挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

06 旅路その2 エゲレア王国篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

126/1685

06-13 ゴーレム・パニック

「ほほう、面白い構造だなあ!」
 骨格と筋肉が仮組みされた仁のゴーレムを見たラインハルトが感心したような声を上げる。
 そして横たわる未完成のゴーレムをじっと見つめ、いろいろと考えているようである。
 仁は特に気にせず、ゴーレムの心臓部、魔導装置(マギデバイス)の作製にかかった。
 魔結晶(マギクリスタル)を手に取り、『基礎制御魔導式(コントロールシステム)』の書き込みを開始する。
「『書き込み(ライトイン)』、魔法制御の流れ(マギシークエンス)……魔導式(マギフォーミュラ)構築」
 その様子をラインハルトと共にビーナも食い入るように見つめている。

「よし、制御核(コントロールコア)完成だ。次は魔力炉(マナドライバー)魔力貯蔵庫(マナタンク)か」
 仁が見たこの世界のゴーレムは、例外なく魔力を魔力貯蔵庫(マナタンク)から引き出して使っていた。
 一方、仁が作るゴーレムは全て魔素変換器(エーテルコンバーター)を備え、空間に充満する自由魔力素(エーテル)を吸収し、魔力素(マナ)に変換して使っている。それを魔力炉(マナドライバー)でいろいろなエネルギーに変えるわけである。
 今回は依頼による作製なので、仁がいなくてもメンテナンス出来るよう、魔力貯蔵庫(マナタンク)を使う事にした。
 とはいえ、仁は通常の魔力貯蔵庫(マナタンク)にするつもりなど無い。

「礼子、赤と緑の魔結晶(マギクリスタル)を探してきてくれ」
「はい、お父さま」
 その間に仁は外装の準備。骨格と筋肉を持つので、外装は鎧の意味合いを持つ。
 可動部分である関節はどうしても弱くなるので、薄い青銅の金属板を重ね、隙間が出来ないように構成する。
 普段は一瞬で行う作業だが、一品物(カスタムメイド)なのと、伯爵からビーナにも勉強させてやって欲しいと言われたこともあってわざわざゆっくり作っていた。

「お父さま、これでよろしいでしょうか?」
 礼子が魔結晶(マギクリスタル)を持って戻ってきた。赤い火属性の魔結晶(マギクリスタル)と、緑色の風属性の魔結晶(マギクリスタル)だ。
「ふむ、それで何を?」
 思わず声に出してしまうラインハルトだが、仁はまあ見ていてくれ、と返し、
融合(フュージョン)
「なっ!?」
 火と風の魔結晶(マギクリスタル)を融合するという離れ業にラインハルトは仰天した。
 通常、異なる属性の魔結晶(マギクリスタル)は融合不可能と言われているのだ。
「よし、出来たな。……ラインハルト、見てみるか?」
 今融合したばかりの魔結晶(マギクリスタル)を手渡されたラインハルトはまず目でそれを確認し、次いで魔力の流れを確認した。すると。
「ううむ、なんだ、これは!?」
 その魔結晶(マギクリスタル)の内部では魔力が異常なほど活性化していたのである。
「まあ単純に言えば、火が風に煽られて燃えさかっているといったところかな」
 あっさりと仁はそう解説するが、おいそれと誰にでも出来る事ではない。
「ふーむ、融合の際に、一旦魔力を不活性化してから行っているのかな?」
 それでも優秀な魔法工作士(マギクラフトマン)であるラインハルトは、仁の手順を半分以上理解していた。
「正解。それに加えて、魔力の流れに沿って融合を進める必要があるんだ」
「なるほど、参考になった。感謝する!」
 ラインハルトは大喜びだが、魔法工学師マギクラフト・マイスターである仁にとっては常識。いや、先代の時代には当たり前の技法だった。
 それもこれも魔導大戦のせい。人口の減少により文化の担い手が激減したことで世界が退行してしまったのだ。

 それはさておき、活性化した魔結晶(マギクリスタル)は、扱いが難しい反面、魔力の運用効率がいいのである。もっとも、礼子に使われている全属性の魔結晶(マギクリスタル)には及ばないという但し書きが付くが。
「よし、こいつと魔力炉(マナドライバー)制御核(コントロールコア)と接続して、と」
 どんどんと心臓部が出来ていく。
「よーし、僕もさっそく黒騎士(シュバルツリッター)を改良だ!」
 仁の手順を見ていたラインハルトは、早速自分でもやってみる気になったようだ。
「あー、ビーナ、悪いが手伝ってくれるかい?」
「は、はい!」
 ビーナを助手に、ラインハルトも赤と緑の魔結晶(マギクリスタル)を融合してみるようだ。

 一方、エルザはほとんどしゃべらずに仁の作業を眺めている。
「さーて、と。あとは頭部か。礼子、赤い、そうだな、魔石(マギストーン)でいいから2個用意してくれ」
「はい」
 そして仁は頭部の製作に入る。
 ちらとビーナの方を見た仁は、一気に変形(フォーミング)。それをみたエルザの目が大きくなった。
「よし、これを取り付けて、融合(フュージョン)、と。礼子、魔石(マギストーン)をかしてくれ」
 目の部分に加工した魔石(マギストーン)をはめ込む。口と喉にも魔導式(マギフォーミュラ)を書き込み、発声器官を構成した。
 耳の部分にももちろん音声を聞き取るための魔導式(マギフォーミュラ)が刻まれる。

「あーっと、こいつもシールドしておくか」
 ミスリル銀で魔導装置(マギデバイス)を取り囲むように覆っていく。いくつかの突起はそれぞれ四肢と頭部への魔力指令を発生させる端末である。
 それで内部は完成した。残るは外装の調整と仕上げだ。
「よし、礼子、細かいサイズ調整を頼む」
「はい、お父さま」
 礼子もビーナの方をちらりと見てから作業に取りかかる。頭部、頸部、胸部、腹部、腰部。そして両腕と両脚。
「どうでしょう、お父さま」
「うん、いい出来だ。だけど……」
 胸部の出来を見て、物足りなく思った仁は、そこだけ再度変形フォーミングをかける。
 それを見ていたエルザの目が一瞬鋭くなったのにも気付かず、
「よし、これくらいだな」
 最後の仕上げとして表面処理を施していく仁。
 今回は青銅の表面は銅色に抑える。つまり赤っぽい色だ。
硬化(ハードニング)表面処理(サフ・トリートメント)。これでようやく完成だ」
 材料に制約のある状態で、可能な限り高性能なゴーレムを作るという縛りプレイを終え、仁は満足であった。

「しかし問題が一つだけあるな……」
 仁がそう呟くと、
「ジン君、問題って?」
 今まで黙っていたエルザが問いかけてきた。
「ああ、エルザ……いやな、このゴーレムの基本知識をどうしようかと思ってさ」
「どういうこと?」
「このゴーレムは基本、メイドゴーレムなんだ。だから出来れば誰か侍女さんの知識を転写させてもらいたいと思ってさ」

「それなら侍女頭に命じようか?」
 声に振り向くと、進捗状況を見にやってきたクズマ伯爵がそこに立っていた。
「ほほう、これはこれは。なかなか美しい。ビーナ、ちょっと来てみろ」
「はい?」
 伯爵の呼ぶ声にラインハルトの手伝いをしていたビーナがやってくる。そしてそこに横たわるゴーレムを見て、
「ななななな、何よ、これええええ!!」
 真っ赤になって大声を上げた。
 それもその筈、そのゴーレムはビーナそっくりだったからだ。ボディラインもかなり正確に再現されているそれは、かなりセクシーではある。
「ジンのへんたいいいいいいい!」
 恥ずかしさから仁に殴りかかったビーナは、礼子にやんわりと阻止された。
「放してよおおお!」
「駄目です。放したらお父さまに殴りかかるでしょう」
「いやああああああ!」
 真っ赤になって喚き散らすビーナを見かねて、クズマ伯爵が説明する。
「すまんビーナ、実は私がビーナをモデルにゴーレムを作ってくれと頼んだのだ」
「は、は、は、伯爵が!?」
 もうビーナはパニック寸前。その時、
「てい」
「あうっ」
 エルザのチョップがビーナの脳天を直撃した。

*   *   *

「いっつうううぅぅぅ……」
 頭を抑えてうずくまるビーナ。どうやらパニックは起こさずに済んだようだ。
 仁もエルザの機転に心の中で感謝した。
「少し落ちつくといい。ジン君にとって女の子の身体を再現するのなんて簡単。ポトロックでもマルシアさんそっくりのゴーレム作り上げてた」
「おい」
「それに崑崙島で私たちのすりーさいず? を簡単に測っていたし」
 感謝取り消し。
「あー、まあその、なんだ、別に悪意があった訳じゃないから勘弁してくれ」
 ここはもう謝るしかない仁。伯爵も更に口添えして、
「うむ。ビーナ、これだけ美しいゴーレムのモデルになったのだ、()を張っていいぞ」
 だが、伯爵のその言葉はビーナへの追い打ちだった。
「でも! なんで! 胸だけ! ゴーレムの方が! 大きいのよおおおおお!!」
 それはビーナの心からの叫びだった。
 修正作業をしてしたら何故か05-22と置き換わったりしてしまい、全部入力し直すはめに。なので修正履歴とか無くなってしまいました。



 何と言うか、ビーナは豆腐メンタルなんですかね……

 お読みいただきありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ