挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

01 カイナ村篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/1717

01-05 契約

 翌朝。
「ジン、いるかね」
 朝食後、マーサの家へ村長がやってきた。
「はい?」
「おお、ジン、ちょっといいかな?」
「ええ、何でしょう?」
 村長は笑って、
「何、たいしたことじゃない。うちに泊まっている行商人のローランドさんが、君と少し話がしたいというのでな」
「そうなんですか、いいですよ」
「そうか、じゃあさっそく来てくれるか?」
 ということで、仁は村長宅へと向かうことになった。

「はじめまして、行商人のローランドといいます。このたびはお呼びだてして申し訳御座いません」
「息子のエリックです、お目にかかれて光栄です」
 村長宅ではローランドとエリックが待っており、やってきた仁に丁寧な挨拶をした。この辺は商人である。
「あ、はじめまして。ジン・ニドーといいます」
 そうして3人はテーブルを囲んで座った。村長も同席する。すぐに若い娘がお茶を持ってやって来た。
「どうぞ」
「ああ、ありがとう、バーバラ」
 仁は確か村長さんの姪だったな、と頭の隅で考えるが、すぐに目の前の相手に注意を戻す。
「それで、お話とは何でしょう?」
 まず仁が切り出す。それに答えたのはローランド。
「いえ、たいしたことではないのです。……2ヵ月前、私がこの村を訪問した際には無かった物が、今回気になりまして」
「ああ、温泉ですか」
「ええ。それにポンプですか、あの水を汲み上げる道具ですね。本当にあれをこしらえたのはあなたなので?」
「そうですが何か?」
 怪訝そうな顔をする仁に、
「ああ、いえ、ジンさん、でしたか、あなたがお若いので。その若さで魔法工作士(マギクラフトマン)でいらっしゃるとは、どこで学ばれたのですか?」
魔法工作士(マギクラフトマン)?」
 初めて聞く言葉である。魔法工学師マギクラフト・マイスターの称号なら受け継いだのだが、魔法工作士(マギクラフトマン)という呼び名は知らない。
「おや、ご存じありません? 意外ですね。魔法工作士(マギクラフトマン)というのは魔法を使って道具を作る人たちの総称ですよ」
「はあ」
 気の無さそうな返事に、ローランドは話題を変える。
「そういえば、どこからかいらっしゃったと言うことでしたが?」
 それは仁が確かめたい内容だったのでこれには飛び付く。
「ええ、実はたまたま『転移門(ワープゲート)』を見つけ、それによって飛ばされたらしいんですよ。なので自分がどこから来たのか、正確には帰る場所がどこにあるのかがわからないんです」
転移門(ワープゲート)? 聞いたことがある気がします。……エリック、どうだ?」
「確か、そんな名称の古代遺物(アーティファクト)があると習った気がします。異なる2つの地点を行き来できるとか」
 初めてエリックが挨拶以外で口を開いた。
「こいつは去年までセシリオ魔法学校にいましたからな。少しは魔法について知っております」
 父親のローランドも心なしか自慢げだ。
「まあ、古代遺物(アーティファクト)なんでしょうけれど、とにかくそれが暴走したらしく、気が付いたらこの村のそばで倒れていたらしく、今お世話になっているマーサさんに拾われて以来、この村でお世話になっているのですよ」
 一部を誤魔化したが、あながち間違いではない。エリックも、
「それは災難でしたね。古代遺物(アーティファクト)には理解できないものが多いので、そういうこともあるのでしょう」
 それをローランドが引き継いで、
「ということは、あなたの故郷がどこにあるのかわからない、ということなのですか?」
「そうなんです。ニホン、と言ってもわからないでしょう?」
「ニホン、ですか。確かに聞いたことのない地名ですね。そこがあなたの?」
「ええ、故郷です」
 ローランドは腕を組んで考え込む。その間にエリックが聞いてきた。
「そうしますと、ジンさんの使われる魔法や、お作りになった道具はジンさんの故郷の物、ということでよろしいんですね?」
「そういうことです」
 仁が肯くと、エリックは興奮気味に、
「すばらしい! あのポンプ、ですか、是非作り方を教えていただきたいものです!」
 それをたしなめたのはローランド。
「これこれ、そう興奮したらいかん。ジンさん、情報料を払いますので、是非わたしどもに『ポンプ』の構造や作り方を教えていただけませんか」
 どうしようかと考える仁。別に教えることには問題はない。ただ、出来るならこの村に利益があったほうがいいと思っている。
「そうですね、ちなみに情報料はおいくらくらいをお考えで? あ、俺はこのあたりの通貨を知らないので、その辺も含めて教えていただけると」
「そうですか。そうでしょうな。情報料として、10万トールでいかがでしょうか。群王国共通通貨でいうと、銅貨1枚が1トール、銀貨が100トール、金貨が10000トールとなっていまして、小麦10キロがだいたい300トール、銀貨3枚くらいですね」
 仁は大急ぎで暗算してみる。変動があるにせよ、小麦ベースで言えば、1トールが10円くらいと思えばおおむね間違いなさそうだ。ということは情報料は100万円。
「返事をする前にもう一つ聞きますが、この国には『特許』という考えはあるんですか?」
「『特許』? それは何ですか?」
 そう聞き返してきたことで多分無いのだろうと見当は付くが、
「特許というのは、最初にそれを考えた人の権利を守るためのもので、一定期間、特許を利用する時は特許を取った人に『特許料』を払う必要がある、と言うような制度です」
 ローランドはそれを聞いて少し考えてから、
「なるほど、いい制度ですね。新しい物を考案した人の利益を守りつつも、それを広く利用できるようにする。これにより新しいものを作ろうとする機運が上昇しますな」
 さすが商人というか、理解が早い。が、
「ですが、残念ながらそのような制度はありませんね」
「そうですか、それは残念です」
「では……」
 がっかりした顔のローランドだが、
「いえ、その条件で情報をお売りしましょう。ただし、1つだけ条件があります」
「そ、それは!?」
 ポンプの情報を売って貰えるということで勢いづくローランド。
「ポンプにローランドさんの名前かそれに類する物を入れて欲しいのです。出来れば真似できないようなもので」
「なるほど、類似品との差別化、ですね」
 ローランドの飲み込みは早い。
「そうです。遅かれ早かれ、模倣品や類似品が出回るでしょうが、オリジナルはローランドさんの所だとわかるように」
「ふふふ、本当のオリジナルはジンさんですけどね」
「それを言ったら、俺の国ではもうどれがオリジナルかわかりゃしませんよ」
 そんな感じで契約が結ばれる。担当はエリック。仁が目の前でポンプを1つ作って見せ、それをサンプルとして譲り渡す、というやり方になった。
 さっそくその日の午後、残り少ない青銅を使って実演してみせる仁。
 その日は午後中、仁の仕事場に、
「な、なんですか、そのやり方はあ!」
 エリックの叫びが響いていたという。
20130412誤字修正
(誤)と言うような精度です (正)と言うような制度です

 なんだかんだ言いながらエリックは構造を憶えて帰りました。仁と同じ作り方は出来ないでしょうけれど。
 お読みいただきありがとうございます。

 20160207 修正
(誤)2箇月前、私がこの村を訪問した際に
(正)2ヵ月前、私がこの村を訪問した際に

 20171107 修正
(誤)「ということは、あなたの故郷がどこにあるのかかわからない、ということなのですか?」
(正)「ということは、あなたの故郷がどこにあるのかわからない、ということなのですか?」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ