挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

35 オノゴロ島篇(続)

1312/1473

35-26 根比べ

「陛下! 魔法が……戻りました!!」
 ショウロ皇国首都ロイザートにある宮城(きゅうじょう)、その最上階でトスモ湖方面を見つめていた女皇帝の耳に、待ちに待った言葉が聞こえた。
「本当に? 間違いではないわね?」
「は……はい! 停止していたゴーレムも再起動致しました!」
 息を切らして階段を駆け上ってきたのはショウロ皇国魔法技術相、デガウズ・フルト・フォン・マニシュラスだった。
 女皇帝よりも若い45歳のくせに、普段はデスクワークと研究ばかりなので、身体を動かすことが苦手なのだ。
(ジン君……ありがとう)
 女皇帝は心の中で仁に礼を言うと、混乱の収拾のため、急ぎ階段を駆け下りていったのである。

*   *   *

「あなたあなた、ネオンが動き出しましたわ!」
「うん、こっちも魔導ランプが点いた」
 ラインハルトの領地、カルツ村でも、異変は終了していた。
「ジン様……ですわね」
「そうだろうな。溜まってる仕事を終えたら行ってみよう」
「そうですわね」

*   *   *

「ああ、アアル! よかった……!」
「サキ様、私は停止していたのですか?」
「うん、そうだよ。でもジンのおかげで再起動したんだ」
自由魔力素(エーテル)が……不活性化していた、ということなのでしょうか?」
「うーん、それはボクにもまだわからないな。後で聞いてみよう」

*   *   *

「おお、魔法が使えるようになった!」
「ランプも点いたぜ!」
「助かった……」

 今回の事件に遭った人々は、自分たちがいかに魔法に依存していたかを自覚したという。

*   *   *

《ふうむ……あれを処理したか》
《侮れませんね》
《まったくだ。底が見えないというか……》
《しかも、あのような飛行手段を持っている》
《飛行船だな。熱気球があるのだから、さほど不思議ではないが》
《どういたしますか?》
《あの3機をどう処理するか、見せてもらおう》
《わかりました》

*   *   *

「まだ付いてくるな」
 現在『コンロン2』は南緯60度を超えたところ。空間の自由魔力素(エーテル)濃度は、赤道付近の4分の1になっており、『コンロン2』は既に魔力貯蔵器(マナボンベ)を併用していた。
「あの3機はどうなんだろう?」
御主人様(マイロード)、飛行がやや不安定になってきています。魔力貯蔵器(マナボンベ)に相当するものを持っていないか、まだ使ってはいないかはわかりませんが、『コンロン2』ほどの対応力はなさそうです』
「そうか」
 今回に関しては朗報ともいえるのだろうが、まだまだ相手の実力は把握しきれない。
「おそらくあれも遠隔操縦だろうしな」
『間違いないでしょうね。動きが無機的です。生命体が操縦しているとは思えません』
「なるほどな」
 ゴーレムと人間の動作に違いがあるように、こうした乗り物の操縦にもそういった差が出てくるといえる。
「だがしつこいな。まだ付いてくるのか……『力場発生器フォースジェネレーター』推進も併用して、少し速度を上げてみよう」
『わかりました』
 時速100キロを120キロに上げてみると、3機はそれでも追従してくるではないか。
「よし、150キロだ」
 それでもまだ、食い付いてくる3機。
魔力貯蔵器(マナボンベ)に相当する予備エネルギーを使い始めたようですね』
 飛行を観察していた老君が判断した。
「そのまま様子見かな」
 『コンロン2』は、アルスを2周できる程度の魔力貯蔵器(マナボンベ)を用意してあるが、追ってくる3機はどうなのか。仁は試してやろうと思っていた。
「ジン兄、攻撃はしないつもり?」
「ああ。今の段階ではな」
『エルザ様、御主人様(マイロード)は、奴らがこちらを侮ってくれた方がいいと思っているのですよ』
 仁は頷いて、追加の説明をする。
「そうなのさ。こっちが攻撃力を持たないか、あるいはそれをしない弱腰だと思わせておいて、奴らの隙を突きたいんだ」
「どうやるの?」
「まず1機でもいいから捕まえて、操っている相手を特定する。その回線を利用して、相手との対話を試みようと思うんだ」
 全面戦争になったら、他の国々にとばっちりが行くだろうから、慎重にやりたいと仁は説明した。
「……確かに」
 仁としても、蓬莱島とカイナ村くらいなら十分防衛できるが、それ以外の地域を全てカバーするわけにはいかない。
「やるなら一撃で叩き潰さないとな。……やるかどうかは別にして」
「ん、わかった」
「それにしても、本当にしつこいな……」
 南緯70度を超え、空間の自由魔力素(エーテル)濃度は、赤道付近の5分の1以下になっていた。
「もしかして、エネルギー転送をしている可能性は?」
 不意にエルザが発したその言葉に、仁もはっとさせられた。
「そうか……その手があったな」
 だとすると、こちらが不利である。まだ仁は、納得のいく性能の自由魔力素(エーテル)転送装置を開発できていないのだから。
「どうするか……」
 別の手を打つため、考え込む仁。
「よし、根比べだ」
 そして決まる方針。
「そうと決まったら、魔力貯蔵器(マナボンベ)を無駄遣いするのはよそう。赤道上を周回させるんだ」
『わかりました。そう指示を出します』
「そして」
 ここからが真の計画だった。
「老君、『覗き見望遠鏡(ピーパー)』を使って、あの円盤の構造をできる限り調べてくれ」
『わかりました』
 こればかりは人間の反応速度では不可能なので、老君に一任する仁。
「その間は、こっちは別のことができるな」
 向こうがしびれを切らすのはいつか。それだけが不明である。
「向こうが魔導頭脳なら、こっちも自動人形(オートマタ)と魔導頭脳だからな」
 仁は少し不敵な笑顔を浮かべた。
「ジン兄、悪い顔してる」
 エルザに言われたほどである。
「かもな。少々奴らのやり口には頭にきてるからな」
「ん、実は、私も」
 それには同意のエルザであった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20170117 修正
(旧)だとすると、こちらが不利である。
(新)だとすると、こちらが不利である。まだ仁は、納得のいく性能の自由魔力素(エーテル)転送装置を開発できていないのだから。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ