挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

35 オノゴロ島篇(続)

1314/1566

35-28 事態、変化

 仁は心配げなエルザに明るい声で告げる。
「エルザ、今の確認実験は、従来のやり方を延長してもエネルギー転送はできないと証明しただけだ。なら、俺は俺のやり方をすればいいだけさ」
「え?」
「やり方は幾つかある。エーテノールの入った瓶を転移させてもいいし、魔力貯蔵器(マナボンベ)を送ったっていい」
「確かに」
「今までは、そうしたやり方がスマートじゃないと変に拘っていたわけだ。だけど、これからは違う」
 進んでいる道が行き止まりだとはっきり分かったのなら、別の道を行くだけである、と仁は言う。
「それは、わかる」
「ということで考えてみよう。どうやったら効率がいいかなあ」
「私も、考える」
 なんとなく楽しげに見える仁に、エルザも一緒になって考えることにしたのであった。「今思いつくのは……まずはバケツリレーかなあ」
「?」
 その単語を聞いたエルザは頭に疑問符を浮かべる。
「バケツリレーっていうのは……」
 仁はエルザに説明する。
「火を消すため、などの目的で、数人がバケツに水を汲んで手渡しで送っていくんだよ。詳細は……俺もよく知らない」
 イメージで『バケツリレー』と言ってしまったが、仁もやったことはないのである。
 そもそも、今問題にしているのは、エネルギー転送の話である。
「つまり、『容器』に濃縮した自由魔力素(エーテル)を入れ、それを、例えばゴーレムを使って転移門(ワープゲート)で順次送り出す。受け入れ側でもゴーレムが受け取り、自由魔力素(エーテル)をタンクなどに移し替える……という流れさ」
「それが、さっきの『エーテノールや魔力貯蔵器(マナボンベ)を使ってもいい』という言葉の理由?」
「もちろん。そういう『順次送り込み方式』なら可能かな、と思ったんだ」
 エルザは頷いた。
「確かに、可能。それをどうやったら効率よくできるか検討すれば……」
 だがそんなエルザを仁は遮った。
「待て待て。まだ終わりじゃないんだ。もう1つあるんだよ」
「聞かせて」
「もちろんだ。もう1つは『転送機』を使う方法さ」
 『受け入れ側のいらない転移門(ワープゲート)』というコンセプトで開発された転送機。
 送り先の座標を決めるのに時間と労力が掛かるが、『マーカー』という目標があればその問題は解決する。
「それなら、できそう」
「だけど、やっぱり『自由魔力素(エーテル)』は送れないようなんだよな」
「物体に限る、ということ?」
「そうなんだ」
 転移門(ワープゲート)の派生技術であるから当然と言えば当然なのであるが。
「なら、どうして物体しか送れないか……は、やっぱり駄目?」
「ああ。結局転移門(ワープゲート)と同じだからな……」
「難しい」
 仁とエルザは2人して考え込んだのである。

「ね、ジン兄」
 何か思いついたらしいエルザが口を開いた。
「送りたいエネルギーって、自由魔力素(エーテル)、でいい?」
「まあそうなるな。自由魔力素(エーテル)が無理なら魔力素(マナ)ということになるが……」
 が、エルザは首を振った。
「ううん、そういう意味じゃなくて。自由魔力素(エーテル)の方が都合がいい、と思う」
「……うん」
 珍しく仁は、エルザの言いたいことがまだ見当が付かないでいた。
自由魔力素(エーテル)を自由に操る技術から進めていってみたらどう?」
「え……ああ、そうか」
「例えば、自由魔力素(エーテル)の塊を狙った場所に送り込む、とか」
 今のところ自由魔力素(エーテル)に関する技術としては、『自由魔力素凝縮器(エーテルコンデンサ)』や『魔力素除去器(エーテルエリミネイタ)』などがある。
「そうしたら、自由魔力素(エーテル)を送り出す方法を思いつく、かも」
 『順次送り込み方式』なら擬似的にできるが、そちらからのアプローチでは行き詰まりを感じていたのも事実。
「そうだな、やってみるか」
「ん」
 自由魔力素(エーテル)を扱うには『精神触媒』が必要になる。
 人体に使えるような高品質の物はもうほとんど残っていないが、地底の『巨大百足(ギガントピーダー)牧場』で発見されたものがかなりの量手元にあった。

*   *   *

「少し落ちついたところで、今回の事件について、陛下に報告しないとな……」
御主人様(マイロード)、『デウス・エクス・マキナ』を用いて、簡単に報告させましょうか?』
「そうだな……そうしてもらおうか」
 仁と共にマキナが解決に動いたという線で、女皇帝に報告をすることに決める。
 マキナは老君が動かし、ショウロ皇国へと送り込むことになった。

 一方で、シオンとマリッカをそうそうほったらかしにはできない。
 方針が決まったところで、仁は礼子を連れカイナ村へと移動した。エルザは蓬莱島でもう少し検討するという。
 シオンは二堂城の図書室で本を読みあさっているところだった。
「あ、ジン、何か久しぶりね」
「久しぶりって……まあいいか」
 シオンに久しぶりと言われてしまった。最後に会ったのが10月30日、今は11月2日なので2日ぶりである。
「で、オノゴロ島のほうはどう?」
「うーん、芳しくないな」
 仁は、3機の円盤と『コンロン2』が追いかけっこをしていると説明した。
「……ジンも悠長なことやってるのね……」
 少し呆れ気味のシオンである。
「そうは言ってもな、相手の出方が問題だし、それでこの星に何かあったら大変だしな」
「うーん、それもそうね」
 『オノゴロ島』の向こうにいるかもしれない存在との戦争になれば、このアルスがどうなるかわかったものではない、と仁は思っている。
 だからこそ、情報収集と防衛力の向上を急いでいるのだ。
「あたしにも何か手伝えるといいんだけど」
 シオンはそう言って俯いた。

*   *   *

《うむう、あの飛行船はただ逃げているだけのようだな》
《御意。遊んでいるのでしょうか?》
《いや、こちらが向こうの情報を知ろうとしているように、向こうもこちらの情報を探ろうとしているのかもしれぬ》
《では、どういたしますか?》
《ふん、どうせあの3機は所詮『玩具』だ。破壊されようと捕獲されようと困らぬ》
《ではありましょうが、やはり……》
《不満か?》
《はい》
《ふふふ、人間のようなことを言うではないか》
《私は……》
《まあよい。好きにせよ。……もう飽きた》
《では、私に任せていただけますので?》
《そう言った》
《ありがとうございます》

*   *   *

御主人様(マイロード)、事態が動きました』
 二堂城の図書室にいた仁の下に、老君から連絡が入った。
「そうか!」
 図書室のある3階には非常用の転移門(ワープゲート)がある。
 仁は席を立った。
「あ、ジン、あたしも行っていい?」
 シオンが慌てて仁の背中に声を掛ける。
「うん、いいけどマリッカが心配しそうだな」
「あ、そっか……じゃ、じゃあ、マリッカに声を掛けてから行くわ!」
 『仁ファミリー』の一員となったシオンとマリッカには、転移門(ワープゲート)の場所を教えてあるし、『仲間の腕輪』も渡してあるので使用も問題ない。
 因みに、シオンの腕輪は銀と水色のマーブル模様、マリッカは銀と黄色のマーブル模様だ。蛇足ながら髪と瞳の色に合わせたのである。

「老君、何があった?」
 仁と礼子は蓬莱島司令室に駆け込んだ。
『はい、御主人様(マイロード)。3機が攻撃を加えてきました』
 いつもお読みいただきありがとうございます。

20161009 修正
(誤)シオンは二堂城の図書室手本を読みあさっているところだった。
(正)シオンは二堂城の図書室で本を読みあさっているところだった。
 orz
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ