挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

35 オノゴロ島篇(続)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1316/1736

35-30 新装置

《ふむ、撃退されたか》
《はい。2機は半壊、1機は通信が途絶えましたから破壊されたと思われます》
《予想どおりといえば予想どおりだな。で、向こうの力は?》
《はい。実弾兵器のようです。その速度はおよそマッハ2、鉛の砲弾を撃ち出します》
《ふうむ、興味深い。どうやって撃ち出しているのか?》
《それは今のところ不明です。ただ、砲弾の原型は球形でした》
《球形? なるほど。旧式の砲弾か》
《もう1つ。飛行船はその見かけによらず、なかなかの機動性を持っています。円盤とほぼ互角でした》
《うむ》
《最後に、気嚢の材質はなかなか優秀です。こちらの円盤が放った矢を弾き返しました》
《ほう》
《以上のことを考え合わせ、彼等の最大戦力を算定できるかと考えます》
《だが、実力を出し切っていない可能性は?》
《もちろん考慮しています。算定結果の5割増しでよろしいかと》
《倍だ》
《は?》
《算定結果の倍を想定しておけ》
《わかりました》

*   *   *

「うーん、やっぱりこいつにはエネルギー転送のヒントはないか……」
 仁は残念そうに呟いた。
「受け入れ側にヒントがなくても不思議はないしな……とはいえ、使われているのが『転送機』のような一方通行式だとわかっただけでもましか」
 転移門(ワープゲート)式であれば、受け入れ側にもそれなりの装置があるはずだが、転送機式なら送り出し側が全て。そういうことである。
「組み立て精度は高いな。やっぱりこいつは、わざと低級に見せかけているようだ」
 さらに64軽銀以外の素材も調べていく仁。
「やっぱりな。この部分に使われているミスリル銀なんて、有り得ないくらい純度が高い。こういう所をみると、偽装の詰めが甘いな。……それは俺もか」
 『コンロン2』は、浮揚方式こそヘリウムガスだが、それ以外には仁の最新技術を詰め込んである。
 仮に捕獲され、解析されたら仁の技術力がわかるであろう。
「気を付けないとな……」
 今、仁が持つ最大のアドバンテージは、その技術力の全容はまだ知られていないということである。
「まあ、こんなところか」
 得るものはあったとはいえ、やはりまだ相手の全容は見えてこなかった。

「『コンロン2』とエドガーは?」
『はい、蓬莱島に戻って来ました。『コンロン2』は職人(スミス)に整備させます。エドガーはエルザさまが労っております』
「それならよし」
 仁は、あとの分析は職人(スミス)に任せ、蓬莱島に戻った。
 工房へ行くと、エルザがエドガーを助手に、何やら実験をしていた。
「エルザ、何かできたのか? エドガー、長いことご苦労だったな」
「ん、ちょっと面白いものが」
「え?」
 エルザの言葉に、仁は『それ』を見つめた。
 魔導投影窓(マジックスクリーン)に何かがくっついたような形。
「『魔力素探査機(エーテルレーダー)』……じゃないよな?」
 『魔力素探査機(エーテルレーダー)』は、対象空間の自由魔力素(エーテル)分布を調べる魔導機(マギマシン)だ。
 自由魔力素(エーテル)の分布を3次元的に捉えられる。
「で?」
「ん……『自由魔力素(エーテル)の転送』を検討するために、自由魔力素(エーテル)の『動き』を捉える魔導機(マギマシン)
「なるほど……」
 『魔力素探査機(エーテルレーダー)』は、自由魔力素(エーテル)の分布を知ることができるが、エルザの作ったこの装置は、自由魔力素(エーテル)の動きまで捉えられるという。
「これは試作だから小さい、けど」
 仁はこの『魔力流分析機(エーテルアナライザー)』とでも言うべき装置を見つめた。
「うーん、凄いな、エルザ。よく作ったよ」
「……そうでもない」
 仁に褒められ、エルザの頬が少し赤くなった。
「エネルギー転送の時、自由魔力素(エーテル)がどういう動きをしているか、を知ることができたら、何か掴めるかも、と思った」
「うーん、なるほどな。その発想はなかった。エルザ、成長したな」
 仁は、魔法工学の弟子としてのエルザの成長ぶりが素直に嬉しかった。

 早速試してみることにした。
「ふんふん、濃度分布はそのまま表示の濃さで表すのか」
 画面内には、部屋の中の自由魔力素(エーテル)分布が示されている。
 仁とエルザ、礼子と思しきあたりの濃度がやや低いのは、魔力素(マナ)生成のために自由魔力素(エーテル)を消費しているからだろう。
「礼子、……そうだな、『明かり(ライト)』を使ってみてくれ」
「はい、お父さま」
 礼子の掌に光が灯った。
「お、変化あり、だな」
 それと同時に、『魔力流分析機(エーテルアナライザー)』の画面にも変化が生じる。
「ゆっくりと自由魔力素(エーテル)が礼子に向かって動いているのか」
 濃度があまり変わらないため見づらいが、そのように見える。
「……やっぱり、まだ改良の余地がある」
 少し残念そうにエルザが呟く。
「いや、それは仕方ないだろう。何せ新しいものを開発したんだから。これを元に、これからもっと性能のいいものを作ればいいんだ」
 そんなエルザを仁は励ました
「……ん」
「うーん、『レンジ』を変えられるようにすればいいのかな?」
「『レンジ』? 調理道具?」
「ああ、『レンジ』というのはそうじゃなくて……『範囲』の意味、かな?」
「……あ、わかった」
 エルザも知識としては知っているはずだが、調理道具としてのレンジの方が馴染み深かった故の疑問であろう。
 この場合の『レンジ』は、測定範囲、くらいの意味である。
 『10から15に変化』を表示するにあたり、『0から100のレンジ』と『0から20のレンジ』とでは、その見やすさが全然違う。
「改良点その、1」
 エルザが頷いた。
「あとは……測定範囲を可変にすることかな?」
「ん。改良点、2」
 探知範囲を10メートル、100メートル、1キロ、10キロなどと段階的に変えられると、測定に役立つというわけだ。
「あと、方向も決められると、いいかも」
「そうだな」
 360度、全周でなく、任意の方向の自由魔力素(エーテル)を測定できる機能。
「改良点、3」
 そして仁としては、
「できるだけ遠距離……宇宙規模の距離と、このアルスくらいの範囲、それに国、くらいに対応したものがあるといいな」
「わかる。それぞれ、精度を出すための大きさが、違うから」
「そうそう。そのとおり」
 『覗き見望遠鏡(ピーパー)』の前例があったので、エルザもすぐに理解した。
「さっそく、取りかかる。ジン兄、手伝ってくれる?」
「もちろんさ。でも、主導はエルザだぞ?」
「え?」
「だって、これを開発したのはエルザだからな。俺は助手を務めるよ」
 そう言って笑った仁を見てエルザは、
「……何か、変。照れくさい」
 と微笑んだのであった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20161010 修正
(誤)「まあ、こんなことろか」
(正)「まあ、こんなところか」
 orz

(誤)さらの64軽銀以外の素材も調べていく仁。
(正)さらに64軽銀以外の素材も調べていく仁。
 orz
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ