挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

33 予兆篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1231/1681

33-16 解析、尋問

「これがそのゴーレムか」
 仁は赤い目のゴーレム、『ソード』を見下ろしていた。
「+*&%・・<$=〜?>(!」
「何を言っているのかわからないな。一旦停止させるにも『魔鍵語(キーワード)』がわからないし……となると」
 仁は礼子を顧みた。
「礼子、『魔法無効器(マジックキャンセラー)』を使ってみてくれ」
「はい、お父さま」
 この魔導具は、魔力素(マナ)を強制的に自由魔力素(エーテル)に戻してしまうもの。その小型版が礼子の腕輪に仕込んであるのだ。
 魔法無効器(マジックキャンセラー)には指向性がある。礼子は魔法無効器(マジックキャンセラー)を『ソード』に向けて放った。
『ソード』の赤い目に灯っていた魔力の明かりが消える。それは礼子が魔法無効器(マジックキャンセラー)を停止させても戻ることはなかった。
「よし、こいつも使っているのは魔力貯蔵庫(マナタンク)だったようだな」
 魔法無効器(マジックキャンセラー)により、魔力貯蔵庫(マナタンク)内の魔力素(マナ)自由魔力素(エーテル)に戻ってしまえば、エネルギー切れで動作は停止する。
 仁はゆっくりとゴーレムを調べることができるわけだ。

「ふうん、面白い構造だな。先代に似たところもあるが、全然違う箇所もある。エレナと似た部分もあるし……」
 仁は『ソード』の外装を取り外しながら解析していった。
「お父さま、明かりはこれでよろしいですか?」
「ああ、大丈夫だ」
 小さめの『光の玉(ライトボール)』が3つ、仁の手元を照らしている。
 礼子は、分解・解析で手が放せない仁に代わり、明かりを確保しようと尋ねたのだ。
「それより、ここを抑えていてくれ」
「はい、お父さま」
「エルザ、ここをごらん」
 そして仁はエルザを呼ぶ。
「これって……」
「珍しいな」
 胸部の構造。
『シールド構造』になっていないのは当然として。
「肺にあたる部分に魔力貯蔵庫(マナタンク)、心臓にあたる部分に魔力炉(マナドライバー)か……」
「可能な限り、人間に近く作った、ということ?」
「そうなるな」
 脾臓や膵臓など、ゴーレムに無関係な臓器はないが、肝臓にあたる部分に非常用の魔力貯蔵庫(マナタンク)があったり、腎臓にあたる部分に用途不明な魔結晶(マギクリスタル)があったりと、拘りが感じられた。
「当然、制御核(コントロールコア)は頭部だろうな」
 頭蓋は前後に分割できるようになっていたので、開けて確認してみれば、予想どおりであった。
「よし、制御核(コントロールコア)読み取り(デコンパイル)を掛けてみよう。礼子、読み取り結果を老君に転送しておいてくれ」
「わかりました」
「よし、やるぞ。……『読み取り(デコンパイル)』」
読み取り(デコンパイル)』は、アドリアナ・バルボラ・ツェツィが若い頃に開発した工学魔法で、ゴーレムなどの制御核(コントロールコア)に与えられた指示を「魔導式(マギフォーミュラ)」として読み取るものだ。
「ふんふん」
魔法工学師マギクラフト・マイスター』である仁は、超高速で表示され、スクロールしていくそれを眺め、必要な情報を一瞬で読み取っていった。
「やっぱりジン兄は、すごい」
「慣れだよ。どうでもいい情報は見ずに、必要な情報だけを見ればいいんだ」
「それが、難しい」
 とはいうものの、エルザもかなりの熟練度を見せており、最低限知りたかったことは読み取っていたのである。
「後は老君に纏めておいてもらおう」
 読み取り(デコンパイル)が終わると、仁はもう1体のゴーレム、『グラー』の解析へと取りかかった。
「こっちも基本構造は同じか」
 手早く情報の解析を終えた仁は、次の段階に取りかかる。
 すなわち、製作者に関する調査である。
 それに関しては制御核(コントロールコア)からは読み取れなかったのだ。
 手掛かりとしては、まず構造。
「ふうん……初めて見るな……かなりオリジナル性溢れる構造だ」
 ボディを前後に分けると、背中側が硬く、腹側が比較的軟らかい構造となっている。
 アドリアナ系の内骨格ではない。かといって、外骨格でもない。悪く言えば中途半端、よく言えばいいとこ取り。
「ジン兄、これって、どういうこと?」
「……多分だが、『作り易い』からじゃないか?」
「作り易い?」
「そうだ。この構造からすると、まず外骨格系の胴体背中側を作る。そこを基準に腕、脚、頭を取り付けていったんじゃないかな?」
「あっ……そうかも」
「腕も、内側は装甲がなく、外側だけある。『半外骨格』とでもいうのかな」
「要するに、背中側は硬く、お腹側は軟らかいということ?」
「だな。で、鎧を使って腹側を守っている」
「面白い」
 これはこれで、理にかなった造りだと仁は思った。
 余りよい例えではないが、自動車などで、基本フレームの上にエンジンやミッション、座席やハンドルなどを設置していき、最後にボディを載せるやり方と言えば少しはイメージが伝わるだろうか。
「だが、こんな作り方をする製作者は知らないな」
「お父さま、老君のデータベースにもないそうです」
「やはりな……と、すると、隠れ住んでいた技術者とか……か?」
 先日の『流体金属』を用いたゴーレムを作るような技術を持つ技術者がいたくらいだから、他にいてもおかしくはない。
「盗賊が何か知っているかな?」
「なら、聞いてみよう」

 そんな2人と1体を、モーリッツは少し離れて見つめている。
 一方フリッツは盗賊の尋問を続けていた。
 魔法を詠唱しようとしたら、いつでも掻き切れるよう、ナイフを喉にかざしながら。
「どうしても喋る気はないのか?」
「……」
「痛い目に合いたいんだな?」
「……」
「こいつ、強情な奴だな」
 そこへ、仁とエルザ、礼子がやって来た。
「兄さま、ちょっとだけ任せて欲しい」
「うん? 何か手があるのか?」
「ある。でも……」
 エルザはちらと仁の方を見てから再度口を開いた。
「ジン兄が、聞いてみたいことがあるって」
「わかった」
 フリッツは少し横にずれ、仁を盗賊に向き合わせた。
 同時に礼子が『魔力妨害機(マギジャマー)』を照射し、魔法の行使を妨害する。
「あのゴーレムはどこから盗んできた?」
 この質問に、盗賊はわずかながら身体をびくっとさせた。
「反応はするようだな……ちょっと脅かしてやるか」
 とある方法を思いついた仁は、礼子をちらっと見たあと、その役を第5列(クインタ)のジュミに振ることにした。
「ジュミ、ちょっと」
「はい、チーフ」
「これをだな……」
 仁は小声で何ごとか説明した。
「わかりました」
 ジュミは仁の横に並んで立った。
「さて、もう一度聞く。素直に話した方がいいぞ」
 そう諭す仁の横で、ジュミはこれ見よがしに盗賊が使っていたナイフの刃をくにゃり、と曲げて見せていた。
「!?」
 二つ折りにした刃をもう一度二つ折りに。ジュミは笑いながらそれを行っている。
 そしてもう一度、そのナイフを手で握ると、最早元の形がどうであったかわからない屑鉄がそこにはあった。
 そんなジュミが、屑鉄となったナイフを捨て、盗賊の顔へと『笑いながら』手を伸ばす。
「ま、待て」
 捕らえてから初めて、盗賊が口を開いた。
 いつもお読みいただきありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ