挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

35 オノゴロ島篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1293/1682

35-17 おこわ

「これが制御核(コントロールコア)のコピーか。礼子、ありがとう」
 仁は、早速解析することにした。
「老君、頼むぞ」
『はい、御主人様(マイロード)。お任せください』
 老君はさっそくその制御核(コントロールコア)に蓄えられている情報の解析に取りかかった。
 が。
御主人様(マイロード)、終わりました』
「え? 早いな」
『はい。ほとんど得るものはありませんでしたから』
「何?」
『この制御核(コントロールコア)には、『ヘレンテ』や『オノゴロ島』などの情報は一切記録されておりません』
「何だって……」
 脱力する仁。
 老君の説明によると、そうした情報は一切なく、ただ国々の文化や技術力・戦力などを調べることが目的だろうという。
『最低限の自律性はありますが、行動については操作者が命令を出していたようです』
 『分身人形(ドッペル)』に近い、遠隔操縦型らしい。
「ううむ……」
 万一こうして捕らえられても、黒幕の情報は分からないというシステム。
「なかなか慎重だな」
『はい。そして、向こうはこの自動人形(オートマタ)が停止したこと、あるいは情報を送ってこなくなったことを勘付いております』
「だろうな」
 次にどんな手を打ってくるか、それはわからない。
第5列(クインタ)による警戒を強めてくれ」
『はい。『ウォッチャー』も監視を続けます』
「頼む」

 情報については期待外れであった。
 仁は再度分身人形(ドッペル)の制御をすることにしたのであった。

*   *   *

 シオンとマリッカは、カイナ村での生活を楽しんでいた。
 麦類の収穫は終わっていたので、ちょうど農閑期に入ったこともあって、ハンナをはじめとする子供たちと木の実集めを楽しんでいた。
 もちろん、ゴンが引率に付いているので危険はほとんどない。
 それに、仁が作った『ゴーレム猫』も村の周囲で目を光らせている。

「これがケメリアの実で、こっちがマルオンよ」
「ふうん、面白い実ね」
 お転婆ジェシーが2人に説明している。
「ケメリアは油を採るの。マルオンは食べるの。美味しいのよ」
「楽しみね」
 ラリオ村出身の少女、リタとルルナも参加している。
 一番の目的はマルオンの実。
 昨夜風が吹いたのでマルオンの実が落ちただろうと判断し、大勢でやって来たのだ。
「ほら、あった」
 ハンナが指を差す。
「え、ええ!?」
 シオンが慌てた声を出した。それもそのはず、鋭い棘が生えたそれは、とても食べられるように見えなかったのだ。
 それ以前に手で掴めるとも思えない。
「だから、これ」
 ハンナは、ゴンが背負った籠に入れられている『火ばさみ』という道具を取り出した。

 『火ばさみ』。火鋏とも書いて、焚き火の時に消し炭や小さな薪を摘む道具である。
 ゴミ拾いにも使うところから『ゴミばさみ』と言ったり、『金ばさみ』と言う場合もある。

 それを用いてハンナはマルオンの『いが』を拾った。
 マルオンは言わば『栗』であり、毬の中に入っている。熟すと毬が開いて中のマルオン(=栗)が落ちるのだが、強風の後などは毬ごと落ちることが多く、そういう実の方が虫食いが少なくていいのだ。
「中身はゴンが剥いてくれるからね」
 ゴーレムであるゴンなら、栗の毬を指に刺すことはない。
「中身だけの方はそれぞれの袋に入れてね」
 こちらは虫が付いていることがあるので、持ち帰ったらすぐに茹でてしまうことになっているのだ。

いがはゴンのところへ持って行ってね」
「わかったわ」
 魔族領には山の幸もなくはないが、乏しかったため、こうした楽しい行事としてシオンは参加したことがなかった。
「ありましたー」
 それはマリッカも同じで、2人はこの日を楽しく過ごしたのである。

 そして。
「よーし、みんな。マルオン(栗)ご飯を炊いてやるからな」
 ここは二堂城前広場。
 大量に採れたマルオンを使って、仁は『栗おこわ』を作ろうとしていた。
 もち米とうるち米を適度に混ぜる。仁の場合はもち米7にうるち米3。
 栗は渋皮まで綺麗に剥いたものを使う。これはゴーレムメイドがやってくれたが、
「先の部分にちょっと包丁を入れてからさっと茹でて、竈でちょっとあぶってやると剥きやすくなるんだよ」
 と、マーサも独自のコツを披露してくれた。

 適量の塩と煮酒一さじを入れ、栗を米の上に載せて炊けば『栗おこわ』の出来上がりだ。
「さあ、できたぞ」
「わーい!」
 仁は、カイナ村の子供たち全員に『栗おこわ』を振る舞っていた。
「ねえジン、参加しなかった子供たちにも食べさせてあげていいの?」
 シオンは不思議そうだ。
「嫌か?」
 シオンは首を振った。
「ううん、逆よ。むしろ嬉しい。でも、普通は採ってきた人たちだけで食べるんじゃないの?」
 自分が聞いた人間の町ではそうだ、と言う。
「ああ、そういう町や村もあるだろうな。いや、多いかもしれない。でも、このカイナ村ではこれが当たり前なんだ」
「そうなの?」
「そうさ。みんな、自分ができることをやって、村に貢献している。収穫はみんなで分け合い、苦労はみんなで乗り越える」
「ふうん。……あたしたちと似てるわね」
 人口の少ない魔族も同じような連帯感がある。シオンは改めてカイナ村に親近感を覚えた。
「ジン兄、お吸い物できた。味見して」
「お、ありがとう」
 おこわといえば吸い物、と仁は思っている。
 今回の吸い物はマツタケもどき。カイナ村でたまに採れる、香りのいいキノコである。
 醤油と昆布、それに鰹節で出汁を取り、隠し味に煮酒をちょっぴり。

「うん、いい味だ」
 おこわにも薄く塩味が付いているので薄味だ。同時に、マツタケもどきの香りを損なっていない。
「よーし、みんな、食べよう」
「はーい!」
「おなかすいたー」
「あ、いい匂い」
 風避けの結界があるので風は感じず、『光の玉(ライトボール)』のおかげで十分明るい。

「おいしいわ、ジン」
「ジン様、おいひいれふ」
「はは、それはよかった。だけどマリッカ、食べながら喋っちゃ駄目だろう」
 秋たけなわのカイナ村。暗くなった東の空にはユニーがいつもと変わらない姿を見せていた。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160917 修正
(旧)老君の説明によると、そうした情報は一切なく、ただ国々の文化や技術力・戦力などを調べて送ること、が主命令だという。
(新)老君の説明によると、そうした情報は一切なく、ただ国々の文化や技術力・戦力などを調べることが目的だろうという。

(旧)『必要に応じて、操作者が命令を出していたようです』
(新)『最低限の自律性はありますが、行動については操作者が命令を出していたようです』

(旧)『分身人形(ドッペル)』のような、完全遠隔操縦型らしい。
(新)『分身人形(ドッペル)』に近い、遠隔操縦型らしい。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ