挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

07 遺跡篇

174/1507

07-16 青毛のアン

 古い自動人形(オートマタ)が動きだし、言葉を発した。それは取りも直さず、歴史の証人となるはずだったのだが。
「あな・たさまがご・しゅ・じんさまで・すか・わ・たくしめのな・まえはアンとも・うします」
 自動人形(オートマタ)の名前がアン、ということだけはわかったが、それ以外のことについては、
「もう・しわけないこ・とですがじょう・ほうがで・てき・ません」
 と言われてしまった。やはりこの自動人形(オートマタ)も、重要な情報は消去されたのだろうか。敵の手に渡る可能性があったのならあたりまえの処置である。
「うーん、もうこれ以上の発見は無さそうだな」
 ゴーレムのいた部屋を調べていたラインハルトがそう結論した。
「となると、このゴーレムとその自動人形(オートマタ)をどうするかだ」
 その時、入って来た通路から声が響いた。
「ふっ、ふははははは! すばらしい! すばらしいぞお! 御苦労だった、礼を言う!」
 それは昼間会った自称考古学者、ルコールである。
「ルコール! どうしてここに!」
 ラインハルトが問うとルコールはまた笑う。
「ははは、私はこの遺跡を調べていると言ったろう。『統一党(ユニファイラー)』のためにな!」
統一党(ユニファイラー)!」
 ルコールは統一党(ユニファイラー)の手先だったのである。
「昼間、只者ではないと思い、鳩を飛ばして報告したのだ。そして夕方、返事が届いた。驚いたな、ラインハルトとジン、2人とも我が統一党(ユニファイラー)が目を付けた人材ではないか!」
 ルコールは興奮してぺらぺらと喋りまくる。
「この発見を手土産に、君達も統一党(ユニファイラー)に忠誠を捧げようではないか! うははははは!」
 と、狂ったように笑出したルコール。

 その時仁は、袖をつんつん、と引く感触に振り返る。そこには先ほどの自動人形(オートマタ)、アン。
「ご・しゅ・じんさまあ・のひとのよ・うす・がお・かしいで・すあれ・は……」
 聞き取りにくいし、声が小さいが、仁はアンの話すことに耳を傾けた。
「…………」
「なるほどなあ。良く聞かせてくれた。ありがとうな、アン」
 仁がアンの話を聞き終えても、ルコールはまだ笑いながら叫んでいた。
「うははははは! さあ、2人とも、私と共に行こうではないか!」
 そんなルコールに、仁は一言。
「やなこった」
「は?」
 仁の冷たい声に、さすがのルコールも笑いを収め、不思議そうな顔をした。
「今、何と?」
「やなこった、と言ったんだよ、狂信者」
 更に仁は追撃。
統一党(ユニファイラー)だ? そんなこと出来ると本気で思ってるのか? だったら狂信者ですらない。ただの馬鹿だ」
 そこまで言われたルコールは顔を真っ赤にして怒り出した。
「な、な、な、なんだと? 貴様、自分が何を言っているのかわかっているのか?」
 仁は冷ややかに、
「大陸を統一だと? そもそも、ディナール王国が支配していたのは大陸のごくごく一部にすぎない。それでさえ人口減少で維持できず、破綻して小群国になったというのに、その時とたいして変わらない国力で統一だ? 笑わせるぜ。ああ、統一党(ユニファイラー)って言うのはお笑い集団なのか?」
 いつもの仁には似合わない辛辣な言葉に、ラインハルトも目を見張っているが、言われたルコールはもっと愕然としていた。
「な、な、なんだとう?」
「何度も言わせるな、物覚えが悪いのか?」
「私を愚弄するか!」
「ああ、してるよ」
「こ、こ、こ、こやつ!」
「まるで茹で蛸……ああ、そう言ってもわからないかもな。そうだな、沸騰したヤカンだな」
「うがー!」
「お、おい、ジン?」
 いつもと違う仁の様子にラインハルトが心配そうに声を掛けた。仁は小声でラインハルトに答える。
「しっ。もう少し待っていてくれ」
「あ、ああ」
統一党(ユニファイラー)ってのは魔法使いじゃなくて阿呆使いの集まりか」
「う、うおおおおーーー!」
「い・まで・す」
 アンの声が響き、仁は魔法を放った。
「『麻痺(スタン)』」
「ぎっ!?」
 そしてルコールはその場にくずおれた。
「ふう、終わったか」
 息を吐く仁にラインハルトが尋ねる。
「ジン、今の魔法は?」
「ああ、麻痺(スタン)かい? 雷魔法の応用で、本当の一瞬だけ、相手に電撃を与えて麻痺させる魔法さ。人間相手には効果的だぞ」
 そう仁が説明すると、ラインハルトは感心し、
「ふうん、それも『科学』の恩恵かな? ますます君から科学を学びたくなったよ、ジン」
「ああ、機会を見つけてな」
 仁も少しずつこちらに関わる気になってきてはいる。
「まずはこいつだ」
 気絶したルコールを、そのローブを使って縛り上げる。縛っているとラインハルトが不思議そうに質問してきた。
「なあジン、さっきこいつに向かって随分と挑発していたが、何か理由があったのかい?」
 仁は肯く。そして逆にラインハルトに質問を返した。
「なんとなく反応がおかしく感じなかったか?」
「ん? ああ、確かにな。だが、狂信者なんてあんなものだろう?」
 とラインハルトは答えるが、仁は違う、と言った。
「思い出してみろ。ドミニクも、正体現してからあんな感じだったろう?」
 ラインハルトはその時のことを思い起こしてみる。そして確かに、異常とも思える興奮状態、というのは共通しているかもしれない、と思った。
「まあ、ちょっとおかしいくらいに興奮していたな」
 そう答えると仁は我が意を得たり、と肯いた。
「あれはもしかしたら『催眠(ヒュプノ)』の影響だったんじゃないかと言うんだ」
「『催眠(ヒュプノ)』? って何だい?」
 それは催眠術の魔法版、と言えばいいかもしれない。だがそんな情報をどこから? とラインハルトは思ったのだろう。そして、仁の傍に自動人形(オートマタ)がいる事に気がつき、
「もしかして、その自動人形(オートマタ)が?」
 と尋ねた。仁は笑って肯き、
「ああ。このアンが教えてくれた」
 と答える。アンが補足説明を始めるのかと思いきや、話し出したのはいつの間にかアンの隣にいた礼子だった。
催眠(ヒュプノ)の魔法は、対象者を思いのままに操れると思われていますが、そうではありません」
「え?」
 仁もラインハルトも初めて聞く内容だった。
催眠(ヒュプノ)の場合、対象者の全てを操る事は無理です。では何が出来るかというと、その行動を方向付ける事です。つまりルコールの場合なら遺跡の調査を続けさせる事ですね」
 2人ともそれで合点がいった。
「ああ、だから成果が上がらないのにもかかわらず、10年もこんな所にいられるのか」
 普通、何も見つからない様な遺跡に10年はいられない。その理由がわかってすっきりした2人。
「そして、そのバックアップをしている統一党(ユニファイラー)に逐一報告をさせる、これくらいですね」
「なるほどな。で、どうして催眠(ヒュプノ)にかかっているとわかったんだ?」
 とラインハルトが1番の疑問を口にすると、
催眠(ヒュプノ)に掛かっていると、その『目的』『指示』を与えた相手に関した事になると、軽い興奮状態になるんです」
 と説明された。確かに、と仁は一つ頷く。
「そうか。確かにあの時のドミニクもそんな感じだった」
「ルコールは軽い興奮状態なんかじゃなかったけどな」
 そのラインハルトの疑問にも答えが返ってくる。
「無理矢理刷り込まれた命令ほど興奮状態になるようです」
「なるほど。そうするとルコールは元々統一党(ユニファイラー)ではなかったといったところか。だが、何であんなに煽ったんだ?」
 ラインハルトのその疑問ももっともである。仁もあの時はアンにあいつを挑発してくれと言われただけだった。その疑問への答えは、
「興奮が頂点に達した時にショックを与えると催眠(ヒュプノ)から醒めることがあるのです」
 という礼子を通じてのアンによる解説であった。
「すると今、ルコールは催眠(ヒュプノ)から醒めた可能性があるってことか。よし、気が付くまで待ってみるか」
 意外とアンは役に立つ? 礼子の立場は? 乞う御期待。

 お読みいただきありがとうございます。


 20130805 7時47分  言葉足らずな箇所を補足
(旧)「興奮が頂点に達した時にショックを与えると催眠(ヒュプノ)から醒めることがあるのです」
 であった。

(新)「興奮が頂点に達した時にショックを与えると催眠(ヒュプノ)から醒めることがあるのです」
 という礼子を通じてのアンによる解説であった。

 誰の台詞かわかりにくかったので。

 20140508 誤記修正
(誤)ドミニクも、正体表してから
(正)ドミニクも、正体現してから
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ