挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

33 予兆篇

1251/1503

33-36 対守護神

「よし、計画を詰めよう」
 転送銃の準備を終えた仁は、蓬莱島にいるメンバーを呼び集めた。
 仁、エルザ、グースといった顔ぶれだ。
「700672号からも聞いたんだが、『始祖(オリジン)』の考え方は、我々とは異なっている点も多い。そこは気をつけなきゃいけないな」
「確かにな。我々にとって当たり前のことが、彼等には当たり前じゃないというのはあり得る。その逆も然り、だ」
「ジン兄、特に気を付けるべきことは、ある?」
 仁は頷いた。
「ああ。まずはそれを話そう。『始祖(オリジン)』は、人口減少を経験しているからか、殺人を極端に嫌うらしい」
 あるいはモラルの問題かもしれない、と仁は補足する。
「その一方で、自分たちが最高、というか、選民思想めいたものも持っているようだ」
「まあ、あれだけの技術を持っていれば、それも頷けるか」
『ですが、守護神(ガーディアン)の性能はさほど高くはないです。ランド隊の半分くらいかと推測されます』
 ここで老君が分析結果を述べた。動作の様子や、周囲の自由魔力素(エーテル)濃度、材質などから割り出したのだ。
『魔物のいない地域ですので、それでも十分すぎるほど強力ですね。瞬間的にはもう少し出せるでしょうが』
 普通の動物を相手にするだけなら、十分なパワーである、という。
「それでも油断は禁物だけどな」

 話を戻し、計画の検討に取りかかる。
「とにかく、不確定要素が多すぎる」
 と、仁。グースもそれを受けて意見を述べる。
「転送銃で守護神(ガーディアン)を転移させてしまう、それはいいが、何体出てくるのか」
「それはとりあえず銃10丁とカートリッジ100個を用意した」
「それで足りたとして、そのあとに何が起きるのか、わからない」
 これでは、とても計画とはいえない、行き当たりばったりな行動指針である。
『ですが、やってみないことには始まりません』
「そうなんだよな……」
始祖(オリジン)』が持っているはずの惑星改造技術。ゆえに、『長周期惑星』接近による災害を防ぐために、その技術が欲しい。
 少なくとも協力を仰ぎたい、と仁は思っているのである。

「やるしかないか」
 当たって砕けろ、とばかりに、仁は決断した。
 これには700672号に、
『失敗しても、この星が危うくなるような反応をすることはないだろう』
 と言われたからでもある。
『わざわざ手間をかけて改造したこの星が危うくなるなら、きっと力を貸してくれるだろう』
 とも。
「『長周期惑星』接近の証拠は用意しておく必要があるな」
御主人様(マイロード)、夜空にかなり明るく輝いていますので、夜がいいかもしれません』
 老君も助言をくれた。おそらく『鉛の海』などが光を反射しているのだろう。
 少ない情報で最善を尽くすため、仁たちは知恵を寄せ合っていく。
 そしてその夜、決行することになった。

*   *   *

『オノゴロ島』が夜なら、蓬莱島は昼である。
 向かうのはランド隊。ランド11から15までの5体である。
 1体が改造された転送銃2丁を持ち、それぞれ20個のカートリッジを携帯している。
 前回と同じように、転送機を使って5体は送り出された。

〈何をしに来た、意志を持つ操り人形(ライブパペット)どもよ〉
 前回同様、守護神(ガーディアン)が1体現れた。
「この惑星に危険が迫っている。話を聞いてほしい」
 まずは来訪の目的を明らかにする。
〈その必要はなし。く立ち去れ〉
 前回同様、とりつく島もない反応だ。
「では、失礼して」
 ランド11は転送銃を構え、発射した。
 一瞬で守護神(ガーディアン)が消える。


守護神(ガーディアン)、東の小島に無事転送されました』
 スカイ隊のラプターから送られてくる映像を確認し、老君が報告した。第一段階は成功だ。
「頼むぞ……うまくいってくれよ」


〈何をした、意志を持つ操り人形(ライブパペット)よ〉
 十数秒後に、守護神(ガーディアン)がまた1体現れた。
「話を聞いてほしい。この惑星に危機が……」
〈立ち去れ〉
 今度の守護神(ガーディアン)も聞く耳を持たないようだ。
 ランド11は転送銃を発射した。

意志を持つ操り人形(ライブパペット)よ、敵対するつもりなりや〉
意志を持つ操り人形(ライブパペット)よ、力ずくで排除される前に立ち去れ〉
 今度は2体の守護神(ガーディアン)が現れる。
 が、相変わらず聞く耳を持たないので、これも転送銃で転移させる。

意志を持つ操り人形(ライブパペット)よ〉
意志を持つ操り人形(ライブパペット)よ〉
 それからも、2体、3体の守護神(ガーディアン)が現れるが、いずれも話を聞いてくれず、やむなく転送銃を使う。
 それらはランドを排除しようと襲いかかってくるものもあったが、老君の分析通り、ランドの敵ではなく、転送銃によって転移させることができた。

 そうして、32体の守護神(ガーディアン)を転送させた後。
意志を持つ操り人形(ライブパペット)よ、目的は何だ〉
 明らかに、これまでの守護神(ガーディアン)とは外見が異なるゴーレムが現れたのだった。
 身長は2メートル程度。人間によく似たシルエット。
 おそらく守護神(ガーディアン)の上位存在であろうと思われた。


御主人様(マイロード)、第二段階です』
「よし、交渉は、老君主導でランド11にやらせろ」


「私たちは、この星、アルスを守護しようとするもの。聞いてほしいことがある」
〈何を戯れ事を、と言いたいところであるが、守護神(ガーディアン)を消した手並みは見事なり。話を聞こう〉
「感謝する。では、まずは空を見上げてほしい」
 ランド11は、天頂を指差した。
「天頂のやや北、ユニーのそばに、明るい星が見えるかと思う」
〈見える〉
「その星は『長周期惑星』だ。このアルスに高速で接近中なのだ」
〈その『長周期惑星』というのが、『モデヌ』であるなら、確かに情報にある。1203年10ヵ月の周期で太陽セランを巡っている惑星だ〉
 やはり始祖(オリジン)は『長周期惑星』の情報を持っていたのであった。

 いよいよ第三段階である。
 いつもお読みいただきありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ