挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

33 予兆篇

1248/1474

33-33 進まぬ調査

『マーメイド隊から、岩石についての報告が入りました』
 第一の報告だ。
『外周の岩場を造っている岩は、付近の海底とは異なる種類だそうです』
「うーん、火山が噴出した可能性もあるから、自然にできた島という可能性はまだなくならないな」
『仰るとおりです。ですが、数種類が組み合わさっているとなると、人工の可能性が高くなると思います』
「どういうことだ?」
『はい、御主人様(マイロード)。調査によれば……』
 老君の説明によると、海上に出ている部分は単一の岩石であるが、海中に没している部分の岩石はそうではないという。
『わかる範囲で、花崗岩、玄武岩、粘板岩が確認されました』
 その3つは、仁も知っている石材の名前だ。
 花崗岩は地中深くで固まった火成岩、玄武岩は浅いところもしくは地表で固まった火成岩。粘板岩は粘土が堆積してできた堆積岩である。
 これらの岩が同じ場所にあるというだけで、自然にできたものではない可能性が高い。
「そばにある大陸に同じ種類の岩があるか、確認をとってくれ」
『わかりました』

 結果をいうと、それはすぐに見つかった。海岸線は玄武岩で、海岸から3キロほど内陸に入った岩山が花崗岩の山、海底の一部は粘板岩が露出していたのだ。
「こうなると人工の島である可能性が更に高まったな」
『はい、御主人様(マイロード)。次は岩で囲まれた内海に入ってみます』
 マーメイド隊の1体から送られてくる映像を見つめる仁、エルザ、グース。
 ゴーレムたちの行動は素早く、作業は確実だ。
 さほど待つこともなく、内海が近付いてきた。
《結界が張られています》
 マーメイド566からの報告が入った。
「結界か……やはり何かがある証拠だな」
「ジン兄、どんな結界か調べたら、作った人の手掛かりにならない?」
 エルザが思い付きを述べた。
「ああ、それはいいな。早速頼む、老君」
『わかりました』

 そして、待つこと5分。
《ご主人様、これまで見たことのないような形式です》
 マーメイド566から直接の報告が入った。
「分析できるか?」
《お待ち下さい。……はい、おそらくこれは、探知系の結界だと思われます》
「……なるほど」

 結界とは、いうなれば魔力で作った網だ。
 幾つかの種類はあるが、蓬莱島では『障壁(バリア)』が最も使われている。この場合、網の目の大きさによって、固体用・液体用・気体用、それらの組合わせとなる。
 ここで注意しなくてはならないのは、『気体は通さないが固体は通す』や、『固体は通さないが液体は通す』という選別式の結界をどうやって実現するか、である。
 分子の大きさは固体の方が大きいので、ふるいと同様、大きな網の目で固体を弾き、液体や気体を通過させることは比較的簡単にできる。
 が、その逆に、固体を通し、気体を通さないとはどうすればいいのか。
 1つの答えは、『弱い網』『即修復』『密着』がキーワードである。
 気体の分子は通過できないが、固体の質量があれば、網を破って通過できる。その際、網は固体の周囲に沿って密着し、どさくさに紛れて気体が通過することを防ぐ。そして固体が通過した穴は瞬時に修復される。
 こうした造りの結界が一般的である。

 一方、ここの結界は探知結界。魔力の網が破れたら、それを検知し、警報を出すような形式らしい。
 通路のような狭い場所に張るには適しているだろう。
「無理に通過すれば警報が発せられるわけか」
 何が起きるか見当がつかない、そんな事態は仁も望んでいない。
「どうするか……そうだ!」
 転送装置を使い、結界の向こう側へ行くことを思いつく仁。
「老君、必要な転送装置をマーメイド566に送れ」
『わかりました』
 一品もの以外、ほとんどの魔導具は予備がストックされている。
 老君は短距離用の転送装置を5個、マーメイド566とその同僚用に送り出した。もちろん転送機を使って。
《ご主人様、受け取りました。これより、他の4体と共に潜入いたします》
 そしてマーメイド566、567、568、569、570の5体は探知結界の向こう側へと転移したのである。

「やっと1段階終了ってところだな」
 仁が少しうんざりしたような顔で言った。
「でも仕方ないな。できるだけ隠密裏に、という条件があるんだから」
「そういうことだな、仁」
「ジン兄、いまのうちにお昼にしたら?」
「そうですよ、お父さま。気分転換も必要です」
 グース、エルザ、礼子。皆に言われ、仁は席を立った。
 司令室へ食事を持って来させるということも考えたが、エルザや礼子に怒られそうなので、食堂まで行くことにした仁であった。

*   *   *

 食事を済ませて戻ってくると、マーメイド隊からの報告が上がってきたところであった。
《内海には、大型の魚などはいません。いるのは小魚や海老、貝類です。波が穏やかなので海草類が繁茂しています》
「なるほど。だろうな」
 グースが頷く。
《内部の岩は全て玄武岩のようです》
「となると、元々の岩……というか、『オノゴロ島』も火山島なのかもな」
 成因を調べるのは二の次である。
《そして、ここの自由魔力素(エーテル)濃度は0に近いです》
「やはり……マイナスの特異点、といったところか?」
「だとすると、結界はどうやって魔力を得ているか、謎だな……」
『更に調査を進めさせます』
 老君の言葉に、仁は頷き返した。
「じっくりと海中を探れ。罠があるかもしれないし、何か隠されているかもしれないからな」
『はい、御主人様(マイロード)

 さすがに、その日のうちには探索は終わりそうもない。
 夜になったので仁、エルザ、グースは司令室を離れ、夕食を摂ってそれぞれの部屋へと引き上げた。

「悩ましいな」
『家』の居間で寛いだ仁は、ぽつりと言葉を漏らした。
「どうしたの?」
「『長周期惑星』も、南極調査も、思ったより進展がないからなあ」
「焦っちゃ、だめ。ジン兄にしかできないことなんだから、落ちついて構えていて」
「そうですよ、お父さま」
 ほうじ茶を差し出しながら礼子も言い添える。
「きっと、突破口は見えてきます。ですから今日のところは心安らかにお休み下さい」
「そうか。……そうだな。ありがとう、礼子、エルザ」
 仁はほうじ茶をすすりながら、ふ、と笑った。
「今思いついたんだが、『長周期惑星』が近付いた場合、重力的な影響があるかもしれない。そうした対策も必要かもな」
「重力制御装置、ということ?」
「そうさ。その大型、超大型のものを用意する必要があるかもな」
「ん、わかる。……これは私の案だけど、『長周期惑星』から資源を採掘して送らせるというのは、どう?」
「ああ、それもいいかもな」
 こんな会話を交わしながら、夜は更けていった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ