挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

35 オノゴロ島篇

1281/1568

35-05 発見

 翌日は朝から実験実験また実験。
 その結果、面白いことがわかった。
「小型化……いや、超小型化は転移魔法陣の方が有利なんだな」
 一般的な転移門(ワープゲート)は、あまり小さくすると、転移可能距離が短くなってしまうのだ。
 具体的には、身長5ミリの『ミリ職人(スミス)』が利用するような大きさ……1センチ角では、せいぜい500メートルが限界であった。
 一方、転移魔法陣は、直径1ミリになっても、転移距離に目立った減少はなかったのである。

「これはそれぞれの特性によるのかもな」
 転移魔法陣はいうなればインパルス的な動作をするのに対し、転移門(ワープゲート)はフラットな動作である。
 それがまた、自由魔力素(エーテル)の消費量の差に繋がっているのだろう。

「サキ、色々助かった」
 実験結果をまとめながら仁が礼を言った。
「くふ、いいさ。ボクも楽しかったしね」
「あたしも勉強になったー」
 ハンナもなぜかニコニコ顔である。そして質問も飛び出す。
「ねえおにーちゃん、魔導具って、熱を出さないの?」
「え……」
 この質問は、魔導具が動作した際、効率の関係で利用しきれないエネルギーが熱になってしまうことはないのか、という意味であろう、と仁は判断した。
「そういう疑問が出てくるくらい、ハンナは勉強しているんだなあ。……そうだよ、魔導具は熱を出さないよ」

 魔導具が利用しているエネルギーは魔力素(マナ)である。
 利用しきれない魔力素(マナ)は周辺の空間に放出されてしまうので、熱は発生しない。
 多かれ少なかれ、魔導具はこうした利用し切れていない魔力素(マナ)を周辺に放出する。
 魔導士はそれをなんとなく感じ取れるし、魔力探知機(マギレーダー)でも感知できるわけだ。

「ふうん、そうなんだ」
 ハンナは納得したようである。
「お城の図書室には、あんまり魔法の本がないから知らなかった」
「ああ、そうか」
 カイナ村には魔導士がいないので、魔法や魔法工学に関する本はほとんど置いていなかったのだ。
「でも、勉強しておくことは悪くないよな。わかった、今度増やしておこう」
「わーい、ありがとう!」
 喜ぶハンナの顔を見て、仁も嬉しくなった。

 その時、老君からの報告が入る。
御主人様(マイロード)、『アドリアナ』から連絡がありました。ミスリル鉱床を発見したとのことです』
 朗報だった。
「ジン、よかったね!」
「これで資材不足も解消だな」
 だが、老君からの報告はそれのみに留まらなかった。
『早速採掘させておりますが、『モデヌ』は資源の宝庫です。軽銀、アダマンタイトも豊富です。ですので、出来る限りの採掘をしておくことをお勧めします』
「よし、わかった。『モグラ』全機……いや、この際だ、あと10機増産して送り込め」
『わかりました。ざっと計算してもその方が効率がいいでしょう』
 これにより、蓬莱島の金属・鉱物系資材の備蓄は元に戻るどころか、100年分以上『増える』ことになるのである。

「これで心置きなく『護衛艦』の建造ができるな」
 資材が減るどころか増えることになりそうなので、仁は予定していた100メートル級宇宙船の建造を開始することにした。

 基本は『アドリアナ』と同じだが、居住区などの人間用設備は減らす方向だ。
 搭載する宇宙船も、直径10メートルの『偵察用宇宙船』ではなく、もっと小さいものをと考えている。
「艤装はおいおい、だな」
 直径100メートルともなると、艦殻の建造にも時間が掛かるのだ。
 まして、多重構造であるから、尚更である。
 とはいえ、蓬莱島であるから、『大変』といっても、そのレベルは一般に言われているものとは同じではないのだが。

*   *   *

 再度、望遠装置・自由魔力素(エーテル)転送の検討に戻る仁たち。
「だけど、なかなか難しいな」
「ほんとだね」
「ジンでもそう簡単にはできないのか……」
「うーん、本当に難しいんだ」
 どちらも、現代地球の科学でも実現できないためか、仁も考え倦ねていた。
「ぼちぼちやっていこうかな」
 そろそろハンナも送っていく時間なので、仁は切り上げることにした。

「おにーちゃん、あたしも考えておくね」
「ああ、頼むよ」
 カイナ村の工房地下にある転移門(ワープゲート)からハンナを送っていった際、別れ際にそう言われた仁は笑顔で頷いたのである。

 カイナ村の青空を一瞥した仁は、再び蓬莱島へと戻ったのである。

*   *   *

「ジン兄、おかえりなさい」
 エルザが仁を出迎えた。
「さっき、『アドリアナ』経由で、ミスリル銀の第一便が、届いたところ」
「おお」
 現地でおおまかな精錬までしているので、鉱石ではなくインゴットが送られてきている。
 その量、およそ200キログラム、文字どおり白銀色に輝くインゴット。
 比重が約10.5なので、体積としたら30センチ角弱の立方体程度しかないが。
御主人様(マイロード)、このあと暫くは、この大きさのインゴットが2時間に1つ送られてくるそうです』
「それはすごいな」
 その調子であれば、半日も経たずに元の在庫量を上回ることになるだろう。
『報告によれば、再度の確認を行っても『モデヌ』の資源は、間違いなく非常に豊富だそうです』
「よし、できる限りの採掘を行う、それは継続だ」
『わかりました』

 そこへ、ミロウィーナがやって来た。
「ジン君、そろそろ私、ユニーに帰るわ」
「あ、もうですか?」
「ええ。少しずつこちらの環境に慣らしてはいるけど、やっぱり重力が少しきついわね」
 ミロウィーナは、高齢のため弱っていたので、ユニーの管理頭脳である『ジャック』が、やや低めに重力を調整し、身体への負担を軽減していたのである。
 仁とエルザのおかげで健康になった今、少しずつ1Gに身体を慣らしつつあるのだ。
「そうですね、無理はいけませんものね」
「ええ、また近いうちにお邪魔するわ」
 ミロウィーナは転移門(ワープゲート)をくぐり、ユニーの家へと帰っていったのである。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160905 修正
(誤)勉強いておくことは悪くないよな。
(正)勉強しておくことは悪くないよな。

(誤)どちらも、現代地球の科学でも実現できたいないためか
(正)どちらも、現代地球の科学でも実現できないためか

(旧)わかった、こんど増やしておこう」
(新)わかった、今度増やしておこう」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ