挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

32 新婚旅行篇

1215/1567

32-33 閑話66 後始末

『今回の『暴食バッタ』事件は、ある程度周知徹底した方がいいでしょうね』
 蓬莱島の魔導頭脳『老君』はそう結論づけた。
 急を要する案件であったため、仁は、エルザ、サキ、グースの4人でケリを付けてしまったのである。
 そしてその後はいつものごとく、そのまま自分の趣味に邁進してしまっていた。

『しかし『カメラ』は使えますね』
 老君は、記録用ということで自分にも数セット作ってもらうことにし、それは即叶えられたのである。

*   *   *

 そして。
「こ、これが『暴食バッタ』の被害……」
 暴食バッタの標本と、齧り痕のついた鉄棒、それに被害状況の『写真』を数セット用意した老君は、それを主要国家に仁の名前で送り付けていた。
「鉄も食ってしまうのか……」
「まさに草一本残さず食ってしまうのだな……」
 その様子を見た各国首脳陣は震え上がった。と同時に、仁による殲滅に胸を撫で下ろしもしていたのである。

「確かにこれは、『世界警備隊』が必要というのもわかりますね」
 ショウロ皇国では、被害を食い止めてもらったという意識がことの外強く、女皇帝は報告書を見て溜息を漏らしていた。
「ジン君の対応があと数日遅かったら……いいえ、それ以前に気が付いてくれたことが奇跡ね」
 たまたま用事があって、ミツホの北へ行ったらしい仁。
 その用事が、この添付された『写真』なる記録方法を開発するためだという。
「『写真』……まさに真実を写す、というわけね。素晴らしい魔導具だわ」
「誠ですな、陛下」
「ジン君もまだ開発途上だと言いますからね、完成したなら我が国にも売ってもらいたいものです」
「ですなあ。いろいろと使い方はありますぞ。肖像画の代わり……には、少々小さいですがな」
「そのあたりもジン君ならなんとかしそうよね」
「かもしれませんなあ」
 女皇帝と宰相は、仁という稀代の技術者、魔法工学師マギクラフト・マイスターに全幅の信頼を置いていた。

*   *    *

「ふうむ、『暴食バッタ』か……」
 セルロア王国でも、国王セザールが受け取った資料を前に、難しい顔をしていた。
 執務机の端には第一内政省長官ランブローがいて、王から手渡された資料に目を通している。
「確か、150年ほど前の記録にあったはずだな」
「は、その筈です」
 資料を読み終えたランブローが席を立ち、執務室に隣接する資料室へと向かった。
 数分後、1冊の記録を手に戻ってくる。
「陛下、ここに書いてございますな。3310年に、北からやって来た虫の大群に、国土の4分の1が荒らされたと」
「同じものだろうか?」
「挿絵と、この写真? とを比べてみるに、同じもののようですな」
「うむ。しかし、この『写真』というものは素晴らしいな」
「真に。記録を残すにあたり、大いに役立つことでしょう」
「『崑崙君』は、完成したなら我が国にも卸してくれるそうだ。今から楽しみだな」
「御意」
「それで、話を戻すと今回の『暴食バッタ』は『崑崙君』によって退治されたそうだが、将来的には『世界警備隊』がこのような役目を担うようにしたいものだな」
「そのためには……」

*   *   *

「『暴食バッタ』のう。怖ろしい虫がいるものだな」
「は、陛下」
 クライン王国でも。
「『暴食バッタ』とは……。記録でしか知らなかったが、実在するのだな」
「はい、この『写真』というものが真実なら、脅威ですな」
「だが『崑崙君』により退治されたというから、まずは安心だな」
 エゲレア王国でも。
 そしてフランツ王国、エリアス王国でも、『暴食バッタ』の脅威は現実味を持って受け入れられた。
 同時に、それを仁が退治したことも。

*   *   *

「『魔法工学師マギクラフト・マイスター』が『暴食バッタ』を退治してくださった!」
「ばんざーい!」
 ミツホでは、『魔法工学師マギクラフト・マイスター』が『暴食バッタ』を退治したという報を受け、皆、仁の功績を讃えていたのである。

*   *   *

『……しかし、凄い数ですね』
 退治した『暴食バッタ』を回収し、その量に、さすがの老君も呆れていた。
御主人様(マイロード)は『10000匹は下らないだろう』と仰ったようですが、その10000倍はいますね』
 1億匹、という途轍もない数。
『これが自由魔力素(エーテル)の恩恵だというのですか……?』
 自由魔力素(エーテル)を取り込んだバッタは、急速に成熟し、繁殖する。
 さらに、自由魔力素(エーテル)さえあれば、他の魔物同様に2世代目以降は有機質を摂らずとも成長できるようなのだ。
『とんでもない生態ですね』
「ああ、俺もここまでとは思わなかった」
『暴食バッタ』の生態研究ということで、グースにも手伝ってもらっていたのだが、その結果がこれである。
「普通のバッタが、自由魔力素(エーテル)の濃い地域で変異する。2世代目以降は自由魔力素(エーテル)のみで増殖し、やがて他の地域を目指すようになる」
『ですね。ただ、どうして数が増えると他の地域を目指すのかが謎ですが』
 老君と言えども推測できなかった問題だ。
「ああ、それについて、1つの仮説を立ててみた」
『お聞かせ下さい』
「うん。……1匹あたりの自由魔力素(エーテル)濃度さ」
 老君はそれだけでグースの言わんとすることを察した。
『なるほど。さすがグースさんですね。……つまり、1匹あたりの自由魔力素(エーテル)濃度が低くなるほどに増殖した場合、『暴食バッタ』はより自由魔力素(エーテル)濃度の濃い地域を目指して移動する、ということですね』
「うん。付け加えると、奴らもやはり昆虫だ。寒さには弱いと見えて、自由魔力素(エーテル)の濃い北へはいかずに南へ行くんだろうな」 
『寒さを嫌い南へ。でも自由魔力素(エーテル)は欲しい。それで真っ直ぐ南下はせず、未練がましく南東に移動しているんですね』
「まあ、それが俺の仮説だ」
『一通りの説明は付きますね』
「あとはその自由魔力素(エーテル)濃度が高い地点、というのを特定できればな」
『それはおそらく一時的なものなんでしょう。そうでなければ定期的に『暴食バッタ』が発生するでしょうから』
「だろうな。だから今頃探しても無駄ということだな」
 グースは、老君代わりでボディガード兼運転手の『老子』に頷いて見せた。
『では、そろそろ戻りますか』
「ああ。もう空はこりごりだ」
『グースさんも慣れませんね』
「こればっかりは、な」
 グースは着陸した『ペリカン4』の転移門(ワープゲート)を使い、蓬莱島へと戻った。

 誰もいなくなった荒野には、ただ風が吹いていた。
 これで今章は終わりです。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160701 修正
(誤)それで真っ直ぐ南下はせず、未練がましく南西に移動しているんですね』
(正)それで真っ直ぐ南下はせず、未練がましく南東に移動しているんですね』
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ