挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

34 破片対策篇

1262/1595

34-07 ミッション開始

「ああ、疲れた」
 村人に比べたらまるきり働いてはいないが、それでも1日中身体を動かしていた仁は、心地よい疲れを感じていた。
「ジン、ご苦労さん。助かったよ」
「明日は来られないと思いますけど」
「いやいや、今日だけでほとんど終わってしまったからな。領主様にこれ以上手伝わせたらばちが当たるってものだ」
「おにーちゃん、ご苦労様!」
「ジン、ゆっくりお休みよ。エルザちゃん、ありがとね」
 村人たちに見送られ、仁とエルザ、礼子らは二堂城へ。そこから転移門(ワープゲート)で蓬莱島へ帰った。

「うあー、気持ちいい」
 肉体労働の後の入浴は格別である。仁は浴槽で手足を伸ばした。
「明日は筋肉痛かもな……」
 肉体が生身に戻った故の弱点であるが、それもまた心地よし。仁は満足そうな笑みを浮かべた。

 そしてその夜は夢も見ずにぐっすりと眠れたのだった。

*   *   *

 10月7日。案の定全身の筋肉痛に悩まされながらも、仁は心地よい朝を迎えていた。
 隣のエルザも、少し肩と脚が痛いという。いろいろ手伝った反動だ。
 夫婦仲良く筋肉痛の身体をゆるゆると動かし、朝食を摂る。
「ジン兄、今日はどうするの? 破片に近付くのは明日以降でしょ?」
 エルザからの質問を受けた仁は、老君に確認をとった。
「老君、その辺はどうなんだ?」
『はい、御主人様(マイロード)。第4惑星の軌道を越えたところ、宇宙空間の物質密度が下がりまして、速度を更に上げることができました。このまま行けば今日中に破片と出会います』
「そうか!」
 対処を始めるのは早ければ早い方が望ましい。
「そのまま続行だ。あと、何か新しい知らせは?」
『今のところはそれだけです』
「わかった」
 いよいよ、あと半日ほどで正念場だ。仁は気を引き締めた。

 その日は、仁もエルザも何も手に付かない様子だった。
 うろうろと研究所内を歩き回ってみたり、治癒薬を延々と作ってみたり。
 この先、徹夜になる可能性も考えて昼寝をしようとしたが、全然眠くならず、諦めたり。
 仁とエルザにはもどかしいほど時はゆっくりと過ぎ、ついにその時が来た。

御主人様(マイロード)、『モデヌ』の破片、発見しました』
「そうか! 『アドリアナ』、予定通り減速だ!」
『わかりました』
『アドリアナ』の加減速能力はおよそ20G。人間が乗り込んでいなければもう少し上げられる。
 秒速400キロメートルで飛んでいたとしても、33分ちょっとで静止できる計算だ。
 そして今度は逆方向に向かう。こちらは岩塊の速度に同調するのでせいぜい秒速250キロメートルくらいだから21分ほどということになる。
「あと1時間で作戦開始だ」
 そうしたら仁は、『アドリアナ』に予め乗せてある『分身人形(ドッペル)』を使って現場で指揮をする予定である。
 ここからが正念場である。

*   *   *

 宇宙空間では、直径300メートルの宇宙船『アドリアナ』が、その持てる能力の全てを使って減速をしていた。
 20G……196メートル毎秒毎秒という途轍もない加速度は、力場発生器フォースジェネレーターだからこそ可能な値だ。
 そして、減速している間に『モデヌ』の破片とすれ違う。ここまでは予定通りだ。
 33分で停止した『アドリアナ』は、艦体を180度回転させ、今度は来た方向に向かって加速を開始した。
 追いかける目標は『モデヌ』の破片。
 微小な破片との接触事故を避けるため、進行方向に直角な方向に100キロ以上離れた軌道を採っている。

*   *   *

「いよいよだな」
 蓬莱島の司令室では、緊張した面持ちの仁が、『分身人形(ドッペル)』の操縦席に座っていた。
『はい、御主人様(マイロード)。同期のため、加速度は4Gに落としています』
「よし、『分身人形(ドッペル)』、起動」

*   *   *

 仁の『分身人形(ドッペル)』=仁Dは、目を開いた。場所は『アドリアナ』の中央艦橋である。
『ようこそ、御主人様(マイロード)
 『アドリアナ』の頭脳、『大聖』が出迎えた。
「大聖、状況は?」
『はい、順調です。あと2分ほどで速度同調は終わります』
「よし、そうしたら搭載している偵察用宇宙船10隻を全部射出だ」
『はい』
 こんどは瞬く間に時間が過ぎていく。
『偵察用宇宙船10隻、出します』
「よし」
『ヘルクレス』『アキレウス』『ペルセウス』『テセウス』『カストル』『ポルックス』『プロメテウス』『エンデミオン』『ダイダロス』『ケフェウス』と名付けられた、直径10メートルの宇宙船たちだ。
「予定通り、『小』『中』の処理を行え」
『わかりました。まず『中』の処理、それが済み次第『小』の処理へと移行します』
「頼んだ」
 そして仁Dと『アドリアナ』は、『大』と『特大』の処置に取りかかる。
 乗員である金色をした宇宙軍(スペースフォース)ゴーレム、『コスモス』たちが手分けして大型力場発生器フォースジェネレーターを据え付けていくのだ。
『大』の中でも大きいものには25基。大きさと推定質量に合わせて減らしていき、『大』の中でも最も小さいものには5基。
 これで、『大』はなんとか移動させられるはずである。

 だが、ここで思わぬ見落としがあったことに気が付く仁。
「回転している、だと……?」
 そう、破片はゆっくりと自転していたのだ。
「思いついてしかるべきだった……!」
 これでは、大型力場発生器フォースジェネレーターの推進力がどちらに向くか定まらないので、効果がどれくらい上がるか特定できないことになってしまう。
「なんとかしなくちゃな……」
 仁Dを操縦している仁は必死に打開策を考えた。

「そうか! 『コスモス』1体ずつを付けて制御させれば……!」
 大型力場発生器フォースジェネレーターをいくつか姿勢制御に使い、安定したらそれらも軌道変更に使う。これならいいだろう、と仁は考えた。
 打開策を思い付き、仁はほっとする。
「よし、まず『大』から処置していこう」
『特大』はあまりに巨大なので、『大』の処置後、残った大型力場発生器フォースジェネレーターを全部使ってしまおうと仁は考えているのだ。

『アドリアナ』は手近な『大』に分類される岩塊へと近付いていった。
 無理に着陸はしない。搭載した力場発生器フォースジェネレーターを使って、相対位置を固定する。
『下部倉庫ハッチ開きます』
『大聖』が状況を逐一報告してくる。
『コスモス500、大型力場発生器フォースジェネレーターを運び出します』
 1G下では350キロもある大型力場発生器フォースジェネレーターだが、ほぼ無重量となる宇宙空間では楽に運べる。
 元々『コスモス』たちはスカイ隊やマリン隊と同じ位のパワーを持っているので、1Gであっても1体で運べるのだが。

『設置、完了』
 25基を運び出し、設置するのにおよそ1時間掛かった。
「よし、それでは、済まないがコスモス500はそのままそこに留まって、セランに突っ込む軌道になるよう調整してくれ」

 こうして、ミッションは開始されたのであった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160817 修正
(誤)対処を始めるのはは早ければ早い方が望ましい。
(正)対処を始めるのは早ければ早い方が望ましい。
 orz
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ