挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

33 予兆篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1249/1655

33-34 SP投入

 蓬莱島が夜、ということは反対側のオノゴロ島は昼である。
 視界がよいので、空からはスカイ隊のラプターが支援しつつ、マーメイド隊による海中の調査が進められていく。

 オノゴロ島本島は、円錐状の島である。周囲を『C』型の岩が取り囲み、防壁となっており、本島の西側において細い地峡で繋がっている。
 また、『C』の字の開口部には2つの島があって、門衛のようだ。
 そしてもう1つ、小さな島が随伴するように本島の東側にぽつんと浮かんでいる。

『海中には罠や施設はないようですね』
 海中に警備のゴーレムなどがいないのは意外であった。
『ですが、長い年月の間に動作不良を起こした可能性もありますか……』

 残る未調査箇所は本島と付随する3つの島である。
『意外と、小島の方に何かがある可能性もあるんですよね』
 老君は自分なら、本島にはメインとなる魔導機(マギマシン)を置き、小島に制御装置を置くだろうと考えたのだ。
『さらに慎重に調査するように』
 老君は念を押し、報告を待つことにした。

 とはいえ、マーメイド隊は人魚型なので、陸上の調査には不向きである。そのため、海中から島の周りを周回しつつ、調査をしていく。
 それぞれ小さい島なので、1時間も掛からずに周回できる。
 念には念を入れ、3周して何もめぼしいものが無いことを確認。
 残る調査対象は本島である。

 一方、スカイ隊は高度を落とし、小島の陸上部分を調査していた。
 小さい島なので、植物類は苔と草、わずかな灌木だけ。上空からの確認に支障はない。
『少なくとも、見える部分には異常なし、ですか』
 報告を受けた老君は、そのまま本島の調査をするよう指示を出した。

『ふむ、やはり一筋縄ではいきませんね。調査要員を送り込んだ方がいいでしょうか……』
 この場合、適任なのは『しのび部隊』であるが、さすがに専用の超小型魔力貯蔵器(マナボンベ)は用意していなかった。
『と、なりますと次善ということで『隠密機動部隊(SP)』ですね』
隠密機動部隊(SP)』は、再編成してからというもの、適宜投入と方針を変更したため、仁をはじめとするファミリーのメンバーに常時張り付くことはなくなった。
 故に手空きのメンバーがいるわけである。
『標準成人男性型の『エルム』『アッシュ』が空いていますね。彼等に任せましょう』
 万全の装備を調えた後、転送機により2体は送り出されたのである。

*   *   *

 オノゴロ島本島に着いた直後、エルムとアッシュは空間に満ちているはずの自由魔力素(エーテル)がほとんどなくなったことを感知した。
 もちろん、魔力貯蔵器(マナボンベ)があるので行動に支障はない。
 2体は、老君からの指示に従って行動を開始する。
「まずは周囲の確認」
「次いで地下の調査、だな」
 エルムとアッシュは魔力貯蔵器(マナボンベ)の魔力を使い、『地下探索(グランドサーチ)』を発動した。
「……これは……?」
「何か地下にあるようだな」
 空洞の存在が感知されたのである。
「他の地点も探ってみよう」
「それがいいな」
 一箇所を重点的に探るのは後にして、まずは全体像の把握に努める2体。
 島を移動しつつ、地中を探っていく。
 おおよそ島の4分の1ほどを調査した時、それは現れた。

〈何をいたしておるのか、意志を持つ操り人形(ライブパペット)たちよ〉
 全身が鈍いあかがね色をした、身長2.4メートルほどのゴーレムである。オリハルコン製かもしれない。
〈ここは侵すべからざる聖地なり。速やかに立ち去るべし〉
 エルムとアッシュは、このゴーレムに関しての映像を老君に送り続けている。
 そして老君は、ゴーレムに対して交渉すべし、と指示を出した。
「この島がどういう役目を持っているのか、どうか教えていただきたい」
 エルムが頼むが、ゴーレムの反応は冷淡だった。
〈その必要はない。く立ち去れ〉
 アッシュが食い下がる。
「そこをなんとか。そもそもそれを知るためにここへ来たのですから」
〈くどい。勧告に従わなければ力ずくで排除することになる〉
 ここで老君は、2体に1つの試みを指示する。
自由魔力素(エーテル)が少ないことと何か関連があるのですか?」
 すると、あかがね色のゴーレムは少し違う反応を示した。
〈それくらいはわかっているのか。然り。この島は管理島なり。さあ、立ち去るべし〉
「情報感謝します。どうすれば、それ以上のことを教えてもらえますか」
「どうすればよいか、どうか教えていただきたい」
 老君の指示に従って食い下がるエルムとアッシュ。
〈言った筈だ。ここは聖地である。本来なら誰も踏み入れることは許されていないのだ〉
「貴方の役割は何なのですか。守護神(ガーディアン)?」
〈その呼称を知ってはいるのか。そうでなければここまで来ることもできぬだろうな。だが、それでも聖地を侵すことは許さぬ。立ち去れ〉
「どうしても?」
〈どうしてもだ〉
 どうあっても、ゴーレムの意志は変わらないようだ。
「わかりました、ここは立ち去ることにします」
ね〉
 ここは引くべしと、老君は指示を出し、エルムとアッシュは転送装置を使い、短距離の転移を行った。
 転移先はオノゴロ島付近で待機している巡洋艦『梓』の中。
『ご苦労でした、エルム、アッシュ』
 老君が2体をねぎらう。
『不完全な接触でしたが、守護神(ガーディアン)と思われるあのゴーレムについて、いくらかわかりました』
 その情報は、早速仁に報告された。

「……やはり守護神(ガーディアン)がいたのか」
『はい、御主人様(マイロード)
 700672号から注意されていた守護神(ガーディアン)。その性能や役割について、老君はそれなりに分析していた。
『外装はオリハルコン製で身長は2.4メートルほど。これが『始祖(オリジン)』の標準なのかもしれませんね』
 ゴーレムを作るとき、目的にもよるが、警備用であるなら自分たちより若干大柄に作るだろう、と老君は推測した。
 が、同時に、大きすぎると、生活空間での行動に不都合が生じる(例えば天井につっかえる、ドアを通れない、など)であろうから、節度ある大きさ、ということになる。
「性能はよさそうだな」
 送られてきた映像を見る限り、全体的なバランスはよさそうだ。
 外見も、全くごつくなく、軽鎧を着込んだ騎士、といったイメージがある。
 また、わずかな動きしか観察できなかったが、動作も洗練されている。
『ですが、パワーはどうでしょうか』
 老君も意見を述べる。
自由魔力素(エーテル)がほとんどない地域で動いているのです。魔力貯蔵器(マナボンベ)のような対策をしているとはいえ、大パワーを長時間出せるとは思えません』
「だな」

 得られた情報は少ないが、それを使って今後の方針を決める作業を、老君主導、仁検討、という流れで行っていくのであった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ