挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

35 オノゴロ島篇(続)

1313/1567

35-27 行き止まりと別の道

「さて、と……」
 外は既に真っ暗、時刻はもう午後9時を回っていた。
「ああ、なんとなく疲れた……」
御主人様(マイロード)、あとはお任せください』
「ああ、老君、頼む」
 仁は背伸びを一つすると、エルザと共に『家』へ向かった。一風呂浴びて眠るつもりなのだ。
 腹に据えかねてはいるが、だからといって無闇矢鱈と攻撃するほど考えなしではない。

 仁が風呂から上がると、寝間着を持ったエルザが待っていた。
「ありがとう」
 エルザに差し出された寝間着を着る仁。
「ジン兄、今回は頭にきていると言いながら、ちょっとのんびりしている気がするのは、私の気のせい?」
 仁に寝間着を着せかけながらエルザが尋ねた。
「いや。今回は相手の出方がどうにも読めなくてさ。こっちを挑発してきているようにも思えるし」
「確かに」
「それで、奴らの思いどおりになるのはもっと癪だなって思ってさ」
「ん、わかる」
「いっそ、奴らがしびれを切らすようにしてやろうかと思って」
「面白い」
 仁の言葉にエルザは忍び笑いを漏らした。

*   *   *

 11月2日。
 『コンロン2』と3機の円盤は、赤道上を周回し続けていた。
御主人様(マイロード)、円盤についてかなりのことがわかってきました』
 老君からの報告が入る。
「うん、聞かせてくれ」
 朝食を食べながら仁が答えた。
『はい。機体の材質はおそらく64軽銀です。浮いているのは、ご想像通り風属性魔法を使い、下から吹き上げています。推進も風属性魔法です』
「やっぱりな」
 漬け物を齧りながら仁は独りごちた。老君は報告を続ける。
自由魔力素(エーテル)が少ない地域では、やはりエネルギーが転送されてくるようです』
「そうか」
 それも想像どおりである。
 お茶を飲みながら、仁はその方法を考えていた。
『今のところはそこまでです。エネルギー転送の方法については今のところ、まだ不鮮明です』
「わかった。ありがとう、十分だ。そのまま続けてくれ」
『はい』
「……さて」
 仁は、昨日確保した『魔導無効化結界発生機』について考えていた。
「お父さま、何か気になることでも?」
「ああ、そうなんだ。原理としては、想像していたように『魔力素除去器(エーテルエリミネイタ)』と『魔法無効器(マジックキャンセラー)』、『エーテルジャマー』を併せたものなんだが、組み合わさって別の効果も発生してる気がするんだよな」
「何か根拠でも?」
「うん。……ほら、『魔力貯蔵庫(マナタンク)』方式のゴーレムが、魔力素(マナ)の再充填をしなくても再起動したろう?」 
 その指摘で、礼子にも仁が言わんとすることがわかったようだ。
「これは完全に想像だが、魔力素(マナ)自由魔力素(エーテル)を奪うんじゃなく、エネルギーに変換できないようにしているんじゃないかな?」
 その仮説なら今回の現象を説明できる。
「『魔素暴走エーテル・スタンピード』の逆か……」
 『魔素凍結エーテル・フリージング』とでもいうべき現象。
 また1つ、明らかにするべき問題が増えた、と仁は思った。

「まずは一つ一つ、だ」
 仁は、エネルギー転送について、考えていたことを検証してみようと立ち上がった。
「悪い、エルザ、工房に行ってる」
「ん、じゃあ、片付けてから行く」
 後片付けをしてくれているエルザに一声かけ、仁は礼子と共に研究所内の工房へ向かった。

 工房で実験の準備をしていると、エルザがやって来た。
「間に合った?」
「ああ、ちょうど始めるところだ」
 工房には、2基の小型転移門(ワープゲート)が置かれていた。電子レンジくらいの大きさである。
「まず考え方を説明しよう」
「ん、お願い」
 こうして誰かに説明することは考えをまとめることになり、あやふやな点を洗い出すこともできるのだ。
転移門(ワープゲート)は、離れた2点間をトンネルで繋ぐものだと俺は考えている」
「ん」
「その動作は連続的じゃない。送り出し側に対象が入ると作動し、受け入れ側に現れる」
 そうでないと、例えば差し込んだ腕だけが転送される、という事故が起きる可能性がある。が、この種の事故は起きたことはない。
「これは、対象を自動的に認識しているということなのか、それとも……」
「『トンネル』とはそういうもの、だから?」
「俺はそう思ってる」
 『トンネル』である以上、通過する物は基本的に『一続き』である。
「複数、ということはあっても、半分だけ、ということはありえない」
「確かに」
「仮説として、転移門(ワープゲート)の送り出し側と受け入れ側には、『空間の勾配』があるんだと思う」
「……つまり……例えるなら、高い所と低い所を繋いでいる、ということ?」
「そういうことだな。そういう意味では、横穴というより縦穴かも」
 この例えはわかりやすかったようで、エルザも納得した顔をしている。
 転移門(ワープゲート)の効果範囲に、半分以上物体が入れば、『重さ』でそのまま引きずり込まれるようにして転移するだろう、と補足する仁。
「もちろん、受け入れ側から飛び出したりするわけじゃないから、あくまでもイメージでな」
「ん、わかってる」
「で、ここからがポイントだ。……物体というか固体は今言ったとおりだが、液体は? 気体は?」
 仁の考えでは、液体・気体とも、分子単位で転移されるだろう、ということ。
「で、実験だ」
 用意した小型転移門(ワープゲート)を起動し、生木を燃やして発生した『煙』を送り出し側に吹き込んでみた。
 目に見えない気体の挙動を、煙を使って可視化するのだ。
「送られてこないな」
「ん」
 つまり気体は転移の対象外ということだ。
「だけど、ここに物体を加えたら?」
 煙が充満した転移門(ワープゲート)内に、丸めた紙を投げ込んでみる仁。
 すると、その紙は受け入れ側の転移門(ワープゲート)に転移する。
 周囲の煙も一緒に。ただし、送り出し側にも煙は残っている。
「やっぱりな」
 仁の予想どおりであった。
「おそらく、気体でなく液体でも似たようなことになるだろう。濡れた物体を転移させれば、濡れたまま転移するだろう。つまり、転移門(ワープゲート)は、基本的に物質ではなく物体を転移させるんだ」
 元になったのは、先代の記録によれば、旧レナード王国の首都、カルナグで見つけた魔法陣。
 それを作ったのはおそらく『始祖(オリジン)』。 
 部分的に『ブラックボックス』化している魔導式(マギフォーミュラ)魔法制御の流れ(マギシークエンス)だが、一部の『始祖(オリジン)』なら説明できるかもしれない。
「今の俺には、まだ解析できない部分があることは認める」
 その上で、この転移門(ワープゲート)の性質が、物体とその周囲僅かにのみ影響を及ぼすことだけは確認出来た。
「『始祖(オリジン)』なら、エネルギーを転送する技術を持っていてもおかしくない。その直系がオノゴロ島なら、彼等だって持っているんだろうな」
「ジン兄……」
 エルザは、少し弱気な仁の言葉に、辛そうな顔をした。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20161007 修正
(誤)『魔力素除去器(エーテルエリミネイタ)』と『|魔法無効器《マジックキャンセラー』
(正)『魔力素除去器(エーテルエリミネイタ)』と『魔法無効器(マジックキャンセラー)

(誤)外は素手に真っ暗、時刻はもう午後9時を回っていた。
(正)外は既に真っ暗、時刻はもう午後9時を回っていた。

(誤)こっちを徴発してきているようにも思えるし」
(正)こっちを挑発してきているようにも思えるし」

(誤)『今のところはそこまでです、
(正)『今のところはそこまでです。

(誤)『自由魔力素(エーテル)が少ない地域では、はやはりエネルギーが転送されてくるようです』
(正)『自由魔力素(エーテル)が少ない地域では、やはりエネルギーが転送されてくるようです』

(旧)物体は今言ったとおりだが、液体は? 気体は?」
(新)物体というか固体は今言ったとおりだが、液体は? 気体は?」

(旧)生木を・・・『煙』を送り出し側に吹き込んでみた。
(新)生木を・・・『煙』を送り出し側に吹き込んでみた。
  目に見えない気体の挙動を、煙を使って可視化するのだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ