挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

35 オノゴロ島篇(続)

1321/1620

35-35 対話

《この先にある峠を越えれば、カイナ村とかいう辺境の村ですね。そこに『崑崙君』がいるか、いないのか》
 トーゴ峠へ向かう山道を辿る影が一つ。
 真夜中だというのに、その足取りは確かである。
《いなければ、村を破壊し、誘き出すだけ》
 トーゴ峠に着いた時、まだ夜は明けておらず、夜明け前の静寂しじまの中、カイナ村は眠っているように見えた。

*   *   *

 人々は眠っていても、眠らない者たちがいる。
〈お館様、何者かが近付いて来ます〉
 カイナ村監視用魔導頭脳『庚申』からの報告が行われた。
「うん、そのようだな」
 トーゴ峠に近付くにつれ、その姿は鮮明になる。
「……待てよ? こいつは……『ヘレンテ』じゃないのか?」
御主人様(マイロード)、間違いないでしょう。近付いてくるのは『ヘレンテ』です』
 その外見を確認し、老君も断言した。
「『ヘレンテ』が出てくるとはな。目的は……俺か?」
『はい、御主人様(マイロード)。その可能性が大ですね。先日クライン王国で捕まえた間者も『崑崙君』についての情報を集めていたようですから』
 その時、『庚申』から報告が入った。
〈『ヘレンテ』らしきゴーレム、トーゴ峠に到着しました。どうしますか? ご指示をお願いします〉

「そうだなあ……」
 仁は、カイナ村の防衛手段を思い起こしてみるが、なかなか思い出せない。
 最後に聞いたのが、鉱山からの犯罪奴隷が襲ってきた時であるから、去年の5月である、無理もない。
「よし、まずはランドWからZに出迎えさせよう。その後は適宜、網による捕縛やレーザーを使用すること」
〈わかりました〉

*   *   *

《ふむ、奇妙な建物……城でしょうか? こういった建築様式はデータにはないようですね》
 エルメ川手前で二堂城を見上げたゴーレム。その前に4つの影が現れた。カイナ村を陰から守護するゴーレム、ランドW、X、Y、Zである。
「止まれ。何者だ? この村に何か用か?」
《む? お前はランドか?》
「そうだ。重ねて問う。何の用か?」
《私の、そちらが知る名は『ヘレンテ』。『崑崙君』に会いたい》
「会ってどうする?」
《話がしたい》
「具体的には?」
《……》
「答えられないのか?」
《いや、そうではない。一言で言い表せないだけだ。……ふむ、なぜ私は……う?》
 『ヘレンテ』の様子がおかしいことに最初に気付いたのはランドZであった。0.5秒遅れてW、X、Yも気が付く。
「どうした、『ヘレンテ』?」
《『ヘレンテ』だと!? ……違う、吾は、吾は……!》

〈お館様、『ヘレンテ』の様子が変です〉
「そのようだな。よし、網を使って捕縛だ」
〈はい。防衛機構7、捕縛網レベル3〉
 捕縛網は地底蜘蛛(グランドスパイダー)の糸を使って編まれた網で、レベル1から3までのランクがあり、強度が違う。
 レベル3はランドでも切れない最強の強度だ。
 因みにレベル1は人間拘束用、レベル2は一般ゴーレム用である。
 『転送機』で発射された網が『ヘレンテ』に覆い被さる。
《小癪な!》
 気が付いた時には網を被せられており、4体のランドが協力して捕縛しているからには、『ヘレンテ』といえども抜け出せるものではない。
 動きを封じられ、あえなく捕縛されてしまった。
《く……!》

「よし、話をしてみよう」
 そう言いだした仁を、礼子が止める。
「お父さま、大丈夫ですか? おやめになった方が……」
「いや、直接話すわけじゃない。声だけだ」
『なるほど、魔素通信機(マナカム)ですね?』
 仁の考えを推測した老君が言う。
「そうだ。まずは声で。その次は魔導投影窓(マジックスクリーン)越しか、分身人形(ドッペル)で、としよう」
「それなら安全ですね」
 礼子も安心したようだ。

 ランドZの口を借りて、仁は『ヘレンテ』と話をしてみることとした。
「『ヘレンテ』。俺は『崑崙君』ジン・ニドーだ」
《何!?》
 捕縛されてなお藻掻いていた『ヘレンテ』が静かになった。
「音声だけで悪いが、そちらを100パーセント信用はできないのでね」
《それはわかる。本物だという証は?》
「ないな。そもそも証といっても、そちらは俺を知らないわけだから意味がない。ここは信用してもらうしかない」
《わかった。信用しよう。そもそも、この状況で私を騙しても意味はないからな》
 今のところ『ヘレンテ』はおとなしくなっている。
 先程、『吾』と言っていた時の『ヘレンテ』は異常だった、と仁は感じている。

「それで、何か用があるのか?」
《ある。先日、『モデヌ』の脅威を退けたその力を見込んで、だ》
「それはいったい?」
 仁の問いに、『ヘレンテ』は僅かに間をおいて答えだした。
《……手を貸してもらいたいことがある》
「それは?」
《とある施設の整備だ》
 仁は、それに心当たりがあった。それで、カマをかけてみる。
「オノゴロ島の地下にある施設か?」
《なぜそれを! ……いや、『崑崙君』だからこそ、か》
 『ヘレンテ』は驚きはしたものの、仁がそのことを知っている事実をすぐに受け入れた。
「知っているとはいっても。それがあることだけだ。いったいあれは?」
《重要な基地、とだけ言っておこう。それ以上はまだ教えることはできない》
「そうか。まあそれはわかる」
《ところで、なぜ私は拘束されているのだろうか?》
「え? 覚えていないのか?」
 仁は驚いて質問すると、さらに驚くべき答えが返ってきた。 
《覚えていないもなにも、私はここへやって来たらランドが現れ、いきなり拘束したのではないか》
「……違うぞ」
 仁は『ヘレンテ』に異常の臭いを嗅ぎつけた。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20161015 修正
(誤)仁は、カイナ村の防衛手段を思い起こしてみが、なかなか思い出せない。
(正)仁は、カイナ村の防衛手段を思い起こしてみるが、なかなか思い出せない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ