挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

34 破片対策篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1276/1679

34-21 閑話68 その後……

「いやあ、聞かされていなかったら、世界の終わりかと思ったよ」
「でも綺麗だったな。怖ろしくもあったけど」
「まったくだなあ。たまに星が落ちるのを見ることはあったけど、あんなのは初めてだぜ」
「うちの亭主はさ、上向いてうろついていて土手から転がり落ちたのよ」
「あはは、うちの息子は転んで頭ぶつけたけどね」
 民間レベルでは概ね平穏無事に乗り切ることが出来ていた。

「あれ程とは思わなかった」
 セルロア王国では、首脳陣が集まり、反省会のような会議を開いていた。
「事前に通達、周知徹底したので、混乱はなかったようだな」
「は、陛下。被害もなし、とのことです」
 そこまではよかった。
「ですが陛下、本当に、『崑崙君』は、あの星を防いだというのですか? 俄には信じられませんが」
 年若い貴族がそんな発言をした。
 それも無理からぬことではある。知識がなければ、隕石も、流星も理解できぬだろうから。
 さらにいえば、どのくらい困難なことだったのかもわかってはいない。
「その後に入った報告によれば、『崑崙君』と『デウス・エクス・マキナ』が協力して防いだということだ」
 セルロア王国国王、セザールが手元の書類を見ながら語った。

 老君も、さすがに全国規模の流星について、仁一人で対処したというには無理がありすぎると、『兄弟子』デウス・エクス・マキナの名も使ったのである。
「『崑崙君』と『デウス・エクス・マキナ』ですか。いったいどれほどの力を持っているのやら。それがこちらに向けられない、という保証はあるのですかな?」
 まだそういう意見を口にする者がいることに、セザール王は驚いた。感情の問題ではなく、論理的な問題で、だ。
「意味のない疑問だ。彼等が本気で世界を征服、あるいは破壊する気なら、我々にそれを止める術はないのだからな」
「しかし、彼等とて、弱点はあるでしょう。例えば家族友人とか……」
「それ以上はやめよ。これは王命である」
 敵対をして得になることなど欠片もないことを、王と大半の重臣たちは知っている。
 だが、腐敗した旧臣を切り捨て、新たに登用した者たちの中には、まだ『崑崙君』についてよく知らない者がいるのも事実。
 そうした者たちには、これから理解させなければいけない、とセザール王は考えていた。
 今回の流星はそのいい機会になるだろう、とも。

*   *   *

「結局はジン君と『デウス・エクス・マキナ』が共同で事に当たった、というわけね」
 ショウロ皇国でも、報告会議が行われていた。
「被害がなくて何よりです」
「はい、陛下」
「それにしてもジン君はどれほどの力を持っているのかしらね……」
「それが我々に向けられないことを幸いとしなければいけませんな」
 宰相の呟きに女皇帝は答える。
「ジン君自身は、とても友好的な人よ。こちらが裏切りさえしなければ、ね」
「それはわかります。ずっとこの関係が続けばいいですなあ」
「大丈夫よ。そうありたいと思う気持ちがある限り」
 その言葉は若干希望的に過ぎるかもしれないが、女皇帝の偽らざる心境でもあった。

*   *   *

「ああ、無事に乗り切りましたね」
「ジン様のおかげですなあ」
 異民族の国……ミツホやフソーでも、穏やかな日が送れることに安堵する人々がいた。

*   *   *

 それら、各国各地の反応を、蓬莱島の頭脳『老君』は把握していく。
御主人様(マイロード)の偉業が知られるのはよいことですが、その分畏怖されるというのは困りものですね』
 強すぎる力は、時として恐怖の対象となりやすい。
 また、特定の勢力が取り込み、己の力としようとする場合もある。
『『仁ファミリー』の方々が狙われるということだけは避けませんと……』
 この世界と仁がいつまでも良好な関係を続けられるように。
 老君は腐心していくのである。

*   *   *

《ふうむ、結局乗り切ったのか……あの『ランド』とかいう奴らとそのあるじはなかなか侮れない力を持っているようだな》
《はい》
《こんな星のことなど眼中になかったが……少しは気に止めておくべきか?》
《いえ、全てこちらで対処いたしますのでお気になさる必要はないかと》
《そうか。なら任せる》
《はい》
 『オノゴロ島』の地下では、何やら不穏な会話がなされていた。

*   *   *

「そうか、無事回避したか、さすがだ、ジン殿」
 そして事態が落ちついた後、仁は礼子を連れて700672号の下に報告のため訪れていた。
「しかしその『オノゴロ島』とジン殿が名付けた島、少々気になるな」
「そうですか?」
「うむ。『主人たち』のメンタリティと若干食い違う面があるからな」
「それは?」
「危険に対する反応だよ」
 700672号が言うには、彼の『主人たち』、つまり『始祖(オリジン)』は、危険に対しては慎重すぎるほどに対処が厳しいという。
「今回のように座して何もしない、というのが解せぬ」
「なるほど……」
「どこかが狂っているのか、あるいはそういう指示を受けているのか」
「え?」
「指示を受けているとすれば、その相手はこの星にいない可能性があるな」
 700672号は驚くべき推測を口にした。
「それならば辻褄は合う。『ヘレンテ』といったか、そやつの主人は、別の星にいるのやもしれん。そしてそこへ自由魔力素(エーテル)を送り出している、とも考えられるな。あくまでも可能性がある、という程度だが」
 700672号の推測に、仁もなにがしか思うところがあった。

「わかりました。気を付けましょう」
「そうだな。それに越したことはない」
 仁は700672号の下を辞した。

「お父さま、700672号に『望遠装置』や『自由魔力素(エーテル)転送』のことを聞かなくてよろしかったのですか?」
 研究所に戻ると礼子が尋ねてきた。
「ああ。いずれ自分でなんとかしてみせるさ」
 仁はそう言って微笑んだ。
「そうですね、それでこそお父さまです」
 礼子も微笑み返す。

「さて、あとは各国に説明に行くことくらいか」
「それはマキナに任せたらいかがでしょう?」
 礼子が助言してくれた。
 マキナの存在感が薄くなってきているので、ここでアピールするのも手かもしれない、と仁は思う。
御主人様(マイロード)の手紙も持たせればいいのではないでしょうか』
「そうするか」
 老君も助言をくれた。
「災害対策について少し助言を書いておくか」
『よろしいかと思います』
 緊急時の避難や、非常食糧・水の備蓄など。国に余裕がないと出来ないが、仁も出来ることは援助したいと思っている。

 蓬莱島に秋の爽やかな風が吹く午後のことであった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160831 修正
(誤)敵対をして特になることなど欠片もないことを
(正)敵対をして得になることなど欠片もないことを
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ