挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

06 旅路その2 エゲレア王国篇

120/1478

06-07 常識、非常識

 その後、館の2階を案内する。
 玄関ホールから上がってきて2階ホールに出る。東側にあるのが仁の居室と師匠の部屋ダミー。書斎と納戸である。
 西側が客室とトイレ。それにゴーレムメイドの控え室である。

「ここがジンの部屋?」
 8畳ほどの部屋は畳が敷かれた和室。
「あ、靴は脱いでくれよ」
 そう注意した仁は、まず自分が靴を脱ぎ、畳に寝転がってみせる。
「へえ、そう言うことの出来る床なんだ。あたしもいい?」
 ズボン姿なのでビーナも靴を脱ぐと畳に寝転がった。
「あ、なんだかいい匂い」
 イグサもどきで織られた畳表、イグサの匂いがしている。
「ほんと?」
 エルザも靴を脱ぎ、同様に寝転がる。仁を挟んでビーナとは反対側に。
「ひんやりしてきもちいい。でも冷たくはない」
「ふむ、靴を脱げるというのはいいものだな!」
 ラインハルトは靴下も脱いで、素足で畳の感触を楽しんでいる。
「でもどうやって寝るの? このままじゃ夜はいくら何でも寒いでしょ」
 当然の疑問をビーナが口にしたので、仁は立ち上がって押し入れの戸を開けてみせる。
「寝る時はこの布団を敷くんだ」
 そう説明すると、ビーナも立ち上がってやって来て、仁に断り布団にちょっと触ってみた。
「え、何これ? すっごいふかふか! 羽毛じゃないわよね?」
「どれどれ」
 ラインハルトも布団を触ってみて、
「うん、なんだろう? 細い糸が絡み合った感じだ。フエルトにもちょっと似ているが、柔らかさと弾力が全然違う」
 最後にエルザが布団を触り、
「ふかふか。寝てみたい」
 と言ったので、仁は敷布団を出し、床に敷いて見せ、
「どうぞ」
 で、真っ先に寝転んだのはエルザ。
「すごい。羽毛より気持ちいい。羽毛布団は身体が沈みすぎるけど、これは違う」
「あ、あたしも!」
 ビーナも負けじと寝転がって、
「あっ、ほんと、すごい! 藁布団とは比べものにならないわ!」
 そう口にした後、エルザと自分の差に気が付いて口を噤んだ。

「うーむ、いったい材質は何だろう? それにこの布団の生地。麻ではない、羊毛ウールでもない。絹よりもっと肌触りもいい」
 ラインハルトは、布団カバーに触り、その手触り、ツヤを見ながら首をかしげている。
地底芋虫(グランドキャタピラー)の吐く糸だよ」
 放っておくといつまでも悩んでいそうなので正解を仁が教えた。
「何と! 地底芋虫(グランドキャタピラー)だって!? 絶滅したと言われている魔物じゃないか!」
 地底蜘蛛(グランドスパイダー)もそうだが、こいつらの食料は魔力であり、肉食ではない。攻撃しない限り、人を襲うこともない。
 だが、その外観故に討伐の対象となり、今では辺境の地下にほそぼそと生き残っているだけだ。
 しかしその一方で蓬莱島の地下洞窟にはまだ何匹もいるし、その糸が役に立つことを知っている先代は保護していた。で、仁はそれを受け継ぎ、養殖も検討中。
 鉱石を採取した後の坑道を使い、魔素変換器(エーテルコンバーター)を使って魔力を与える事が出来ないか、トパズ主導で実験中である。

「うげ、魔物の糸なの……」
 少しだけ引いたらしく、それを聞いたビーナが布団から起き上がった。エルザは平気なようでまだごろごろしている。
「ジン君がくれたズボンだって魔物の革。普通の絹だって虫の出す糸。魔物の糸を嫌がるなんておかしい」
「そ、そうよね! こんなにいい手触りなんですもの!」
 エルザに言われ、ビーナは再度布団に寝転がった。

「そうすると布団の中身も?」
 ラインハルトはカバーと中身が同じ材質であると言うことはわかったらしい。
「ああ。魔綿(まわた)だ」
 地底芋虫(グランドキャタピラー)の糸で作った綿だ。魔物の糸で作った綿だから魔綿(まわた)
「なるほど、魔綿(まわた)か」
 そう言うとラインハルトは急に真面目な顔になり、
「ジン、友人として忠告しておく。君の技術や、ここ『コンロントー』? の素材、あまり世の中に出すのは避けた方がいい」
 と言った。今のラインハルトは外交官の顔である。
「ライ兄、それどういうこと?」
 それを聞いたエルザも気になったらしく、布団でごろごろするのを止めて起き上がり、仁の隣にやって来て質問する。 
 ラインハルトはそんなエルザにもわかるように言葉を選びながら、
「ジンの技術は異質だ。飛び抜けている。そして持っている素材はどれもこれも希少価値が高い。世に出したら流通が混乱する可能性がある」
 そこで言葉を切り、エルザを見る。エルザが頷くのを見たラインハルトは先を続ける。
「どこの国もこぞってジンを囲い込もうとするだろう。そしてここの素材を奪い取ろうとするだろう」
「それ、ひどい」
 憤ったようなエルザの声に頷いたラインハルトは、
「ああ、そうだ。だからジン、君は世界の標準というものを知る必要がある」

「確かになあ」
 ラインハルトに言われ、仁は肯いた。
 自分の感性がずれているのは知っている。
 自分の技術水準が高いのも知っているつもりだ。
 蓬莱島に蓄えられた資源が、この世界の流通を脅かすものだとも勘付いている。
 だがラインハルトの、歯に衣着せない物言いは有り難かった。

「ありがとう、ラインハルト。素材については気をつけよう。標準についてはこれからいろいろ教えて欲しい」
 仁がそう言うとラインハルトは笑っていつもの調子で、
「それはもちろんさ! そしてこっちは技術については教わりたいもんだな!」
 そして再び真面目な顔になり、
「本当なら、『我が国に所属して欲しい』と言うのが外交官として本来のあり方なんだろうが、な」
 そう言うとまた笑い、
「だが僕は友人としてこれからもジンと付き合っていきたい。だからこう言おう、『ショウロ皇国へ遊び(・・)に来てくれ』、と」
「それはもう承知しているじゃないか」
 と仁が言うと、
「そうか、それは良かった。実のところ、ジンがこの家に落ちついてしまって、もう旅はしない、と言うんじゃないかと心配していたのさ」
 仁はそれはない、と言い、一度約束したことは破るつもりはない、と付け加えた。
 それを聞いて、ラインハルトは元より、エルザもほっとした顔をした。

「そろそろお昼です、皆様、お食事の仕度が出来ていますのでどうぞお越し下さい」
 ペリドがそう声を掛けてきたので一同は1階食堂へと移動するのであった。
 ビーナは布団に未練があったようで、何度も振り返り振り返りしながらであったが。
 この世界での布団は貴族・金持ちは羽毛布団。
 一般庶民は藁布団、それも無理なら単に布を敷くだけです。
 木綿はまだ無いのです。絹は貴重品、真綿はありません。
 そしてラインハルトの口から仁の非常識さが語られました。これから仁は自重するでしょうか?

 お読みいただきありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ