挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

35 オノゴロ島篇(続)

1322/1474

35-36 記憶

 仁は、『ヘレンテ』の記憶情報に異常があることを感じ取った。
 当面の問題は、それを指摘するかどうかだ。
 『ヘレンテ』がどう反応するか、は未知数である。
「それでも、やってみるか」
 独りごちたあと、仁は『ヘレンテ』に告げることにした。
「『ヘレンテ』、あんたは自分がおかしいことに気付いているか?」
《私が?》
「そうだ」
《からかっているのか? 私に異常はない》
「本当にそう思うか?」
 重ねて仁は念を押す。その様子に、『ヘレンテ』は何かを感じ取ったようだ。
《……む。そこまで言うからには、何か確証があるのか?》
「ある。先程、なぜ拘束されているのかと聞いたろう?」
《うむ》
「あんたがいきなりおかしくなって暴れ出しそうになったんだよ」
《私が……か?》
「そうだ」
《ううむ……そんなはずはないが、わざわざそちらがこの程度の嘘の情報を流す必要性もないな》
「自分で自分を診断できないのか?」
《できなくはないが、少し時間が掛かるぞ》
「それは構わない。できるならやってみて欲しい」
《わかった》

 『ヘレンテ』はその動きを止めた。
 そして10分が経過。その間も、ランドW、X、Y、Zは警戒を怠らない。
 さらに5分。
 『ヘレンテ』に動きがあった。
《異常かどうかはまだ判断できないが、確かに記憶情報の連続性が途切れている》
「つまり、空白期間があるということか?」
《そうだ。あるはずのない空白期間……記憶領域の故障でないとすれば、そちらの言うように私に異常が生じているということになる》
「どうするつもりだ?」
《手を貸してもらえれば、もう少し詳細に調べられると思う》
「何をすればいい?」
魔結晶(マギクリスタル)を貸してほしい。そこに、私の記憶情報エリアをそっくりコピーするのだ。それを調べればいい》
「なるほど。属性は?」
《全属性が望ましい》
「わかった」

*   *   *

 『ヘレンテ』の言葉を聞いた仁はなるほどと思った。
 魔導頭脳が自分で自分の記憶を調べるのは難しい。
 記憶領域は『生きて』いるからだ。
 『調べて』いくうちにも記憶が増えていき、記憶領域が変化していったり、場合によっては消去することもある。
 一旦外部に調べたい部分をコピーするならそれは『落ちついた』情報であるから、調べるのは簡単である。
「わかった。質のいい全属性の魔結晶(マギクリスタル)を用意しよう」
 仁はすぐさま老君に準備するよう指示した。
『すぐにお持ちします』
 そして20秒後、仁の手元に魔結晶(マギクリスタル)が届く。
「うん、これならいいな。……ランドWを少し離れた場所へ移動させて、転送機で送り届けよう」
『わかりました』
 その指示は即実行された。

「これでどうだ?」
 ランドWは『ヘレンテ』に魔結晶(マギクリスタル)を差し出した。
《おお、なかなかのものだ。これならコピー出来る》
 そして『ヘレンテ』は、
《すまぬが、両手を自由にしてもらえないだろうか?》
 と言いだした。
 少し考え、仁も返答する。
「悪いが、異常の原因がはっきりしないうちはできない」
《ふむ、それも道理か。それならば、準備を手伝ってもらえるか?》
「何をすればいい?」
《その魔結晶(マギクリスタル)を、私のそば……そうだな、頭の上にでも置いてくれ》
「いや、そこは置きにくい」
 『ヘレンテ』の頭には、騎士の兜に似せたのか、ちょっと見は『モヒカン』に見える飾りが付いているのだ。
「なら、口に咥えさせてくれ」
 網で絡め捕られたゴーレムの口に魔結晶(マギクリスタル)
 絵面としては非常に滑稽だが、笑う者はいない。
《それでいい。少し待ってくれ。——複写(コピアンド)
 魔結晶(マギクリスタル)が一瞬輝いた。
《これで必要な情報がコピーされたはずだ。『崑崙君』なら確認できるだろう?》
「わかった。預からせてもらおう」
 ランドWがその魔結晶(マギクリスタル)を受け取り、二堂城へと走っていった。
 そしてそこの転移門(ワープゲート)を使い、仁の下へ魔結晶(マギクリスタル)を届けた。
「ごくろうさん」
 仁はその魔結晶(マギクリスタル)を受け取ると、老君へと渡し、解析させることにした。

「不安定になった原因は、『障壁(バリア)』だろうかな」
 カイナ村周辺には、弱いながらも魔法障壁(マジックバリア)を張ってあった。
 これが、『ヘレンテ』への指示を弱めたために、不安定になった可能性もある。
「いずれにしても解析結果待ちだな」
 そう呟いた仁は、椅子に身体を預けた。

 そこへやって来たのはシオンとマリッカである。
「ジン、ここにいたの。なんか忙しそうね?」
「ジン様、ハンナちゃんはすごいですね。もう『魔導工作機(マギニングツール)』を使いこなしてます!」
「へえ。やっぱりハンナは頭がいいんだなあ……」
「で、何やってたの?」
「ああ、実は……」
 仁の説明を聞いたシオンとマリッカは目を見開いた。
「ええ? 『オノゴロ島』の『ヘレンテ』を捕まえたの?」
「ああ、ほら、向こうの魔導投影窓(マジックスクリーン)に映ってる」
 ランドZの視覚情報を送ってきているので、司令室のメインスクリーンではなく、サブスクリーンだ。
「へえ、あいつが『ヘレンテ』ね。……あれ?」
 首を傾げたシオンに、仁が問いかけた。
「どうした? 何か気が付いたことでも?」
「う、うん。……マリッカ、あれって……」
「はい、シオンさん、私も気になってました」
「だからどうした?」
「……ジン、あのね、あの『ヘレンテ』の姿に、見覚えがあるの」
「えっ」
「マリッカもそうよね?」
「はい」
「い、いったいどこで?」
 思い掛けない2人の言葉を聞き、急き込んで仁が尋ねた。
「どこって……『森羅』氏族の宝物庫でよ」
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20161017 修正
(旧)「あんたがいきなりおかしくなって暴れたんだよ」
(新)「あんたがいきなりおかしくなって暴れ出しそうになったんだよ」
 暴れる前に取り押さえられましたね……
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ