挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

35 オノゴロ島篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1295/1683

35-19 歓迎会と望遠鏡

 丸1日掛けて蓬莱島の案内を終えた仁。
「……な、なんだか色々常識が破壊された気がするわ……」
「す、凄いです、ジンしゃま」
 シオンは疲れた顔をし、マリッカはぐったりしながらも目を輝かせていた。
「とにかく、君たちには『仁ファミリー』に入って欲しい。どうかな?」
「もちろんよ!」
「こ、光栄でしゅ」
 2人とも快諾してくれた。
「そうか。ありがとう。これからもよろしくな」
「こちらこそよ、ジン」
「よ、よろしく、お、おねがいします……」
 マリッカは緊張しっぱなしだが、人間に当てはめると10歳前後という年齢上、致し方ないだろう。

*   *   *

《連絡が途絶えたか》
《はい。あの『意志を持つ操り人形(ライブパペット)』は所詮使い捨て。やり過ぎて破壊されたのでしょう》
《情報を漏らすことはなかろうな?》
《もちろんです。こちらの情報は何も持っておりません。また、構造も旧型ですので、仮に解析されても痛くも痒くもありません》
《ならばよし。他に手は打っているのか?》
《もちろんです。同じ手は使いません。もう1つはもっと慎重に情報を集めさせています》
《それで?》
《はい。『コンロンクン』とかいう技師が、あの世界では持て囃されておるようです》
《『コンロンクン』?》
《そうです。『熱気球』を作り、どこの国にも属さず、『コンロントウ』とかいう島を根城にしているとか》
《他には?》
《各国の王族に取り入り、その発言力は大きいようです》
《『熱気球』以外の技術はどうなのだ?》
《『飛行船』を持ち、無敵の意志を持つ操り人形(ライブパペット)……いえ、奴らは自動人形(オートマタ)と呼んでいますが……を持っているとか》
《潰す必要があると思うか?》
《いえ、野心はないようですので》
《ならば、もう少し調べ、必要があれば接触してみよ》
《わかりました》

*   *   *

「し、『森羅』氏族のシオンです。よろしくお願いします」
「お、同じくマリッカです。よろしくお願いします!」
 蓬莱島では、シオンとマリッカが『仁ファミリー』に加わったということで、急遽全員が集められ、歓迎会が開かれていた。
「歓迎するよ。これからよろしく。ジンの力になってやってくれ」
「あ、ありがとう!」
 ラインハルトも忙しい中駆けつけ、挨拶とお祝いの言葉を掛け、また帰っていった。
 その代わりと言っては何だが、ベルチェは残って、特にマリッカの世話を焼いている。
「ほら、マリッカちゃん、これ食べてごらんなさい」
「は、はい。……あ、美味しいです」
「うふふ、ゆっくりお食べなさいね」
 末娘であるベルチェは、妹ができたみたいでこの出会いを楽しんでいた。
「ほーら、ユリちゃん、ばーばですよー」
「だあ」
「マーサさん、私にも抱っこさせて下さい……」
「ああ、本当に赤ちゃんっていいわねえ」
 一方、2人の娘、ユリアーナは、マーサとミーネ、それにミロウィーナに可愛がられていた。
 人見知りしないユリアーナは女性陣から大人気である。

「……しかし魔族の子といっても、あたしたちと全然変わらないんだね」
 マルシアは少し離れてシオンを見つめ、正直な感想を呟いていた。
「ああ。『魔導大戦』は悪意ある『デキソコナイ』が両民族を煽って起こした戦争だったからな」
「不幸な出来事だったというわけだね」
 ロドリゴも横でしみじみと呟いた。
「ええ。だから、両民族の橋渡しをいずれできれば、と思ってますよ。それを我々ができたら、と」
「うんうん、ジンらしいね。その時はあたしも精一杯協力するよ!」
 マルシアが明るい声で宣言した。
「ありがとう」

「……しかし、『オノゴロ島』の連中は何をしてくるかわからないね」
 ルイス・ウルツ・クズマ伯爵が忌々しげに言う。
「もうすぐ大型の『覗き見望遠鏡(ピーパー)』が完成するから、そうしたら『オノゴロ島』を調べてやるさ」
 仁が言うと、ステアリーナが反応した。
「ちょっと聞いたけど、透視できるんですって?」
「透視というか、壁の向こうを見ることができるんだ。プライバシーもへったくれもないから、普段は封印しておこうと思うけど、今回は特別さ」
 敵を知り、己を知れば百戦危うからず、と仁が言う。
「相手の情報が少なすぎる。逆に奴らは、こっちの情報を得ているだろうしな」
 魔法工学師マギクラフト・マイスタージン・ニドー、もしくは『崑崙君』に関しては知られてしまうのは致し方ない。
「その場合でも、拠点は『崑崙島』だと思われているはずだ。そこに付け入る隙がある」
「なるほど。確かにそうだね」
 崑崙島にはいろいろなダミー施設があるので、うまく騙されてくれるだろう。
「で、その『覗き見望遠鏡(ピーパー)』はいつ頃完成するの?」
「もうすぐさ。大変なのは、蓬莱島の地下100メートルの岩盤に直径10メートルの本体をセットしているから作業性が悪いんだ」
 仁は、できる限り精度を上げるため、本体を大きくし、なおかつ歪みを無くしたかったと説明する。
「基盤部分はハイパーアダマンタイト。本体はマギ・アダマンタイトと64軽銀、それにマギ・インバーの複合材だ」
 仁は、温度変化による変形や歪みをできるだけ減らすため、温度変化の少ない地下にセットしている、とも説明した。

御主人様(マイロード)、設置完了しました。テストに入ります』
 そう言っているうちに設置が完了した。大食堂の壁に設けられた魔導投影窓(マジックスクリーン)が点灯する。
「おお、あれは!?」
『ラインハルトさんの『蔦の館(ランケンハオス)』です。ラインハルトさんには魔素通信機(マナカム)で連絡してあり、ご協力いただいております』
 その言葉どおり、ラインハルトの声も響いてきた。
『ジン、ベルチェ、聞こえているかい? 新しい魔導具のテストに立ち会えないのは残念だが、協力できたからまあよしとしよう』
 手を振るラインハルト。蓬莱島と『蔦の館(ランケンハオス)』は経度で約80度離れているので、直線距離にすると1600キロくらいになる。
「よし、ぶれもほとんどないな。成功だ!」
「あなた、よく見えていますわ。ジン様の技術は素晴らしいですわ!」
『そうか、それはよかった』
 ラインハルトは声のみが聞こえているはずだが、愛妻ベルチェから報告を受けられて満足したようだ。

『それではこのまま『オノゴロ島』の調査を開始しようと思います』
「よし、いけ」
 魔導投影窓(マジックスクリーン)は一旦真っ暗になり、次いで青い海を映しだした。
『『オノゴロ島』はここ蓬莱島の真裏にありますので、現在午前6時となります』
 映像は上から見下ろすようになっており、
『『覗き見望遠鏡(ピーパー)』の向きは自由に変えられます』
 と老君から説明が入る。
 任意の場所に『仮想のカメラ』を構成できる利点として、カメラの向きは自由に変えられるのだ。
 今は上から見下ろすように設定されている。

 そして大海原の中にぽつんと島が見えてきた。
 周囲を三日月型の岩礁で囲まれた孤島、『オノゴロ島』だ。
 いよいよ、その秘密のベールを剥がすときが来た。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160919 修正
(旧)「よ、よろしくおねがいしまふ」
 マリッカは噛みっぱなしだが、人間に当てはめると10歳前後という年齢上、致し方ないだろう。
(新)よ、よろしく、お、おねがいします……」
 マリッカは緊張しっぱなしだが、人間に当てはめると10歳前後という年齢上、致し方ないだろう。

(旧) そして大海原の中にぽつんと島が見えてきた。
(新) 任意の場所に『仮想のカメラ』を構成できる利点として、カメラの向きは自由に変えられるのだ。
    今は上から見下ろすように設定されている。

    そして大海原の中にぽつんと島が見えてきた。

(誤)「歓迎するよ。これからよろしく。仁の力になってやってくれ」
(正)「歓迎するよ。これからよろしく。ジンの力になってやってくれ」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ