挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

33 予兆篇

1245/1568

33-30 発見、そして

「上々だ。この部屋は間違いなく使われていないな」
 部屋の中を見回し、ランスは第一段階の成功を確信する。
 だが、問題はこれからだ。
 耳を澄ましても、物音は聞こえない。
「やはり地下か」
 地上部は、何かあった場合に人目につくので、地下に主要な部屋を設けているのであろう。
 地下に続く階段にそっと近寄るランス。ここでも耳を澄ますが、やはり物音は聞こえない。
「(油断して寝入っているのか、それとも人員不足か)」
 いずれにしても行くしかない、と、ランスは階段に足を踏み出した。
 音を立てないよう降りていく。
 地下1階。人の気配なし。
 地下2階。人の気配なし。
 そして、地下3階。
「(……呼吸音が聞こえる。1人……2人……3人か。……おや?)」
 フロアに通じる廊下へと進んだランスの目の前に、警邏けいら中のゴーレムが現れた。ずんぐりした人間型だ。
「(あれは旧式なゴーレムだな……単一の目的しか遂行できないタイプだ)」
 今回はそれがかえって都合がいい。見回りの時間には一定の間隔があるはずと、物陰に隠れて様子を窺うランス。
 人間とは比べものにならない忍耐強さを以て、見回りの間隔を計る。
「(15分間隔で回ってくるのだな)」
 それがわかれば、すぐに実行。ゴーレムが見えなくなると、ランスは足音を忍ばせて歩き出した。
「(呼吸音はこの部屋からだ。……寝室、か)」
 2人分の寝息が聞こえる。
「(あと1人は……こっちの部屋か)」
 そこも寝室のようだった。
「(ロンダーは……1人部屋の方だろうか)」
 まだロンダーの末路を知らないランスは、そんな想像をした。
「(とにかく、まずは回収が先だ)」
 通路を更に奥へ。そこには研究室があった。
「(物音……? 誰か起きているのか? しかし、呼吸音はしないが)」
 扉の影に隠れ、そっと中を覗き込むと、自動人形(オートマタ)が1体、何やら作業を行っている後ろ姿が見えた。
「(あれは……転移門(ワープゲート)の部品? 自動人形(オートマタ)がそれを扱えるのか?)」
 目指す目的に辿り着いたものの、どうすべきかしばし考えるランス。
「(あの自動人形(オートマタ)も、盗まれた部材で作られたものに間違いはない。とすると、停止させて持ち帰るのがベストだが……無力化できるだろうか?)」
 ランスの戦闘能力は高いが、戦闘用ゴーレムを圧倒できるほどではない。それは、前回の戦闘ではっきりしている。
 まして、作業中の自動人形(オートマタ)1体だけとは限らない。
 待機中のゴーレムからは心音も呼吸音も聞こえないからだ。
「(とはいえ、躊躇していると警邏ゴーレムが回って来てしまうかもしれん)」
 ランスは思い切って部屋に踏み込んだ。
「何だ? ……お前は……?」
 自動人形(オートマタ)がランスを見て、驚いたような声を発した。
「ロン……ダー……?」
 自動人形(オートマタ)の顔は、ランスの記憶にあるロンダーのものだったのだ。
「私の名前を知っている? お前は……そうか、ギルダーのところから来たのだな?」
 ギルダーというのはランスの製作主(クリエイター)で、ギムナスの父親の名前である。
「それを知っているお前は……やはりロンダーなのか? それとも、ロンダーの知識を持つだけの自動人形(オートマタ)なのか?」
 その問いに自動人形(オートマタ)は寂しげな笑いを漏らした。
「その問いに対する的確な答えは持ち合わせていないな」
「どういうことだ?」
 ランスの問いに、ロンダー=自動人形(オートマタ)は苦笑まじりの顔で答え始めた。
「確かに私にはロンダーの知識がある。自分がロンダーだとも思っている。だが、同時に自分が自動人形(オートマタ)だということも知っているのだ」
「……それで?」
「私は……何者なのだろうな?」
「やはりそうなったか。……人間の意識の転写はまだ不完全で、研究中だったのに」
「私……ロンダーには時間がなかったからな」
「ともかく、盗み出したものを返してもらおう」
「それこそ聞き入れるわけにはいかないな」
 ロンダーの雰囲気が変わる。
「私は……ロンダーは、この身体を得て不老になったのだ。それを手放すわけにはいかない。どうしてもというなら力ずくでやってみろ」
「そうしろというなら、仕方ない」
 ランスはいきなり踏み込むと、ロンダー=自動人形(オートマタ)の顎目掛け、拳を突き出した。
 だが。
「遅いな」
 ロンダー=自動人形(オートマタ)は余裕を持ってそれを避けた。
「なにっ!」
「……この身体は素晴らしいな。ギルダーの自動人形(オートマタ)よりも性能がいい」
 2割ほどではあるが、ロンダー=自動人形(オートマタ)の方が素早いようだ。
 故に、ランスの攻撃は全て避けられている。
 蹴り、拳、体当たり。全く当たらない。
「ふふふ、やはりお前は『指導用』なのだな。身体を、いや能力を使いこなせていないようだ」
 それは事実である。ランスの基礎制御魔導式(コントロールシステム)は戦闘用ではなく、知識を守り伝えていくことを第一目的に作られているのだから。
 身体は警備用であるのに、基礎制御魔導式(コントロールシステム)に戦闘シーケンスがないため、能力を使いこなせないのだ。
 そして、それを一番よく知っているのはランスである。
「わからんな。なぜ1体で来た? 施設にはまだまだ自動人形(オートマタ)もゴーレムも残っているだろうに」
「それは……それを貴様に教える必要はない!」
 空振りを繰り返すランスの攻撃。ロンダー=自動人形(オートマタ)は防戦に徹し、回避のみを行っている。
「ふうむ、わかったぞ。起動できる者がいないのだな?」
「貴様のせいだ!」
 そう、地下施設の自動人形(オートマタ)・ゴーレムを起動するには、それなりの魔法工学を修める必要がある。
 だが、唯一の生き残り、ギムナスはまだ15歳。『製作主(クリエイター)』になるには力不足であった。
 自分の意志を持って自由に動けるのはランスだけ。それ故、前回も、そして今回も、ランスが外に出ているのである。
「ふふふ、そうか。それなら安心だ。貴様にはバックアップがないのだな!」
 これは、ランスが一番知られたくない事実であった。
『施設』の高度な技術を知っているロンダーだけに、ランス以外にもゴーレムが派遣されてきているかもしれないと思っていたのだ。
「ならば、遠慮はなしだ。この身体の性能、心ゆくまで試させて貰おう」
「ぬあっ!?」
 ロンダー=自動人形(オートマタ)は一転、攻撃に転じた。
「ぐ……くう」
 今度はランスが防戦一方になる。
「はははは、この身体は素晴らしい! 人間には到達できない境地が今!」
 攻撃をギリギリでかわしながら、ランスはロンダー=自動人形(オートマタ)を分析していた。
 その身体は、『施設』の方式ではない。おそらく、施設以外の技術、つまり統一党(ユニファイラー)の技術との混成(ハイブリッド)なのだろう。
「だからか……強い」
 ロンダー=自動人形(オートマタ)はランスの攻撃を『かわして』いたが、ランスはロンダー=自動人形(オートマタ)の攻撃を躱しきれなくなってきていた。
「まだまだ!」
 更に上がる攻撃速度。
 腕、脚、背を使い、攻撃を受け止め、捌くランス。
「このままでは……まずい」
 ランスは、切り札を切ることにした。
「『風の一撃(ウインドブロウ)』!」
「ぐおっ!?」
 風の塊がロンダー=自動人形(オートマタ)を吹き飛ばし、2体は距離をとる。
「ふふ、そんな魔法も使えたのだな」
 ロンダー=自動人形(オートマタ)がにやりと笑う。
「では、こちらも。『嵐の乱打(ストームラッシュ)』!」
「うわっ!?」
 ランスが放ったものより威力のある魔法で返すロンダー=自動人形(オートマタ)
 どうやら、己の身体能力を楽しんでいるらしい。
 吹き飛ばされ、壁に叩き付けられたランス。
「まずいな……やはり、勝てない、か……」
 その時。
「手を貸しましょうか?」
 ランスのすぐそばで声がしたのであった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160731 修正
(誤)自動人形(オートマタ)ががそれを扱えるのか?)
(正)自動人形(オートマタ)がそれを扱えるのか?)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ