挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

34 破片対策篇

1264/1537

34-09 忙中閑あり

「ふう……」
 蓬莱島の司令室で、仁は『分身人形(ドッペル)』の操縦席から立ち上がった。
 外はもう朝である。
 仮眠していたはずのエルザの姿はない。
「お父さま、もう朝の6時半です」
 礼子が仁に時間を告げた。
「ああ、もうそんな時間か」
「エルザ様が朝食の仕度をなさってるはずです」
「そういえば腹が減ったな……」
 仁は立ち上がって伸びをすると、
「少し外す。老君、あとを頼む。何かあったら知らせてくれ」
『はい、御主人様(マイロード)
 司令室をあとに、『家』へ向かった。
「あ、ジン兄」
 台所では、エルザが朝食の仕度をしている真っ最中。
「もう少し掛かるから、お風呂に入ってきたら?」
「そうだな、そうするか」
 仁は朝風呂も大好きなのだ。
 二堂家の風呂は温泉なのでいつでも入れる。

「ふう、疲れが取れるな」
 仁は浴槽で手足を伸ばし、首を回す。
「お父さま、とりあえず一段落したということでしょうか」
 仁の背中を流すべく待機している礼子が尋ねた。
「そうだな。もう少ししないと、今回の処置がどれくらい効果を発揮するかわからないしな」
「それにしても、『オノゴロ島』の連中は、わけがわからないですね」
「そうだな。……しかし、あの長距離望遠鏡は参考になった。俺も作れないか、あとで試してみよう」
 魔力波を搬送波として光波を送る、という原理だけは聞いた。
 仁としても、電波を搬送波として音波を送る、つまりラジオの原理は学校で習って知っている。
 それを光で、ということができるのかどうか。
 ちょうどぽっかりと空いた時間に、やってみようかと思ったのである。

「ああ、味噌汁が美味い」
「よかった」
 仁の好物、油揚げの味噌汁である。
 梅干し、お新香、焼き魚。定番の朝食であった。

「ふう、なんとなく落ちついたよ」
 食後のほうじ茶を飲みながら、仁は小さく息を吐いた。
「今日は、どうするの?」
「うん、事態は今、安定している。1日くらいは様子を見ないと手を出せない状況だ。だから、別方面の対策に掛かろうと思う」
「別方面?」
 仁は、エルザに説明する。居ながらにして遙か彼方を観察できる『望遠装置』のことを。
「確かに、『オノゴロ島』の……ヘレンテ? はそんなことを言っていた、けど……できるの?」
 いくら仁といえども、まったく新しいものを1日有る無しの短時間で完成させられるのか。エルザは懸念した。
「とりあえず、原理だけ……だけはなんとなくわかっているからな。考えるだけは考えてみるよ。もし完成できれば、かなり有効な装置だから」
「それじゃあ、手伝う」
「お父さま、わたくしもお手伝いします」
「よろしく頼むよ」

*   *   *

 そして、午前が終わろうという頃。
「……ちょっと無理っぽいな」
 さすがの仁にも、この短期間で開発するというのは無理だったようだ。
「これ以上やっても、今日中には無理だろう。ならすっぱりと諦めよう」
「残念」
「残念です、お父さま」
「まあなあ、だけど準備期間もなしだから、仕方ないな」
 だが、諦めたわけじゃない、と仁は言って、作業を中断した。
「お昼にしようか」
「ん」

 仁もエルザも礼子も手が塞がっていたので、この日のお昼はソレイユとルーナが準備してくれていた。
「お、三色そばか」
「そば湯もあります」
 蓬莱島の三色は、『更科』『挽きぐるみ』『茶そば』。
 ソバの実を石臼で挽くと、最初に出てくる一番粉は白く上品な香りを持つが、この一番粉を使用した蕎麦を『更科』と呼んでいる。仁のうろ覚えの記憶からの蓬莱島限定の命名である。
 ソバの実の一番外側の殻を取り除き、甘皮が付いた状態のものを挽いたものを蓬莱島では『挽きぐるみ』と呼んでいる。殻を一緒に挽くと、さすがにぼそぼそするからだ。
 茶そばは、更科をベースに、抹茶粉を混ぜ込んだもの。お茶のほのかな香りを楽しめる。
 更に、ワサビも海苔もネギもあるので、味をいろいろと楽しめる。

「うん、美味い」
「美味しい。私、挽きぐるみが、好き」
 そば好きの仁は、どれが一番とは言いづらいが、やはりソバらしい味と香りの楽しめる挽きぐるみかな、と思っていた。
 そばを食べ終わったあとはそば湯で割った汁を飲み、そば茶で締めだ。
「ふう、堪能した。ごちそうさま」
「ごちそうさま」
 エルザも満足したようだ。

*   *   *

「さて、老君に確認したところ、まだ事態は動いていないようだ。あと7時間くらい余裕があるらしい」
「じゃあ、どうするの? 望遠装置の続きをやる?」
「いや、別のことをしようかと思う」
「何するの?」
「防空体制の強化だ」
 仁は、破片『極小』の一部がアルスに近付いた際の対策をしようと考えていたのだ。
「細かすぎて、全部はどうにもならないかもしれないが、減らせればと思う」
 大気圏で燃え尽きてしまうならいいが、一部は地表まで達するかもしれない。それは避けたかった。
「具体的には?」
「『ウォッチャー』に転送砲を取り付ける。それから10メートル級の宇宙船を5隻から10隻増やし、警戒させる」
「……わかった。手伝う」
「ありがとう。でも無理はするな。どれも、老君がやってくれるから」
 以前製作したものばかりであるし、『ウォッチャー』への取り付けにしても、仁が指示すれば済む。
 というか、もう指示済みである。
「じゃあ、ジン兄は?」
「老君の機能アップだな」
『オノゴロ島』の地下にあるであろう、『始祖(オリジン)』が遺した『頭脳』。
 それに負けない、いや、より優れた魔導頭脳にしてやろうと仁は考えていた。
 そしてこれが、いずれ仁を救ってくれることになるのである。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160819 修正
(誤)更級
(正)更科 (2箇所)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ