差で間に合わなかったようです」
統一党(ユニファイラー)め……俺の忠告を聞かなかったな」
 仁の怒りが静かに燃え上がる。
「蓬莱島、出撃準備」
 タッチの差で間に合いませんでした……

 お読みいただきありがとうございます。

 20130905 20時40分  足りない表現を追加。
念を押された礼子は、『太さ』2センチ『、長さ80センチ』ほどの鉄棒で仁に殴りかかる。→太さと長さを明記しました。

アーク放電が起こり、バチッと言う放電音と共に一瞬まばゆいばかりに輝く。
 『ヘルメットの遮光機能がなければ目にダメージを受けそうだ。』
→アーク放電はものすごく目に悪いです。

 20140530 08時18分
 ライト(レーザー)光束(レーザー)に変更。

 20150630 修正
(旧)そこにある鉄の棒でかるーく殴りかかってくれ。いいか、かるーくだぞ
(新)そこにある鉄の棒で軽く殴りかかってくれ。いいか、かるーくだぞ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ